PT1、PT2用のBonDriver
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download

Readme.txt

BonDriver_PT-ST

PT1、PT2のSDKバージョン4.0用のBonDriverです。複数プロセスから扱えます。


●ファイル構成
・Readme.txt
  このファイル
・src.zip
  ソースファイル
・\x86
  32bit版のモジュール一式
  ・BonDriver_PT-S.dll
    BS/CS用のBonDriver
	・BonDriver_PT-S.ChSet.txt
    BS/CS用のチャンネル定義ファイル
  ・BonDriver_PT-T.dll
    地デジ用のBonDriver
	・BonDriver_PT-S.ChSet.txt
    地デジ用のチャンネル定義ファイル
  ・PTCtrl.exe
    PT1、PT2制御用実行ファイル
  ・BonDriver_PT-ST.ini
    設定ファイル

・\x64
  64bit版のモジュール一式
  ・BonDriver_PT-S.dll
    BS/CS用のBonDriver
	・BonDriver_PT-S.ChSet.txt
    BS/CS用のチャンネル定義ファイル
  ・BonDriver_PT-T.dll
    地デジ用のBonDriver
	・BonDriver_PT-S.ChSet.txt
    地デジ用のチャンネル定義ファイル
  ・PTCtrl.exe
    PT1、PT2制御用実行ファイル
  ・BonDriver_PT-ST.ini
    設定ファイル

●使い方
Microsoft Visual C++ 2015再頒布可能パッケージと
PT SDKバージョン4.0がインストールされている環境が必須。

各種アプリのBonDriver配置場所にモジュール一式(PTCtrl.exe、
BonDriver_PT-S.dll、BonDriver_PT-T.dll、BonDriver_PT-ST.ini、
BonDriver_PT-S.ChSet.txt、BonDriver_PT-S.ChSet.txt)を置いてください。
1DLLで複数チューナーを扱います。(凡、HDUS BonDriver形式)
PTCtrl.exeはDLLから起動するので人為的に起動する必要はありません。
もしアプリが強制終了してPTCtrl.exeがプロセスに残った場合はタスクマネージャー
から終了させて下さい。(一応自動終了の仕組みは入れていますが、1分以上残って
いるようなら終了してください。)

ファイル名で個別チューナーを設定することもできます。
「BonDriver_PT-S*.dll」、「BonDriver_PT-T*.dll」の形式で*部分を0~9まで
0が1枚目のS1かT1、1が1枚目のS2かT2、2が2枚目のS1かT1、3が2枚目のS2かT2・・・
デフォルトのファイル名のままなら空きチューナーを探して使用します。

●設定
BonDriver_PT-ST.iniを変更することで以下の項目が設定できます。
ファイル名で個別チューナー設定を行っても設定は共通です。
・LNB電源の使用/未使用
・DMA転送バッファのサイズ指定
・PTverの指定

「PTver」には、PT2を使用する人は「2」を、PT1を使用する人は「1」を指定して
ください。
この値は実質ほぼ利用されていないので、EDCBで使用する場合以外は多分変更する
必要はありません。
(EDCBでは設定ファイルの名称にBonDriverのファイル名だけでなくこの値も使用して
いる為、ここが間違っていると既存の設定ファイル(XXXX.ChSet4.txt)が読み込めなく
なります。)

PTCtrl.exeをサービスとして登録することもできます。
コマンドラインオプション「-install」で登録、「-remove」で登録解除。

●チャンネル設定
人柱版3からチャンネル定義をtextファイルにしています。このためiniで指定
できたチューナ空間の設定は無効になっています。(UseUHF、UseCATV、UseVHF、
UseBS、UseCS)
不必要なチューナー空間やチャンネルがある場合、行の先頭に「;」をつけて無
効化してください。
ただし、BonDriverとしてのチューナ空間、チャンネルは、値が0からの連番に
なる必要があるため、連番にならないような設定になる場合、0からの連番に変更
する必要があります。(チューナー空間側で発生するとチャンネル側も変更の必
要あります)
編集が必要になる場合は、Excelでタブ区切りで読み込むと行いやすいと思いま
す。
ファイル名で個別チューナー設定を行っても設定は共通です。
地デジはデフォルトUHFのみ有効にしているため、CATVが必要なら変更してくだ
さい。

PTxとしてのチャンネルは以下のものが設定できます。
EARTH_PT.hより抜粋
// (ISDB-S)
// PLL 周波数ステップが 1MHz のため、実際に設定される周波数は f' になります。
// +----+------+---------+---------+ +----+------+---------+---------+ +----+------+---------+---------+
// | ch | TP # | f (MHz) | f'(MHz) | | ch | TP # | f (MHz) | f'(MHz) | | ch | TP # | f (MHz) | f'(MHz) |
// +----+------+---------+---------+ +----+------+---------+---------+ +----+------+---------+---------+
// |  0 | BS 1 | 1049.48 | 1049.00 | | 12 | ND 2 | 1613.00 | (同左)  | | 24 | ND 1 | 1593.00 | (同左)  |
// |  1 | BS 3 | 1087.84 | 1088.00 | | 13 | ND 4 | 1653.00 | (同左)  | | 25 | ND 3 | 1633.00 | (同左)  |
// |  2 | BS 5 | 1126.20 | 1126.00 | | 14 | ND 6 | 1693.00 | (同左)  | | 26 | ND 5 | 1673.00 | (同左)  |
// |  3 | BS 7 | 1164.56 | 1165.00 | | 15 | ND 8 | 1733.00 | (同左)  | | 27 | ND 7 | 1713.00 | (同左)  |
// |  4 | BS 9 | 1202.92 | 1203.00 | | 16 | ND10 | 1773.00 | (同左)  | | 28 | ND 9 | 1753.00 | (同左)  |
// |  5 | BS11 | 1241.28 | 1241.00 | | 17 | ND12 | 1813.00 | (同左)  | | 29 | ND11 | 1793.00 | (同左)  |
// |  6 | BS13 | 1279.64 | 1280.00 | | 18 | ND14 | 1853.00 | (同左)  | | 30 | ND13 | 1833.00 | (同左)  |
// |  7 | BS15 | 1318.00 | (同左)  | | 19 | ND16 | 1893.00 | (同左)  | | 31 | ND15 | 1873.00 | (同左)  |
// |  8 | BS17 | 1356.36 | 1356.00 | | 20 | ND18 | 1933.00 | (同左)  | | 32 | ND17 | 1913.00 | (同左)  |
// |  9 | BS19 | 1394.72 | 1395.00 | | 21 | ND20 | 1973.00 | (同左)  | | 33 | ND19 | 1953.00 | (同左)  |
// | 10 | BS21 | 1433.08 | 1433.00 | | 22 | ND22 | 2013.00 | (同左)  | | 34 | ND21 | 1993.00 | (同左)  |
// | 11 | BS23 | 1471.44 | 1471.00 | | 23 | ND24 | 2053.00 | (同左)  | | 35 | ND23 | 2033.00 | (同左)  |
// +----+------+---------+---------+ +----+------+---------+---------+ +----+------+---------+---------+
// 
// (ISDB-T)
// +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+
// | ch. | Ch. | f (MHz) | | ch. | Ch. | f (MHz) | | ch. | Ch. | f (MHz) | | ch. | Ch. | f (MHz) | | ch. | Ch. | f (MHz) |
// +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+
// |   0 |   1 |  93+1/7 | |  23 | C24 | 231+1/7 | |  46 | C47 | 369+1/7 | |  69 |  19 | 509+1/7 | |  92 |  42 | 647+1/7 |
// |   1 |   2 |  99+1/7 | |  24 | C25 | 237+1/7 | |  47 | C48 | 375+1/7 | |  70 |  20 | 515+1/7 | |  93 |  43 | 653+1/7 |
// |   2 |   3 | 105+1/7 | |  25 | C26 | 243+1/7 | |  48 | C49 | 381+1/7 | |  71 |  21 | 521+1/7 | |  94 |  44 | 659+1/7 |
// |   3 | C13 | 111+1/7 | |  26 | C27 | 249+1/7 | |  49 | C50 | 387+1/7 | |  72 |  22 | 527+1/7 | |  95 |  45 | 665+1/7 |
// |   4 | C14 | 117+1/7 | |  27 | C28 | 255+1/7 | |  50 | C51 | 393+1/7 | |  73 |  23 | 533+1/7 | |  96 |  46 | 671+1/7 |
// |   5 | C15 | 123+1/7 | |  28 | C29 | 261+1/7 | |  51 | C52 | 399+1/7 | |  74 |  24 | 539+1/7 | |  97 |  47 | 677+1/7 |
// |   6 | C16 | 129+1/7 | |  29 | C30 | 267+1/7 | |  52 | C53 | 405+1/7 | |  75 |  25 | 545+1/7 | |  98 |  48 | 683+1/7 |
// |   7 | C17 | 135+1/7 | |  30 | C31 | 273+1/7 | |  53 | C54 | 411+1/7 | |  76 |  26 | 551+1/7 | |  99 |  49 | 689+1/7 |
// |   8 | C18 | 141+1/7 | |  31 | C32 | 279+1/7 | |  54 | C55 | 417+1/7 | |  77 |  27 | 557+1/7 | | 100 |  50 | 695+1/7 |
// |   9 | C19 | 147+1/7 | |  32 | C33 | 285+1/7 | |  55 | C56 | 423+1/7 | |  78 |  28 | 563+1/7 | | 101 |  51 | 701+1/7 |
// |  10 | C20 | 153+1/7 | |  33 | C34 | 291+1/7 | |  56 | C57 | 429+1/7 | |  79 |  29 | 569+1/7 | | 102 |  52 | 707+1/7 |
// |  11 | C21 | 159+1/7 | |  34 | C35 | 297+1/7 | |  57 | C58 | 435+1/7 | |  80 |  30 | 575+1/7 | | 103 |  53 | 713+1/7 |
// |  12 | C22 | 167+1/7 | |  35 | C36 | 303+1/7 | |  58 | C59 | 441+1/7 | |  81 |  31 | 581+1/7 | | 104 |  54 | 719+1/7 |
// |  13 |   4 | 173+1/7 | |  36 | C37 | 309+1/7 | |  59 | C60 | 447+1/7 | |  82 |  32 | 587+1/7 | | 105 |  55 | 725+1/7 |
// |  14 |   5 | 179+1/7 | |  37 | C38 | 315+1/7 | |  60 | C61 | 453+1/7 | |  83 |  33 | 593+1/7 | | 106 |  56 | 731+1/7 |
// |  15 |   6 | 185+1/7 | |  38 | C39 | 321+1/7 | |  61 | C62 | 459+1/7 | |  84 |  34 | 599+1/7 | | 107 |  57 | 737+1/7 |
// |  16 |   7 | 191+1/7 | |  39 | C40 | 327+1/7 | |  62 | C63 | 465+1/7 | |  85 |  35 | 605+1/7 | | 108 |  58 | 743+1/7 |
// |  17 |   8 | 195+1/7 | |  40 | C41 | 333+1/7 | |  63 |  13 | 473+1/7 | |  86 |  36 | 611+1/7 | | 109 |  59 | 749+1/7 |
// |  18 |   9 | 201+1/7 | |  41 | C42 | 339+1/7 | |  64 |  14 | 479+1/7 | |  87 |  37 | 617+1/7 | | 110 |  60 | 755+1/7 |
// |  19 |  10 | 207+1/7 | |  42 | C43 | 345+1/7 | |  65 |  15 | 485+1/7 | |  88 |  38 | 623+1/7 | | 111 |  61 | 761+1/7 |
// |  20 |  11 | 213+1/7 | |  43 | C44 | 351+1/7 | |  66 |  16 | 491+1/7 | |  89 |  39 | 629+1/7 | | 112 |  62 | 767+1/7 |
// |  21 |  12 | 219+1/7 | |  44 | C45 | 357+1/7 | |  67 |  17 | 497+1/7 | |  90 |  40 | 635+1/7 | +-----+-----+---------+
// |  22 | C23 | 225+1/7 | |  45 | C46 | 363+1/7 | |  68 |  18 | 503+1/7 | |  91 |  41 | 641+1/7 |
// +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+ +-----+-----+---------+


★注意★
BonDriver_PT1-STとの併用はできません。
PT1の古いSDKやドライバを使用している場合は、ドライバの削除(デバイスマネージャか
らPT1関係削除)とSDKを一度アンインストールしてください。
その後バージョン4.0のドライバとSDKをインストールしてください。
正常に4.0のものに置き換わっていないと動作しません。
Sample.exeを使用して動作していることを確認してください。

●構成
PT1-->PTCtrl.exe ----名前付きパイプ-->BonDriver_PT-S.dll-->各種アプリ
   |             |
PT1-               --名前付きパイプ-->BonDriver_PT-S.dll-->各種アプリ
   |             |
PT2-               --名前付きパイプ-->BonDriver_PT-T.dll-->各種アプリ
   ・             |
   ・              --名前付きパイプ-->BonDriver_PT-T.dll-->各種アプリ
   ・             |
                  --名前付きパイプ-->BonDriver_PT-S.dll-->各種アプリ
                 |
                  --名前付きパイプ-->BonDriver_PT-T.dll-->各種アプリ
                 ・
                  ・
                  ・

PTCtrl.exeがPT1、PT2制御プロセスとなります。

●ソースとモジュールの取り扱いについて
特にGPLとかにはしないので自由に改変してもらって構わないです。
改変して公開する場合は改変部分のソースぐらいは一緒に公開してください。
(強制ではないので別に公開しなくてもいいです)
フリーソフトに組み込む場合は特に制限は設けません。
このdll、exeを使用したことによって発生した問題について保証は一切行いません。
商用、シェアウェアなどに組み込むのは不可です。

●生成されるバイナリファイルについて
BonDriverのバイナリファイルはS用もT用も同一です。
名前が「BonDriver_PT-T.dll」あるいは「BonDriver_PT-Tx.dll」の場合はT用として、
「BonDriver_PT-S.dll」あるいは「BonDriver_PT-Sx.dll」の場合はS用として動作する
ので、dllファイルをコピーし、名前を変更して使用して下さい。

●64bitOSへの対応
 x64フォルダにあるモジュールは64bitでビルドしたモジュールになっています。
 64bit版を使用するにはアプリ側も64bitでビルドされている必要があります。
 32bitのモジュールが1つでも必要な場合は使用できません。

■更新履歴
最新の履歴はGitHubを参照してください。
11/01/16 人柱版3
・チャンネル定義を外部ファイル化(今までのiniで設定できたチューナー空間は無効になります)
10/03/14 人柱版2
・64bit版モジュールを同梱
・ビルド環境をVisualStudio2008 SP1に変更(もしかしたランタイム必要かも)
・PT1/2 アップローダ up0269.rar の修正内容を反映(ありがとうございますm(_ _)m)
09/10/14 人柱版
・モジュールの変更はなし。PT2での動作を確認したので人柱版に変更
・SDK 2.0での動作を確認
・Windows7 64bitで動作したのを確認
09/09/27 お試し人柱版
・PTソフトウェア2.0の対応
・とりあえずPT1が動作したのを確認したもの
・PT2は動作未確認(たぶん発売されてすぐに購入はできないだろうな・・・)


動作確認環境
Windows 10 Professional 64bit

EpgDataCap_Bon