Skip to content
development
Switch branches/tags
Code
This branch is up to date with development.
Contribute

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宮城県(非公式) 新型コロナウイルス感染症対策サイト

※宮城県の公式ではありません。 このリポジトリのプロジェクトは、東京都のプロジェクトから派生させたものです。

貢献の仕方

Issues にあるいろいろな修正にご協力いただけると嬉しいです。

詳しくは貢献の仕方を御覧ください。

貢献の仕方

Issues にあるいろいろな修正にご協力いただけると嬉しいです。

詳しくは貢献の仕方を御覧ください。

行動原則

詳しくはサイト構築にあたっての行動原則を御覧ください。

ライセンス

本ソフトウェアは、MITライセンスの元提供されています。

このサイトから派生したサイト

Link先を御覧ください。

翻訳者向け情報

翻訳をお手伝いいただける方は、こちらのドキュメントを御覧ください。

開発者向け情報

環境構築の手順

  • 必要となるNode.jsのバージョン: 10.19.0以上

yarn を使う場合

# install dependencies
$ yarn install

# serve with hot reload at localhost:3000
$ yarn dev

docker compose を使う場合

# serve with hot reload at localhost:3000
$ docker-compose up --build

Vagrant を使う場合

# serve with hot reload at localhost:3000
$ vagrant up

Cannot find module **** と怒られた時

yarn を使う場合

$ yarn install

docker compose を使う場合

$ docker-compose run --rm app yarn install

VSCode + Remote Containersで開発する場合

  1. VSCodeの拡張機能「Remote Development」を導入します。
  2. この画像(外部サイト)のように左下部の「Open Folder in Container」でこのリポジトリのルートを選択すれば環境構築が始まります。

Topic

  • 設定を変更したい場合は、.devcontainer/devcontainer.jsonを修正してください。 詳細はdevcontainer.jsonのリファレンスを参照してください。
  • Remote Container実行時のみ有効な拡張機能「ESLint」を導入していますが、必要に応じてdevcontainer.jsonextensionsに追加してください。 詳細な手順はこちら(外部サイト)を参照してください。
  • 開発環境を再構築する場合は、左下部の「Rebuild Container」を実行してください。

本番環境/その他の判定

process.env.GENERATE_ENV の値が、本番の場合は'production'に、それ以外の場合は 'development' になっています。
テスト環境のみで実行したい処理がある場合はこちらの値をご利用ください。

ステージング・本番環境への反映

master ブランチがアップデートされると、自動的に production ブランチにHTML類がbuildされます。そして、本番サイト https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ が更新されます。

staging ブランチがアップデートされると、自動的に gh-pages ブランチにHTML類がbuildされます。そして、ステージングサイト https://stg-covid19-tokyo.netlify.com/ が更新されます。

development ブランチがアップデートされると、自動的に dev-pages ブランチにHTML類がbuildされます。そして、開発用サイト https://dev-covid19-tokyo.netlify.com/ が更新されます。

ブランチルール

development, dev-i18n, dev-hotfix 以外は Pull Request は禁止です。
Pull Request を送る際の branch は、以下のネーミングルールでお願いします。

機能追加系: feature/#{ISSUE_ID}-#{branch_title_name}
ホットフィックス系: hotfix/#{ISSUE_ID}-#{branch_title_name}

基本的なブランチ

目的 ブランチ 確認URL 備考
開発 development https://dev-covid19-tokyo.netlify.com/ base branch。基本はこちらに Pull Requestを送ってください
緊急適用用 dev-hotfix なし 急ぎ本番に適用するべき修正。管理者から依頼された場合こちらを使ってください
i18n 作業用 dev-i18n https://i18n-covid-tokyo.netlify.com/ テンポラリで使っています
ステージング staging https://stg-covid19-tokyo.netlify.com/ 本番前の最終確認用。管理者以外の Pull Request は禁止です
本番 master https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ 管理者以外の Pull Request は禁止です

システムで利用しているブランチ

目的 ブランチ 確認URL 備考
本番サイトHTML production https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ 静的ビルドされたHTMLが置いてある場所
ステージングサイト HTML gh-pages https://stg-covid19-tokyo.netlify.com/ 静的ビルドされたHTMLが置いてある場所
OGP作業用 deploy/new_ogp なし OGPの更新用

About

(非公式)宮城県新型コロナウイルス感染症対策サイト / Miyagi COVID-19 Task Force website

Resources

License

Code of conduct

Stars

Watchers

Forks

Packages

No packages published