Google Apps Scriptで書かれたSlack用勤怠管理Botの「みやもとさん」
JavaScript Makefile
Latest commit a798293 Jul 13, 2016 @masuidrive committed on GitHub Merge pull request #18 from masaki/use_ical_holiday
Use Japanese holiday iCal instead of JSON

README.md

勤怠管理bot - みやもとさん

Google Apps Scriptで書かれた、Slack上で動く勤怠管理Bot。

Slackで下記の様につぶやくと、みやもとさんがGoogle Spreadsheetに勤怠を記録してくれます。

demo1

会話例

  • おはようございます ← 現在時刻で出勤
  • おはようございます 12:00 ← 指定時刻で出勤
  • おはようございます 10/2 12:00 ← 過去に遡って出勤を記録する
  • 12:00に出勤しました ← 指定時刻で出勤
  • お疲れ様でした ← 現在時刻で退勤
  • お疲れ様でした 20:00 ← 指定時刻で退勤
  • 20時に退勤しました ← 指定時刻で退勤
  • 明日はお休みです ← 休暇申請
  • 10/1はお休みです ← 休暇申請
  • 明日のお休みを取り消します ← 休暇申請取り消し
  • 明日はやっぱり出勤します ← 休暇申請取り消し

  • 誰がいる? ← 出勤中のリスト

  • 誰がお休み? ← 休暇中のリスト
  • 9/21は誰がお休み? ← 指定日の休暇リスト

設置方法

みやもとさんは、プログラム本体をGoogle Driveに保存して実行します。データはGoogle Spreadsheetに保存されます。

インストールは下記の手順に従ってください。

Google Apps Scriptへ設置

プログラム本体を設置

  • https://drive.google.com/ を開いて画面左にある、赤い「作成」ボタンを押します。
  • 最下部の「アプリを追加」を押してダイアログを開きます。
  • ダイアログの検索ボックスに「script」と入力してリストに出てきた「Google Apps Script」の「+接続」ボタンを押します。

drive0

  • もう一度「作成」ボタンを押して「スクリプト」選択します。
  • 「スクリプトを作成」の下にある「空のプロジェクト」を選択します。
  • 新しいスクリプトを作る画面へ遷移するので、左上の「無題のプロジェクト」をクリックして、「Miyamoto-san」に変更します。

gas03

  • main.gsをコピーして、ブラウザ内のエディタ部に貼り付けます。
  • メニューから「ファイル」→「保存」を選択して保存します。
  • メニューの「ファイル」→「プロジェクトのプロパティ」を開いて「Time zone」を「東京」に合わせてください。

初期化

  • ツールバーの「関数を選択」から「setUp」を選び、左の再生ボタンを押します。

gas11

  • 権限の承認画面が出たら「承認する」を押してください。
  • Google Drive上に「Slack Timesheets」というSpreadsheetが生成されます。

APIの公開

  • メニューから「公開」→「ウェブアプリケーションとして導入...」を選びます。
  • 先に「新しいバージョンを保存」ボタンを押した後、「アプリケーションにアクセスできるユーザ」から「全員(匿名ユーザを含む)」を選択します。
  • 同時に「次のユーザーとしてアプリケーションを実行」を「自分」に変更します。
  • 登録完了後に出るウインドーの「現在のウェブアプリケーションのURL」をどこかにメモしておいてください。

gas20

  • 「全員(匿名ユーザを含む)」が見つからない場合は、https://admin.google.com/ から「Google Apps」→「ドライブ」を選択して、「共有設定」の「ユーザは組織外のユーザとファイルを共有できる」を選択します。

admin2

Slackへの設定

  • SlackのWebサイトへログインし、「timesheets」チャンネルを追加します。

Slack Outgoingの設定

  • 左上のメニューから「Configure Integration」を選びます。

slack11

  • ページ下部の「DIY Integrations & Customizations」から「Outgoing WebHooks」を選びます。
  • 緑の「Add Outgoing Webhook」を押します。
  • 「Integration Settings」の「Channel」を「#timesheets」を選択し、「URL(s)」には「APIの公開」でメモをした「現在のウェブアプリケーションのURL」を入力し、「Save Integration」を押します。

slack13

Slack Incomingの設定

  • 左のサイドバーの「Add New Integration」から「Incoming WebHooks」を選びます。
  • ページ最下部の「Choose a channel...」から「#timesheets」を選択して、「Add Incoming WebHook」を選択します。
  • 遷移したページの「Your Unique Webhook URL」の下に書かれているURLをどこかにメモしておきます。

slack21

  • 「Integration Settings」右の「Expand」を押して、「change the name of your bot」をクリックし「miyamoto」を指定します。

slack22

  • 「miyamoto」以外の名前を指定する場合は、Spreadsheetの「_設定」の「無視するユーザ」にその名前を加えてください。

みやもとさんの設定

  • https://drive.google.com/ から「Slack Timesheets」を選びます。
  • メニューの「ファイル」→「スプレッドシートの設定」を開いて「タイムゾーン」を「東京」に合わせてください。
  • 下のタブから「_設定」を開き、「Slack Incoming URL」がある「B1」に「Slackへの設定」でメモした「Your Unique Webhook URL」を入力します。
  • このbotの名前を変更した場合は、「無視するユーザ」にその名前を加えてください。

gs3

動かす

Slackの#timesheetsチャンネルで「おはよう」と発言すると、先の「Slack Timesheets」にユーザ名のタブが作られて、時間が記録されます。

当日の日付が二つ並んでいますが、B〜C列を時間表示に切り替える必要があります。範囲指定をしてメニューの「表示形式」→「数字」→「時間」を選択してください。

週の休日は「Day Off」の欄に,(カンマ)区切りで入力します。

gs2

これで設置が終わりました。どんなメッセージに反応するかは、timesheets.jsの正規表現を読み解いてください。

また、このシートを編集不可で共有することで、勤務時間の確認などが簡単に行えるようになります。

ご協力ください

みやもとさんを使ってる方は、ぜひみやもとさん調査にご協力ください。

開発の参考にさせていただきます。

メッセージの変更

Spreadsheetの「_メッセージ」シートに各メッセージのテンプレートが書かれています。縦に複数設定すると、ランダムで選択されます。

ココを変更するとみやもとさんのキャラが変わります。ぜひ面白い設定をしてください。

仕様

  • ユーザ名に.(ドット)が入っている場合に、mentionにならないのはSlack Webhookの仕様です。
  • Private Groupに設置することはできません
  • ユーザは一部屋90人ぐらいまでです。それ以上でお使いの場合は部単位などで部屋を分けて下さい。

開発

  • コードを変更したときには、メニューの「ファイル」→「版の管理...」で「新しいバージョンを保存」してから、「公開」→「ウェブアプリケーションとして導入...」の「プロジェクトバージョン」を最新にする必要があります。

Todo

  • 出勤日数の管理
  • 時間外労働の扱い
  • 休憩時間

テストの実行

みやもとさんはロジックの検証をNodeを使って行う事ができます。Nodeの実行環境を整えたら下記のコマンドを実行してください。

npm install
make test

ソースコード

  • main.js

    • HTTPを受け取る
  • 入力内容を解析して、メソッドを呼び出す

    • Slackへの入出力
  • gs_template.js

    • Google Spreadsheetを使ったメッセージテンプレート
  • gs_properties.js

    • Google Spreadsheetを使った設定key-value store
  • gs_timesheets.js

    • timesheetsをGoogle Spreadsheetに保存する処理
  • gas_properties.js

    • Google Apps Scriptを使った設定key-value store
  • gas_utils.js

    • Google Apps Script用のユーティリティ
  • utils.js

    • globalで使うユーティリティ
  • date_utils.js

    • 日付関係のユーティリティ
  • underscore.js

License