NyARToolkit Unity edition. Marker based Augmented reality library.
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
Assets
Assembly-CSharp-vs.csproj
Assembly-CSharp.csproj
NyARToolkitUnity-csharp.sln NyARToolkitCS/5.0.8へ更新 May 24, 2016
NyARToolkitUnity.CSharp.csproj
NyARToolkitUnity.sln
README.EN.md
README.md Update README.md Jun 8, 2016

README.md

English here!

NyARToolkit for Unity

version 5.0.8

Copyright (C)2008-2012 Ryo Iizuka

http://nyatla.jp/nyartoolkit/
airmail(at)ebony.plala.or.jp
wm(at)nyatla.jp

IMAGE ALT TEXT HERE

About NyARToolkit

  • NyARToolkitUnityは、NyARToolKitCSのUnity向けの実装です。
  • Unity5.3以降に対応しています。
  • 画像データから、ターゲット(ARマーカ、IDマーカ、NFTマーカ)の位置と姿勢を計算することができます。
  • 純粋なC#による実装です。

ARToolKitについては、下記のURLをご覧ください。
http://www.hitl.washington.edu/artoolkit/

サンプルの概要

Unityアプリケーション

sampleディレクトリ以下にあります。

Sample/SimpleLite

ARマーカの上に立方体を表示するサンプルです。単一マーカのサンプルです。

Sample/SimpleNFT

NFT(自然特徴点マーカ)を使うサンプルです。

Sample/ImagePickup

マーカ平面から画像を取得するサンプルです。

Sample/JpegFile

静止画からマーカを検出するサンプルです。

Sample/MarkerPlane

マーカ平面とスクリーン座標を変換するサンプルです。

Sample/SimpleLiteM

複数のARマーカの上に立方体を表示するサンプルです。

webプレイヤー

sample.webplayerディレクトリ以下にあります。

SimpleLiteWeb

単一マーカのサンプルです。 Webプレイヤーで再生できます。

WebCamTest

WebプレイヤーでWebカメラを使用するサンプルです。

ライセンス

NyARToolkitAS3は、商用ライセンスとLGPLv3のデュアルライセンスを採用しています。

LGPLv3を承諾された場合には、商用、非商用にかかわらず、無償でご利用になれます。 LGPLv3を承諾できない場合には、商用ライセンスの購入をご検討ください。

  • LGPLv3
    LGPLv3については、COPYING.txtをお読みください。
  • 商用ライセンス
    商用ライセンスについては、ARToolWorks社に管理を委託しております。http://www.artoolworks.com/Home.html

SimpleNFTのカスタマイズ

SimpleNFTが使う画像特徴点ファイル(nftdataset)は、パッケージのData/toolsにある、NftFileGeneratorを使って作成できます。 NftFileGeneratorで特徴点を計算後、Exportメニューの"Save NYARTK nft dataset"で.datasetを保存してください。 保存したファイルの拡張子を.bytesに変更して、Resourceディレクトリにコピーすることで、Unityからアクセスできるようになります。

チュートリアル