Arduino STM32 TVoutライブラリ
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download

README.md

Arduino STM32 TVoutライブラリ

表紙画像  

概要

Arduino STM32環境にて利用可能なNTSCビデオ出力ライブラリです.
STM32F103x系マイコン搭載ボードにてNTSCビデオ出力を行うことが出来ます.
Arduino(ATmega328)版 ビデオ出力ライブラリTVoutと互換性の高いAPIを有します.  

(注意)
・本ライブラリにはArduinoSTM32_TNTSCの上位レイアのライブラリです.
・描画処理を行うには別途下位のライブラリArduinoSTM32_TNTSC必要となります。
・フォントは含まれていません.Arduino(ATmega328)版 TVoutライブラリ付属のTVoutfontsのインストールが必要です.

ライブラリ名称

TTVout (ヘッダーファイル TTvout.h)

仕様

  • NTSCモノクロ2色(白・黒)表示
  • 表示解像度 5つのモード
    横112×縦108ドット ~ 横448×縦216ドット
  • ビデオ出力には下記リソースを利用します.  
  • SRAM ビデオ表示用フレームバッファ 1,512~12,096バイト(解像度による)  
  • タイマー Timer2
  • SPI1 or SPI2(begin()の第2引数spinoで指定可能 1:SPI2、2:SPI2)  
  • DMA1 CH3
  • 単音出力に下記リソースを利用します.
  • タイマー Timer4

回路図

回路図
接続端子
PA1: 同期信号
PA7: 映像信号(※SPIにSPI2を指定した場合はPB15)   PB9: PWM単音信号

インストール

  • ArduinoSTM32_TNTSCを別途インストールする.
  • Arduino(ATmega328)版 ビデオ出力ライブラリTVoutをインストールする.
    だだし利用するのはTVoutfontsのみ.
  • TTVoutフォルダを各自のArduino STM32インストール先のライブラリ用フォルダに配置する.
    (インストールフォルダ\hardware\Arduino_STM32\STM32F1\libraries\ に配置)
  • Arduino(ATmega328)版 TVoutを別途インストール

オリジナルTVoutとの非互換部分

  • PAL形式は未サポートです.

  • 解像度およびその指定方法が異なります.begin()関数のmodeにて次の解像度を指定します.

    void begin(uint8_t mode=SC_DEFAULT,uint8_t spino = 1,uint8_t* extram=NULL);

    システムクロック 72MHz時

mode 横ドット数 縦ドット数 使用メモリサイズ(バイト)
SC_112x108 112 108 1,512
SC_224x108 224 108 3,024
SC_224x216 224 216 6,048
SC_448x108 448 108 6,048
SC_448x216 448 216 12,096

システムクロック 48MHz時  

mode 横ドット数 縦ドット数 使用メモリサイズ(バイト)
SC_128x96 128 96 1,536
SC_256x96 256 96 3,072
SC_256x192 256 192 6,144
SC_512x96 512 96 6,144
SC_512x192 512 192 12,288
SC_128x108 128 108 1,728
SC_256x108 256 108 3,456
SC_256x216 256 216 6,912
SC_512x108 512 108 6,912
SC_512x216 512 216 13,824
  • 垂直同期信号・横・縦表示開始位置の補正

    void adjust(int16_t cnt,int16_t hcnt=0, int16_t vcnt=0);

    引数cntは、ブランキング期間の水平走査線数の増減を指定します。
    利用するモニターディスプレイがの映像がスクロールする場合 、ブランキング期間の水平走査線数を増やすことで、スクロールを回避できる場合があります。
    例:adjust(2)

    映像の下部の崩れたような表示の場合は、ブランキング期間の水平走査線数を減らす、スクロールを回避できる場合があります。
    例:adjust(-2)
    指定する値は、状況をみて調整して下さい。

    映像が右、左、上、下に寄り過ぎて欠けてしまう場合は、引数hcnt、vcntにて表示開始位置を補正することが出来ます。
    補正前の画面(左が欠ける、上に少しよっている)

    補正前画面
    補正後の画面 adjust(0,-9.8);にて補正

    補正後画面

    (注意)補正値hcntはクロックカウント値増減値、vcntは走査線位置増減値です。

  • 次のAPIは未対応です.

  • void force_vscale(char sfactor);

  • void force_outstart(uint8_t time);

  • void force_linestart(uint8_t line);

  • void set_vbi_hook(void (*func)());

  • void set_hbi_hook(void (*func)());

  • 描画関数の座標指定の引数の型はuint16_tからint16_tに変更しています.