Skip to content
This repository

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Browse code

Polished

  • Loading branch information...
commit 5d0a3181b09a083cc96406f0d524e2fadd810c0f 1 parent cf3f6bc
authored December 11, 2002
16  lang/ja/auth.php
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
 <?PHP // $Id$ 
2  
-      // auth.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)
  2
+      // auth.php - created with Moodle 1.0.7 (2002121000)
3 3
 
4 4
 
5 5
 $string['auth_dbdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するために外部のデータベースを使用します。新しいアカウントを作成する場合、他のフィールドの情報がMoodleへ複製されます。";
@@ -10,7 +10,7 @@
10 10
 $string['auth_dbname'] = "データベース名";
11 11
 $string['auth_dbpass'] = "上記ユーザ名に合致するパスワード";
12 12
 $string['auth_dbtable'] = "データベースのテーブル名";
13  
-$string['auth_dbtitle'] = "外部データベースを使用する";
  13
+$string['auth_dbtitle'] = "外部データベースを使用";
14 14
 $string['auth_dbtype'] = "データベースタイプ(詳細は<A HREF=../lib/adodb/readme.htm#drivers>ADOdb documentation</A>をご覧ください";
15 15
 $string['auth_dbuser'] = "データベースアクセス用のユーザ名";
16 16
 $string['auth_emaildescription'] = "メールによる確定は認証方法の初期値です。ユーザが新しいユーザ名とパスワードを選択してサインアップした場合、確定用メールがユーザのメールアドレスに送信されます。このメールにはユーザがアカウントを確定するためのリンクが記入されています。アカウント確定後のログインではMoodleデータベースに保存されているユーザ名とパスワードのみを確認します。";
@@ -18,7 +18,7 @@
18 18
 $string['auth_imapdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにIMAPサーバを使用します。";
19 19
 $string['auth_imaphost'] = "IMAPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";
20 20
 $string['auth_imapport'] = "IMAPサーバポート番号です。通常は143又は993です。";
21  
-$string['auth_imaptitle'] = "IMAPサーバを使用する";
  21
+$string['auth_imaptitle'] = "IMAPサーバを使用";
22 22
 $string['auth_imaptype'] = "IMAPサーバタイプです。IMAPサーバは異なる認証及びネゴシエーションを利用することが可能です。";
23 23
 $string['auth_ldap_bind_dn'] = "ユーザ検索にbindユーザを利用したい場合は、ここに明示してください。例 'cn=ldapuser,ou=public,o=org'";
24 24
 $string['auth_ldap_bind_pw'] = "bindユーザ用のパスワード";
@@ -33,17 +33,17 @@
33 33
 
34 34
 ";
35 35
 $string['auth_ldapextrafields'] = "これらのフィールドは任意項目です。<B>LDAPフィールド</B>より事前に入力されたMoodleユーザフィールドを選択することも可能です。<P>空白の場合はLDAPよりデータの転送は行われずにMoodleの初期値が使用されます<P>どちらの場合でも、ユーザはログイン後に全てのフィールドを編集可能です。";
36  
-$string['auth_ldaptitle'] = "LDAPサーバを使用する";
  36
+$string['auth_ldaptitle'] = "LDAPサーバを使用";
37 37
 $string['auth_nntpdescription'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにNNTPサーバを使用します。";
38 38
 $string['auth_nntphost'] = "NNTPサーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";
39 39
 $string['auth_nntpport'] = "サーバーポート(119が一般的です)";
40  
-$string['auth_nntptitle'] = "NNTPサーバを使用する";
  40
+$string['auth_nntptitle'] = "NNTPサーバを使用";
41 41
 $string['auth_nonedescription'] = "ユーザはログインして外部サーバ及びメールによる認証無しにアカウントを直ちに作成できます。このオプションを使用するときは十分に注意してください - セキュリティー及び管理上の問題が発生するかもしれないことを考えてください。";
42 42
 $string['auth_nonetitle'] = "認証無し";
43 43
 $string['auth_pop3description'] = "ユーザ名とパスワードを確認するためにPOP3サーバを使用します。";
44 44
 $string['auth_pop3host'] = "POP3サーバーアドレスです。IPアドレスではなくドメイン名を使用してください。";
45 45
 $string['auth_pop3port'] = "サーバーポート (110が一般的です)";
46  
-$string['auth_pop3title'] = "POP3サーバを使用する";
  46
+$string['auth_pop3title'] = "POP3サーバを使用";
47 47
 $string['auth_pop3type'] = "サーバタイプです。もし認証が必要な場合はpop3certを選択してください。";
48 48
 $string['authenticationoptions'] = "認証オプション";
49 49
 $string['authinstructions'] = "どのようなユーザ名やパスワードを使用したらよいのかユーザに説明します。ここに入力した文章はログインページに表示されます。空白の場合、何も表示されません。";
@@ -51,9 +51,9 @@
51 51
 $string['changepasswordhelp'] = "ユーザがユーザ名/パスワードを忘れたときに回復又は変更するためのボタンをログインページに表示します。空白の場合、ボタンは表示されません。
52 52
 
53 53
 ";
54  
-$string['chooseauthmethod'] = "認証方法を選択する:";
  54
+$string['chooseauthmethod'] = "認証方法の選択:";
55 55
 $string['guestloginbutton'] = "ゲストログインボタン";
56 56
 $string['instructions'] = "説明";
57  
-$string['showguestlogin'] = "ログインページのゲストログインボタンを隠したり表示したり出来ます。";
  57
+$string['showguestlogin'] = "ログインページのゲストログインボタンを表示/非表示に出来ます。";
58 58
 
59 59
 ?>
11  lang/ja/moodle.php
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
 <?PHP // $Id$ 
2  
-      // moodle.php - created with Moodle 1.0.6.4 (2002112400)
  2
+      // moodle.php - created with Moodle 1.0.7 (2002121000)
3 3
 
4 4
 
5 5
 $string['action'] = "操作";
@@ -30,10 +30,10 @@
30 30
 $string['answer'] = "回答";
31 31
 $string['assessment'] = "評価";
32 32
 $string['assignteachers'] = "教師の割当て";
33  
-$string['authentication'] = "認証";
  33
+$string['authentication'] = "認証オプション";
34 34
 $string['availablecourses'] = "コース一覧";
35 35
 $string['cancel'] = "キャンセル";
36  
-$string['categories'] = "コースカテゴリー";
  36
+$string['categories'] = "コースカテゴリーの追加";
37 37
 $string['category'] = "カテゴリー";
38 38
 $string['categoryadded'] = "カテゴリー '\$a' が追加されました";
39 39
 $string['categorydeleted'] = "カテゴリー '\$a' が削除されました";
@@ -207,7 +207,7 @@
207 207
 $string['helpquestions'] = "質問方法";
208 208
 $string['helprichtext'] = "リッチテキストHTMLエディタに関して";
209 209
 $string['helptext'] = "テキストの書き方";
210  
-$string['hide'] = "隠す";
  210
+$string['hide'] = "非表示";
211 211
 $string['hits'] = "アクセス";
212 212
 $string['hitsoncourse'] = "\$a->username による \$a->coursename へのアクセス";
213 213
 $string['hitsoncoursetoday'] = "\$a->username による今日の \$a->coursename へのアクセス";
@@ -238,6 +238,7 @@
238 238
 $string['license'] = "GPLライセンス";
239 239
 $string['listofallpeople'] = "全員を表示する";
240 240
 $string['livelogs'] = "リアルタイムログの表示";
  241
+$string['locale'] = "";
241 242
 $string['location'] = "現在地";
242 243
 $string['loggedinas'] = "ログイン名 \$a ";
243 244
 $string['loggedinnot'] = "ログインしていません";
@@ -401,7 +402,7 @@
401 402
 $string['settings'] = "セッティング";
402 403
 $string['shortname'] = "省略名";
403 404
 $string['shortsitename'] = "短いサイト名(例 単語)";
404  
-$string['show'] = "見せる";
  405
+$string['show'] = "表示";
405 406
 $string['showallcourses'] = "全てのコースを表示";
406 407
 $string['showalltopics'] = "全てのトピックを表示";
407 408
 $string['showallweeks'] = "全ての週を表示";

0 notes on commit 5d0a318

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.