Skip to content
No description, website, or topics provided.
Ruby Shell
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
bin
exe
lib
spec
.gitignore
.rspec
.travis.yml
Gemfile
Guardfile
LICENSE.txt
README.md
Rakefile
tsudura.gemspec

README.md

Gem Version Build Status Coverage Status Code Climate Dependency Status

WARNING

This gem is alpha version. このgemはまだアルファ版です。

Tsudura

Yamlに記述した設定を元にAnsible Playbookをsshで実行し、AWSのAmiの作成、LaunchConfigの作成、AutoScalingGroupに紐づくLaunchConfigの入れ替えを行うコマンドラインツールです。 Packer + Ansibleを使い、自分が足りないと思った機能を埋めるために作成しました。

Installation

install it yourself as:

$ gem install tsudura

Usage

buildコマンドを使用します。

$ tsudura build example.yml

設定ファイル

packerで言う設定を記述するjsonをtsuduraではyamlに記述します。 spec/samples/yamlsにテストで使用しているサンプルのyamlがありますので、参考になると思います。 また、yamlはERBの記法が使用できるようにしてあります。

required

  • service: 扱うリソースの名前空間です。作成されたリソースにprefixとして付与されます。
  • region: インスタンスを作成するRegionを指定します。
  • security_group_id: インスタンスに設定するSecurityGroupIDを指定します。
  • subnet_id: インスタンスに設定するSubnetIDを指定します。
  • image_id: インスタンスを作成する際のAmiのIDを指定します。
  • key_name: インスタンスを作成する際のKeyPairの名前を指定します。
  • instance_type: インスタンスを作成、LaunchConfigを作成する際のInstanceTypeを指定します。
  • playbook_path: 実行するAnsiblePlaybookのPathを指定します。
  • inventory_file: Ansibleを実行する際のInventoryFileのPathを指定します。
  • owner: Amiを作成する際に指定するOwnerのIDを指定します。

options

  • vault_password: AnsibleVaultを使用していた場合、実行する際のVaultPasswordを指定します。
  • mode: 後述する実行モードを指定します。
  • user_data_script: LaunchConfigを作成する際にUserDataScriptを指定します。
  • auto_scaling_group_name: 新しく作成したLaunchConfigを紐づけるAutoScalingGroupを指定します。

モードについて

NormalMode

デフォルト。何も指定しないとこれになる。

  • Amiの作成
  • LaunchConfigの作成
  • AutoScalingGroupの更新
mode: normal

PackerMode

  • Amiの作成
mode: packer

PackerPlusMode

  • Amiの作成
  • LaunchConfigの作成
mode: packer_plus

ProvisionerTestMode

  • プロビジョニングの実行のみ行う
  • インスタンスをterminateしない
mode: provisioner_test

Development

After checking out the repo, run bin/setup to install dependencies. Then, run bin/console for an interactive prompt that will allow you to experiment. Run bundle exec tsudura to use the code located in this directory, ignoring other installed copies of this gem.

To install this gem onto your local machine, run bundle exec rake install. To release a new version, update the version number in version.rb, and then run bundle exec rake release to create a git tag for the version, push git commits and tags, and push the .gem file to rubygems.org.

Contributing

  1. Fork it ( https://github.com/[my-github-username]/tsudura/fork )
  2. Create your feature branch (git checkout -b my-new-feature)
  3. Commit your changes (git commit -am 'Add some feature')
  4. Push to the branch (git push origin my-new-feature)
  5. Create a new Pull Request
You can’t perform that action at this time.