Skip to content

JSON_Maker_for_MV

fftfantt edited this page Apr 23, 2016 · 13 revisions

説明

  • プロジェクトフォルダ配下の各素材フォルダ(bgm,pictures等)に入っている全ファイルを探索し、素材名一覧のJSONファイルを生成します。


使用方法

操作動画

手順詳細

1.ZIPファイルから解答した「JSON Maker for MV.exe」をダブルクリックして実行してください。

2.上部の対象にするフォルダと拡張子の有無を選択して、「プロジェクト」ボタンをクリックします。

3.対象のプロジェクトフォルダを選択してください。(プロジェクトファイルが入っているところ)

4.「書き出し先」が自動的に入るので、必要ならば「書き出し先」ボタンを押して修正してください。

5.「書き出し先」に問題がなければ、「JSON書出」ボタンを押してください。

6.「作成完了」の画面が出たら「OK」を押して終了です。

7.「JSON書出」に作成されたJSONファイルの中身が表示されます。


JSONファイルの使用用途

作成されたJSONファイル自体は単体では役に立ちません。

プラグインなどでJSONファイルをロードすると、ゲーム内のグローバル変数として扱うことができます。

※画像では分かりやすいようにコアスクリプトに直接追加しています。

例えば以下のような用途などでプラグインを作成する際の支援として使うことを想定しています。

  • 音楽や動画のランダム再生を行う。
  • ゲーム内で流す音楽を一覧から選択させる。
  • 画像名をパーツごとにより分けさせて選択できるお着替えシステムを構築する。
  • プロジェクト全体の素材のプリロードを行う。


動作環境

Windows7以降のOSでご利用いただけます。

Windows7とWindows10で動作検証しています。

推奨は「.NET Framework 3.5」がインストールされている環境です。 (必須ではありませんが、不具合解決が難しい場合にはインストールをお願いするかもです)

Windows 8、Windows 8.1、および Windows 10 への .NET Framework 3.5 のインストール

上記URLの手順に記載のとおり、Windows7ではデフォルトで有り、8や10でもコントロールパネルで有効にするだけです。

  1. キーボードの Windows キー (Windows のロゴ) を押し、「Windows の機能」と入力して、Enter キーを押します。 [Windows の機能の有効化または無効化] ダイアログ ボックスが表示されます。 あるいは、[コントロール パネル] を開き、[プログラム] の項目をクリックし、[プログラムと機能] で [Windows の機能の有効化または無効化] をクリックします。

  2. .NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む) チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックし、 メッセージが表示された場合はコンピューターを再起動します。


インストール/アンインストール

インストール

ZIPファイルから解凍するだけです。 「JSON Maker for MV.exe」単体で動作するのでインストールは必要ありません。

アンインストール

「JSON Maker for MV.exe」と「README.txt」を破棄してください。 レジストリーの書き出しなどは行ってません。


利用規約

当プログラムはMITライセンスのもとで公開されています。 https://osdn.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2FMIT_license

  • 商用利用や改変なども自由です。

  • 利用した作品へのクレジットも不要です。

  • 改修して利用する場合は、ヘッダーのライセンス表記のみ残してください。

  • 当プログラムの不具合およびそれに伴う損害の責任についても、MITライセンスの表記どおりです。

Copyright (c) 2016 fftfantt

This software is released under the MIT License.

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.