Skip to content
Permalink
master
Switch branches/tags
Go to file
* rename config.sample.yml -> config.yml.template
* config.yml.template の読み込み失敗を warning 扱いに変更
5 contributors

Users who have contributed to this file

@l3tnun @advancedbear @MISONLN41 @ys3669 @eru

Linux / macOS 用 セットアップマニュアル

本マニュアルでは、Linux / macOS 環境におけるセットアップ手順を解説します

セットアップ

  1. Node.js, Mirakurun, FFmpeg/FFprobe, Python (2.7, v3.5, v3.6, or v3.7), GCC がインストール済みであることを確認する

    $ node --version
    $ curl -o - http://<MirakurunURL>:<Port>/api/version
    $ ffmpeg -version
    $ python --version
    $ gcc --version

    FFmpeg/FFprobe についてデフォルトでは /usr/local/bin/ にインストールされていると想定しています
    違う場所にインストールされている場合は config.yml を修正してください

  2. EPGStation のインストール

    $ git clone https://github.com/l3tnun/EPGStation.git
    $ cd EPGStation
    $ npm run all-install
    $ npm run build
  3. 設定ファイルの作成

    $ cp config/config.yml.template config/config.yml
    $ cp config/operatorLogConfig.sample.yml config/operatorLogConfig.yml
    $ cp config/epgUpdaterLogConfig.sample.yml config/epgUpdaterLogConfig.yml
    $ cp config/serviceLogConfig.sample.yml config/serviceLogConfig.yml
  4. 設定ファイルの編集

    port: 8888
    mirakurunPath: 'http+unix://%2Fvar%2Frun%2Fmirakurun.sock/'

    Mirakurun が別ホストで動作している場合は mirakurunPath: 'http://<MirakurunURL>:<Port>'

EPGStation の起動 / 終了

  • 手動で起動する場合

    $ npm start
    
  • 自動で起動する場合

    • pm2 を利用して自動起動設定が可能です
    • 初回のみ以下の起動設定が必要です
    $ sudo npm install pm2 -g
    $ sudo pm2 startup <OS名>
    $ pm2 start dist/index.js --name "epgstation"
    $ pm2 save
    
  • 手動で終了する場合

    $ npm stop
    
  • 自動起動した EPGStation を終了する場合

    $ pm2 stop epgstation
    
  • 自動起動登録した EPGStation を削除する場合

    $ pm2 delete epgstation
    

MySQL 使用時の注意

EPGStation 使用中は MySQL のバイナリログが大量に生成されてディスクを圧迫するので、MySQL の設定を変えることを推奨します

expire_logs_days = 1