Skip to content

Neos21/neos21.net

master
Switch branches/tags

Name already in use

A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
bin
 
 
lib
 
 
src
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

neos21.net : Neo's World

Enter The Website

テンプレートの仕様

./src/templates/templates.html が HTML・Markdown の共通テンプレート。二重ブレース {{ }} でプレースホルダを定義してある。

HTML・Markdown ファイルの先頭には YAML 形式の Front Matter が記述されており、コレを利用してプレースホルダを埋めている。マッピング仕様は以下のとおり。

  • {{ page-title }}
    • 「インライン・プレースホルダ」 : title 要素で囲んでいる
    • マッピング : Front Matter の title プロパティ・記述必須
    • ページタイトル
    • トップページ (titleNeo's World) 以外は 【title プロパティ】 - Neo's World を挿入するようにしてある
  • {{ head }}
    • 「ブロック・プレースホルダ」 : head 要素の終了タグ直前に配置してある
    • マッピング : Front Matter の head プロパティ・任意
    • ページ独自の style 要素や script 要素などを挿入できるようにしてある
  • {{ path }}
    • 「ブロック・プレースホルダ」 : nav#path > ul の配下に配置してある
    • マッピング : Front Matter の path プロパティ・記述必須
    • プロパティは配列で記述し、トップページからのパンくずリストを 【リンクパス】 【ページ名】 (スペース区切り) で記述する
  • {{ date }}
    • 「ブロック・プレースホルダ」 : h1#page-title 要素の直前に配置してある
    • マッピング : Front Matter の created プロパティ・記述必須
    • 主にブログ用に、公開日時をページタイトル上部に配置するためのプロパティ。div#header-date > time > 【created プロパティ】 という HTML を配置する
    • Front Matter にて header-date: true の指定がある場合のみ、created プロパティの値を利用して配置する
  • {{ title }}
    • 「インライン・プレースホルダ」 : h1#page-title 要素で囲んでいる
    • マッピング : Front Matter の title プロパティ・記述必須
    • ページタイトル
  • {{ description }}
    • 「ブロック・プレースホルダ」 : main#main の配下、h1#page-titleaside.adsense の直後に配置してある
    • マッピング : Front Matter の description プロパティ・任意
    • HTML の ToC が {{ contents }} の先頭に付いてしまうため、ToC の前段に書きたい内容があれば書けるようにしてある
    • Markdown の場合は ## 目次 見出しの位置に自由に挿入できるため利用機会がないが、記述したい場合は Markdown ではなく HTML で書くこと
  • {{ contents }}
    • 「ブロック・プレースホルダ」 : main#main の直下に配置してある
    • マッピング : HTML・Markdown の先頭にある Front Matter 部分を除去した残りの部分
    • HTML・Markdown ともに、Slug、ToC、Prism.js、見出しリンクを付与し、HTML 形式で挿入される
    • HTML の場合、toc プロパティに false を指定してあると ToC を配置しないようにできる
    • Markdown は HTML パースされる。ToC は ## 目次 という見出しを配置した位置に挿入される
  • {{ created }}
    • 「インライン・プレースホルダ」 : dl#date-time > dd > time 要素で囲んでいる
    • マッピング : Front Matter の created プロパティ・記述必須
    • ページの初版作成日
  • {{ last-modified }}
    • 「インライン・プレースホルダ」 : dl#date-time > dd > time 要素で囲んでいる
    • マッピング : Front Matter の last-modified プロパティ・記述必須
    • ページの最終更新日

ソースファイルのプレースホルダ

ソースファイル側にプレースホルダを用意している箇所がある。

HTML

  • {{ blog-latests 【num】 }}
  • {{ news-latests 【num】 }}
  • {{ news-all }}

Markdown

  • {{ blog-list-years 【year】 }}
  • {{ blog-list-months }}
  • {{ blog-list-dates }}

その他ファイルのプレースホルダ

その他、フィードやサイトマップ XML などのファイル向けにもプレースホルダがある。

ローカルでのファイル管理

ローカル開発時は ./dist/ ディレクトリを「gh-pages ブランチを git clone しているディレクトリ」とすることで柔軟に gh-pages へのデプロイを行えるようにする。

後述の GitHub Actions によるデプロイのため、.gitignore では ./dist/ ディレクトリを管理対象外とはしていないので、ローカルでは ./dist/ をコミットに含めないよう設定しておく。

$ echo 'dist/' >> ./.git/info/exclude
$ rm -rf ./dist
$ git clone -b gh-pages https://Neos21@github.com/Neos21/neos21.net.git dist
$ npm run build

$ cd ./dist
# git add・git commit・git push…

GitHub Actions によるデプロイ

Deploy On Commit

master ブランチへの Push 時に ./.github/workflows/deploy-on-commit.yaml が動作する。そのコミットで追加・変更したファイルをデプロイする。

  • ./src/ 配下のファイルの追加・変更を検知して ./dist/ ディレクトリにビルドする
    • ファイルの削除に対しては何も処理しないので、別途手動でデプロイすること
  • git stash で退避し、gh-pages ディレクトリに切替後、Pop して ./dist/ ディレクトリを復元する
  • ./dist/ ディレクトリ配下のファイルをプロジェクトディレクトリ直下にコピーする
    • コレにより、都度全量ビルドするのを避け、差分のみ配置する
  • gh-pages ブランチに対して Add・Commit・Push を行う

Daily Deploy

日本時間の毎朝8時に ./.github/workflows/daily-deploy.yaml が動作する。ブログ等の予約投稿処理用。

  • ./src/pages/ 配下の HTML・Markdown ファイル内の last-modified が当日日付のファイルを抽出し ./dist/ 配下にビルドする
  • ./src/pages/blog/ 配下の画像ファイル等について、ファイル名が当日日付のファイルを抽出し ./dist/ 配下にコピーする
    • CSS の変更は検知しない
    • src/documents/ 配下は無視する
    • src/pages/ 配下の、ブログ以外の画像ファイルなどは無視する (新規ファイルなのか特定ができないため・必要なら別途手作業でデプロイする)
  • ./dist/ ディレクトリが出来上がってから gh-pages ブランチへ Push するまでの処理は、上述の Deploy On Commit と同じ

Author

Neo

Links

About

Repository of Neo's World

Resources

License

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Packages

No packages published