All in one Mirakurun & Chinachu
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.

README.md

docker-mirakurun-chinachu

Mirakurun と Chinachu をDockerコンテナに閉じ込めました

Constitution

Mirakurun

  • Alpine Linux 3.6(node:8.9-alpine)
  • Mirakurun
    • branch: master

Chinachu

  • Alpine Linux 3.6(node:8.9-alpine)
  • Chinachu
    • branch: gamma

動作確認環境

OS

CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)
Linux 3.10.0-327.22.2.el7.x86_64

Fedora release 25 (Twenty Five)
Linux 4.9.4-201.fc25.x86_64

Docker

version 1.11.2, build b9f10c9
version 17.03.0-ce, build 60ccb22

Tuner

ISDB-S, ISDB-T Tuner PT3

Smart card reader

USB SmartCard Reader NTT Communications Corp. SCR3310-NTTCom

利用方法

  • 最新のdocker & docker-compose がインストール済
  • SELinuxの無効化推奨
  • ホストマシンにPT3 Driverがインストール済
$ ls -l /dev/pt*video*
crw-rw-rw- 1 root video 246, 0 Jun 26 16:07 /dev/pt3video0
crw-rw-rw- 1 root video 246, 1 Jun 26 16:07 /dev/pt3video1
crw-rw-rw- 1 root video 246, 2 Jun 26 16:07 /dev/pt3video2
crw-rw-rw- 1 root video 246, 3 Jun 26 16:07 /dev/pt3video3
  • B-CAS 用に利用するスマートカードリーダーはMirakurunコンテナ内で管理しますので
    ホストマシン上のpcscdは停止してください
sudo systemctl stop pcscd.socket
sudo systemctl disable pcscd.socket
  • docker-composeを利用しておりますので、プロジェクトディレクトリ内で下記コマンドを実行してください
    プロジェクトディレクトリ名はビルド時のレポジトリ名になりますので、適当に短いフォルダ名が推奨です

取得例

git clone https://github.com/h-mineta/docker-mirakurun-chinachu.git tvs
cd tvs

起動

docker-compose up -d

停止

docker-compose down

デーモン化(systemd)

初期では「WorkingDirectory」が「/usr/local/projects/tvs/」となっています
設置した箇所に応じて、書き換えてください

vi mirakurun-user.service
vi chinachu-user.service

ユーザ固有サービスとして動かすため、設定します

mkdir -p ~/.config/systemd/user/
mv mirakurun-user.service ~/.config/systemd/user/
mv chinachu-user.service ~/.config/systemd/user/
## 永続化(次回OS起動時に自動で起動)
systemctl --user enable mirakurun-user.service
systemctl --user enable chinachu-user.service
sudo loginctl enable-linger `whoami`

# 手動起動
systemctl --user start mirakurun-user.service
systemctl --user start chinachu-user.service

# 動作確認
systemctl --user status mirakurun-user.service
systemctl --user status chinachu-user.service

# 手動停止
systemctl --user stop mirakurun-user.service
systemctl --user stop chinachu-user.service

設定

エリア、環境によって変更が必要なファイルは下記の通りとなります

Mirakurun

  • ポート番号 : 40772
  • mirakurun/conf/tuners.yml
    チューナー設定
  • mirakurun/conf/channels.yml
    チャンネル設定

Chinachu

  • ポート番号 : 10772, 20772(local network only), 5353/udp(mDNS)
  • chinachu/conf/config.json
    チューナー設定
    チャンネル設定

録画ファイル保存先

また録画ファイルはプロジェクトフォルダ内の./recordedに保存されます

保存先を別HDDにしたい場合は、docker-compose.ymlの

./recorded:/usr/local/chinachu/recorded

の./recordedを変更することで保存先を変更可能

License

This software is released under the MIT License, see LICENSE.