GitHub の草を生やすシェルスクリプト
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
LICENSE
README.md
gh-contribution-that-day.sh
gh-contributions.md
gh-contributions.sh

README.md

gh-contributions

GitHub の草を生やすシェルスクリプト。

gh-contributions.sh

git commit --date オプションを利用して草を生やすシェルスクリプト。

How to Use?

予め GitHub Contributions が有効になる Git ユーザ情報を設定しておく。

gh-contributions.sh を任意のリポジトリの master ブランチ (GitHub Contributions が有効になるブランチ) に配置する。

gh-contributions.sh を開き、変数 STARTEND を任意の日付に設定する。YYYY-MM-DD 形式が望ましい。

設定ができたら gh-contributions.sh を実行する。

$ sh ./gh-contributions.sh

するとカレントディレクトリの gh-contributions.md に日付を追記しつつ、1日につき1つの git commit を生成する。

あとは git push すれば OK。

gh-contribution-that-day.sh

引数で指定した日付のコミットを生成し、草を生やすシェルスクリプト。

How to Use?

予め GitHub Contributions が有効になる Git ユーザ情報を設定しておく。

gh-contributions.sh を任意のリポジトリの master ブランチ (GitHub Contributions が有効になるブランチ) に配置する。

以下のように引数でコミットを生成したい日付を指定して gh-contribution-that-day.sh を実行する。

$ sh ./gh-contribution-that-day.sh 20170120

するとカレントディレクトリの gh-contributions.md に日付を追記しつつ、1つの git commit を生成する。

あとは git push すれば OK。

Author

Neo (@Neos21)

Links

WTFPL