No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore
README.adoc

README.adoc

技術文章のTips

「ですます調」「だ・である調」

一つの文章においては、文末を「です・ます」(敬体)と「だ・である」(常体)のどちらかに文体を統一します。 ただし、本文では「です・ます」(敬体)、箇条書きでは「だ・である」(常体)のようにすることもあります。

参考文献

一つの文章では,文末を「だ・である」(常体)と「です・ます」(敬体)のどちらかに統一します

^ 出典: 結城浩, 数学文章作法 基礎編(ちくま学芸文庫)(Kindleの位置No.509-511)

1.1.1 本文

本文の文体は、敬体(ですます調)あるいは常体(である調)のどちらかで統一します。敬体と常体を混在させないようにします。

敬体と常体のどちらを使うかは、文書の目的や読み手に応じて決めます。

二重否定

二重否定は意味をわかりにくくします。 二重否定は意味的には肯定表現です。そのため二重否定は肯定表現に置き換えます。

NG: それが事件の発端だったといえなくもない。
OK: それが事件の発端だったといえる。

参考文献

著者が自分の主張を明確にできないなら,読者には何も伝わりません.文を不明確にする恐れのある表現に注意しましょう.

■ 二重否定 ~なくはない,~ないわけではない

^ 出典: 結城浩, 数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫) (Kindle の位置No.504-506)