Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
src
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SDL-IM-plus

SDL の IME 対応修正版です。
SDL 1.2.15 に SDL-IM 1.2.8 (2005/8/28) のパッチを当てたソースを適用し、さらに何点か修正しています。

SDL-1.2 README

ビルド

Windows

Visual Studio 2015 で VisualC/SDL.sln を読み込み、ビルドしてください。

Linux

$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

Debian 系の場合、autoconf libx11-dev libxext-dev あたりをインストールしておいてください。
RedHat 系の場合、autoconf libXt-devel libXaw-devel あたりをインストールしておいてください。
ライブラリの名称やヘッダファイルの格納先は SDLIM です。
コンパイル用の環境取得スクリプトは sdlim-config です。

追加関数

char *SDL_SetIMValues(SDL_imvalue value, ...);
 IM の状態設定を行います。
引数: SDL_imvalue
 SDL_IM_ENABLE IM の有効無効
 SDL_IM_ONOFF IM の ON/OFF
 SDL_IM_FONT_SIZE 変換中文字列のフォントサイズ(Windows のみ)
返値: エラー文字列 NULLなら正常終了
例) SDL_SetIMValues(SDL_IM_ENABLE, 1, NULL);
 IM を有効にします。

char *SDL_GetIMValues(SDL_imvalue value, ...);
 IM の状態を取得します。
引数: SDL_imvalue
 SDL_IM_ENABLE IM の有効無効
 SDL_IM_ONOFF IM の ON/OFF
 SDL_IM_FONT_SIZE 変換中文字列のフォントサイズ(Windows のみ)
返値: エラー文字列 NULLなら正常終了
例) SDL_GetIMValues(SDL_IM_ONOFF, &stat, NULL);
 IM の ON/OFF 状態が stat に入ります。1 で ON 状態です。

int SDL_SetIMPosition(int x, int y);
 IM の変換位置を指定します。
引数: x X 座標, y Y 座標
返値: 0 でエラー、それ以外で成功

int SDL_FlushIMString(void *buffer);
 変換確定した文字列を取得します。
引数: buffer 文字列を格納するバッファ NULL の場合文字列長のみ取得
返値 文字列長

void SDL_SetCompositionFontName(const char *name);
 変換中文字列で使用するフォント名を指定します。
引数: name フォント名(Shift JIS)
 Windows のみの対応です。

環境変数

Linux 版の場合、環境変数 SDLIM_STYLE で Root, OverTheSpot, OnTheSpot の設定をする事でアプリケーションの変換表示の選択ができますが、OnTheSpot での変換文字列描画には対応していませんのであまり意味はありません。
未設定の場合は OverTheSpot となります。

ライセンス

LGPL v2

About

SDL-IM (IME対応)

Resources

License

Releases

No releases published

Packages

No packages published