Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
2 contributors

Users who have contributed to this file

@catatsuy @kazeburo
202 lines (157 sloc) 4.79 KB

外部サービスAPIの仕様

予選マニュアルに利用可能なURLなどの情報があるので確認してください。

payment service

決済サービスAPI。クレジットカード情報の非保持化にも対応しているので安心して利用できます。

POST /card

  • 加盟店ID(shop_id)とカード番号(card_number)を送ると、その加盟店IDで5分間だけ使えるトークンを発行できる
  • 外部サービスからJavaScript経由でアクセスするのでCross-Origin Resource Sharing (CORS)に対応
  • カード番号の形式は[0-9A-F]{8}

API仕様

  • request: application/json
    • shop_id
    • card_number
  • response: application/json
    • http status code: 200
      • token
    • http status code: 400
      • error: json decode error
      • error: wrong shop id
      • error: card number is wrong
example:

# request
{
  "shop_id": "11",
  "card_number": "AAAAAAAA"
}

# response
{
  "token": "abcdefg"
}

{
  "error": "card number is wrong"
}

POST /token

  • 加盟店IDに紐付くAPIキー・加盟店IDに紐付くトークン・値段を送ると実際に決済が行われる
  • 残高不足などの理由で正当なカード番号でも決済に失敗するケースがある

API仕様

  • request: application/json
    • shop_id
    • token
    • api_key
    • price
  • response: application/json
    • http status code: 200
      • status: ok
        • 決済成功
      • status: fail
        • 決済失敗
      • status: invalid
        • 無効なトークン
    • http status code: 400
      • error: json decode error
      • error: wrong shop id
      • error: wrong api key
example:

# request
{
  "shop_id": "11",
  "token": "abcd",
  "api_key": "itisapikey",
  "price": 10000
}

# response
{
  "status": "ok"
}

{
  "error": "wrong shop id"
}

shipment service

配送サービスAPI。配送会社が直接住所を扱うことで、お客様同士は住所を教え合うことなく利用できます。

Authorization

AuthorizationヘッダのBearerトークンに、予め払い出されているユニークなappidを使用して認証を行う。

Authorization: Bearer <APP_ID>

POST /create

  • 集荷予約の作成
  • 配送先の住所・配送元の住所・名前を送ると数字10桁のid(集荷予約ID)が送られてくる

API仕様

  • request: application/json
    • to_address
    • to_name
    • from_address
    • from_name
  • response: application/json
    • http status code: 200
      • reserve_id: 0000000000
      • reserve_time: 1570000000
        • (epoch time)
    • http status code: 400
      • error: json decode error
      • error: required parameter was not passed
    • http status code: 401
      • (Authorization失敗)

POST /request

  • 集荷リクエスト
  • 集荷予約IDを送ると集荷リクエストができる
  • レスポンスは /accept へのURLが書かれているQRコードの画像ファイル
  • サービス側は画像を保存して、自前で配信する必要がある

API仕様

  • request: application/json
    • reserve_id
  • response: image/png (error時はapplication/json)
    • http status code: 200
      • png binary
    • http status code: 400
      • error: json decode error
      • error: required parameter was not passed
      • error: empty
    • http status code: 401
      • (Authorization失敗)

GET /accept

  • 発送
  • 集荷予約IDとトークンを一緒にリクエストをする必要がある
    • QRコードのURLに正しいトークンが付与されている
  • 配達員が開く想定なので、配達員しか知らない認証を入れるべきだが、ISUCON的に厳しそうなので現在は認証なし

API仕様

  • request: application/json
    • reserve_id
  • response: application/json
    • http status code: 200
      • accept: ok
    • http status code: 400
      • error: wrong parameters
      • error: empty

GET /status

  • 配送ステータス
  • 集荷予約IDを送ると initial, wait_pickup, shipping, done のどれかのステータスが返ってくる

API仕様

  • request: application/json
    • reserve_id
  • response: application/json
    • http status code: 200
      • reserve_time: 1570000000
        • (epoch time)
      • status: done
        • 下記参照
    • http status code: 400
      • error: json decode error
      • error: required parameter was not passed
      • error: empty
    • http status code: 401
      • (Authorization失敗)

ステータスの仕様

ステータスは以下

  1. initial: 集荷予約作成
  • /create を呼ばれた後はこの状態
  1. wait_pickup: 集荷待ち
  • /request を呼ばれた後はこの状態
  1. shipping: 配送中
  • /accept を呼ばれた後はこの状態
  1. done: 配送完了
  • 配送が終了するとこのステータスになる
You can’t perform that action at this time.