Skip to content
master
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
inc
 
 
lib
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README

CloudForecast - server resource monitoring framework

WARNING: Alpha quality code

サーバ等のリソース監視をするためのツールです。
RRDToolの薄いラッパー、情報取得のためのフレームワークとして設計されています。
CloudForecastは、4つのプロセスによって動作します。

 - 巡回デーモン
 - グラフ閲覧 HTTPD
 - 情報取得Gearmanワーカー
 - RRDファイル更新Gearmanワーカー

小規模な監視では、Gearmanがなくても動作可能です。
動作イメージはdocsディレクトリ以下の cloudforecast.png になります

# 巡回デーモン 
$ ./cloudforecast_radar -r -c cloudforecast.yaml -l server_list.yaml
  - 起動すると5分ごとに巡回を行います
  - -r 再起動オプション。ライブラリや設定ファイルを更新すると自動で再起動します
  - -c 設定ファイル
  - -l サーバ一覧


# web server
$ ./cloudforecast_web -r -p 5000 -c cloudforecast.yaml -l server_list.yaml
  - グラフ閲覧 HTTPD
  - -p ポート httpdのport
  - -o | -host httpdがListenするIP。デフォルトはすべてのIP
  - --allow-from アクセス可能なクライアントIP/IPセグメント、複数指定可能 192.168.0.1 or 192.168.0.1/24
                 なにも指定しなければ アクセス制御はしない
  - --front-proxy リバースプロキシーを使っている場合に、そのIPアドレス/IPセグメント。複数指定可能

# 情報取得Gearmanワーカー
$ ./cf_fetcher_worker -r -c cloudforecast.yaml \
     -max-workers 2 -max-request-per-child 100 -max-exection-time 60 
  - gearmanでのリソース情報取得ワーカー
  - -max-worker preforkするワーカー数
  - -max-request-per-child 1ワーカープロセス処理回数。この回数を超えるとプロセスが新しく作り直される
  - -max-exection-time ワーカーの1回の取得作業でこれ以上の時間かかっている場合、そのワーカーを停止します

# RRDファイル更新Gearmanワーカー
$ ./cf_updater_worker -r -c cloudforecast.yaml \
     -max-workers 2 -max-request-per-child 100 -max-exection-time 60 
 - gearmanでのリソース情報をrrdファイルに書き込むワーカー

#環境変数
CF_DEBUG=1 をするとdebugログが出力されます

About

the server metrics gathering

Resources

Releases

No releases published

Packages

No packages published
You can’t perform that action at this time.