Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
executable file 123 lines (91 sloc) 3.39 KB
"###############################################################
"# My vimrc #
"# >lastutpdate: 2018.08.25 #
"# >auther: Soichiro Yoshimura <yoshimura@soichiro.org> #
"###############################################################
"VimをなるべくVi互換にする
set nocompatible
""""""""""" メモ """""""""""{{{
" 現在のファイルとのvimdiff
" :vertical diffsplit {差分を見たい対象ファイル名}
"
" 水平分割 C-W C-W で移動
" :split
"
" 自動インデントの各段階に使われる空白の数
" :set shiftwidth=2
"
" コピー&ペーストモード
" :set paste
"
"}}}
""""""""""" Vimの基本的な設定 """""""""""{{{ 
" バックスペースキーの動作を決定する
" 2:indent,eol,startと同じ
set backspace=2
" 行数表示
set number
" 検索で小文字なら大文字を無視、大文字なら無視しない設定
set smartcase
" (no)検索をファイルの末尾まで検索したら、ファイルの先頭へループする
set nowrapscan
" インクリメンタルサーチを行う
set incsearch
" 閉じ括弧が入力されたとき、対応する括弧を表示する
set showmatch
" カーソルが何行目の何列目に置かれているかを表示する
set ruler
" 保存しないで他のファイルを表示することが出来るようにする
set hidden
" カレントバッファ内のファイルの文字エンコーディングを設定する
set fileencoding=utf-8
" タブを4スペースに置き換える
set expandtab
" ファイル内の <Tab> が対応する空白の数
set tabstop=4
" 自動インデントの各段階に使われる空白の数
set shiftwidth=4
" 行頭の余白内で Tab を打ち込むと、'shiftwidth' の数だけインデントする
set smarttab
" 新しい行を開始したときに、新しい行のインデントを現在行と同じ量にする
set autoindent
" 新しい行を作ったときに高度な自動インデントを行う
set smartindent
" 強調表示(色付け)のON/OFF設定
syntax on
" 空白文字の可視化
set list
" 空白文字の可視化設定
set listchars=tab:>-,trail:.
" ステータスラインを表示するウィンドウを設定する
" 2:常にステータスラインを表示する
set laststatus=2
" ステータス行の表示内容を設定する
set statusline=%<%f\ %m%r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}G8%=%l,%c%V%8P
" vimのバックアップファイルとスワップファイル
set nobackup
set noswapfile
set noundofile
"自動改行オフ
set tw=0
" マウスモード有効
set mouse=a
" xtermとscreen対応
set ttymouse=xterm2
" MacVimやGVimを利用する際にIMEがモードの切替でオフとなる設定
set imdisable
" UTF-8文字化け対応
set termencoding=utf-8
set encoding=utf-8
set fileencoding=utf-8
set fileencodings=utf-8,cp932
" 256色対応
set t_Co=256
" txtファイルを自動改行しない
autocmd FileType text setlocal textwidth=0
" cppファイルをF4でコンパイルする
autocmd filetype cpp nnoremap <F4> :!g++ % -std=c++11 -o %:r <CR>
" cppファイルをF5でコンパイルして実行までする
autocmd filetype cpp nnoremap <F5> :!g++ % -std=c++11 -o %:r ; ./%:r <CR>
" cppファイルをF6でコピペしやすいようにコンソールにコードを表示
autocmd filetype cpp nnoremap <F6> :!cat % <CR>