Skip to content
LMNtal Compiler
Java HTML Prolog Perl Lex Shell
Branch: develop
Clone or download
Latest commit 4e77e42 Jul 10, 2019
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
bin
doc
lib
nbproject
sample
src
tools
.classpath
.gitignore
.project
COPYING
README.md
build.xml
help_gen.pl
javadoc.xml
lmnwc.sh
memo.hara
schedule.txt
tohtml.pl

README.md

LMNtal Compiler

LMNtalのコンパイラです。 バグ報告は lmntal@ueda.info.waseda.ac.jp までお願いします。


Getting started

ant

Eclipse上で実行する

1. Eclipseにプロジェクトをインポートする
2. build.xml を右クリックして「Run As」-「Ant Build...」を選択する。
3. 実行したいターゲット(デフォルトは dist)を選択して「Run」をクリック。

or

コマンドラインで実行する

1. ant の bin ディレクトリにパスを通す。
    $ export PATH=$PATH:<ECLIPSE_HOME>/plugins/org.apache.ant_<version>/bin
2. jnuit.jar にクラスパスを通す。
    $ export CLASSPATH=<ECLIPSE_HOME>/plugins/org.junit_3.8.1/junit.jar
3. 以下のコマンドを実行する
    $ ant [target]

Develop

build.xml

できる事一覧

  1. flex_* / bison_*
    lexer / parser の生成
  2. help
    Help.java (--help オプション指定時の出力を行うクラス)の生成
  3. system_ruleset
    GlobalSystemRuleset.java の生成
  4. compile, jar
    処理系のコンパイル
  5. lib
    LMNtal ライブラリ (*.jar) の生成
  6. archive
    公開用形式でアーカイブ (lmnta.tgz)。アーカイブするものは以下の通り。(矢印の右はアーカイブ内のパス) bin/* (set_cp_jar.bat → set_cp.bat, set_cp_jar.sh → set_cp.sh) lib/std_lib.jar lib/public/.lmn → lib/src/.lmn sample/public/.lmn → sample/.lmn
  7. dist (default)
    help, compile, jar, lib, archive を実行
  8. lib_clean
    4 で生成されるファイルの削除
  9. clean
    4 ~ 6. で生成されるファイルの削除(昔とは違うので注意)

公開の手順

  1. 必要に応じて Env.LMNTAL_VERSION の値を修正
  2. ant dist の実行
  3. lmntal.jar を、banon:/var/www/htdocs/lmntal/lmntal.tgz (または lmntal-beta.tgz) に置く。
    今は、リンクは lmntal.jar に張られているので、lmntal.tgz においたら公開用 wiki を書き直す必要がある。
You can’t perform that action at this time.