技術評論社の月刊誌Software Designの「ARKitとUnityで作るiPhone ARアプリ集中特講」で開発するサンプルのリポジトリです。
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Assets
ProjectSettings
UnityPackageManager
.gitignore
ARKitten.jpg
LICENSE
README.md
arkitten_textures.unitypackage

README.md

ARKitten

技術評論社の月刊誌Software Designの短期連載記事「ARKitとUnityで作るiPhone ARアプリ集中特講」で開発するサンプルのリポジトリです。

技術書典5で頒布した、この連載の元原稿から再構成した本をBOOTHに登録してあります

ARKitten

2018年5月号の記事での完成状態がコミットされています。

これまでの連載の各号での完成状態は下記をご覧ください。

アイコンのパッケージ

4月号の107ページから108ページにかけて使用する猫とボールのアイコンのパッケージはこちらからダウンロードしてください。

2018年5月号

UnityのAsset StoreからARKitのプラグインFREE Food PackYughues Free Fabric Materialsをインポートしてからビルドしてください。

誌面掲載ソースコードの全文

Cute Kittenのアセット

このプロジェクトで使用している猫のモデルのアセット(Cute Kitten)は元はUnityのAsset Storeからダウンロード、インポートしていました。 アセットの作者の事情によりAsset Storeからはこのアセットはダウンロードできなくなってしまいましたが、このサンプルプロジェクトに含める許可を頂きました。 作者のAlexey Kuznetsov氏に感謝します。

利用方法

「完成状態のものを見るだけではつまらない、解説記事の手順に沿って自分で開発したい!」という方は、下記2つの進め方があります。

  • 2月号での完成状態から始める
    • プロジェクトウィンドウのAssetsの下に既にKittenフォルダがあり、3月号の記事の分から自分の手で進められます
  • 自分で作ったプロジェクトにアセットのフォルダをコピーする
    • このリポジトリをClone、もしくはダウンロードする
    • Finder等でARKitten/Assetsのフォルダを開き、Kittenフォルダがあることを確認する
    • KittenフォルダをUnityのプロジェクトウィンドウのAssetsの下にドラッグ&ドロップする
    • プロジェクトウィンドウのAssetsの下にKittenフォルダが作成され、Asset Storeからインポートした際と同じ状態になります
    • Cute Kittenのインポート部分以外は各号の記事の手順の通りに進められます

Special thanks to Alexey Kuznetsov, the creator of Cute Kitten.

日本語で質問出来るフォーラム

主にモバイル端末向けのVRやARについて日本語で質問できるフォーラムがあります。 ご質問等ありましたら、ぜひそちらからお願いします。