Gutenberg Challenge Themeを使ってデザイン通りのページを作ってみよう
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
00_data Update landing-page.txt Jun 1, 2018
.gitignore commit Jul 21, 2018
LICENSE commit Jun 1, 2018
README.md
blocks.css
functions.php enable add_theme_support( 'wp-block-styles' ); Jul 20, 2018
index.php
style.css commit Jun 1, 2018

README.md

Gutenberg Challenge

Gutenbergを使ってイメージ通りのページを作ろう。

これはどんなもの?

Gutenbergの使い方を覚えたり、機能について理解を深めるために、実際に手を動かしてみましょう。 そのための材料としてこのリポジトリは作られました。 完成形のページをイメージし、Gutenbergを使って試行錯誤することで、Gutenbergでできること、まだGutenbergに足りないものが見えてくるはずです。 ぜひ一度挑戦してみてください!

大目に見てね

2018年1月6日に開催したWordBench京都&大阪勉強会で利用するためにスピード重視で作ったため至らぬ点が多々あると思います。 もっとオシャレなデザインや構成を作ってみたい!テーマをもっとカスタマイズしたい方は、好きなだけチャレンジしてみてください! Gutenbergの発展の一助となれば嬉しいです!

Gutenberg Challengeに必要な環境

WordPressがインストールされ、以下のプラグインがインストールされていること。

必要なプラグイン

Gutenberg Challengeの流れ

リポジトリをダウンロード

リポジトリをテーマディレクトリ内(/wp-content/themes/)に展開します。 https://github.com/onocom/gutenberg-challenge

完成予定のデザインをチェックする

00_data/step01_check-finish-design-data ディレクトリ内に完成予定のデザインが格納されています(PDF/PNG/XD形式どれを見てもらっても同じデザインです)。

使用する画像をWordPressのメディアライブラリに登録する

00_data/step02_import-images ディレクトリ内の画像をメディアライブラリにすべてアップロードします。

テーマを有効化する

Gutenberg Challenge テーマを有効化します。

Gutenbergエディターを使ってページを作る

完成予定のデザインを照らし合わせながら、Gutenbergの各ブロックを駆使してページを作りましょう。 Gutenbergだけでは完成形には出来ないと思うので、blocks.css内のクラスを適宜設定してあげてください。

完成例を見て、自分の作ったページと比べてみる

00_data/step99_finish-data ディレクトリ内の「finish-data.txt」を開き、すべての内容をコピーします。 その後、新規ページのコードエディターモードで貼り付けると、完成例を見ることが出来ます。自分が作ったページと比べてみましょう。

勉強会でこのテーマを使いたい!

ぜひぜひ!どうぞ好きに使って下さい。 Gutenberg Challenge を解説するためのページテンプレートを同梱したプラグインを以下で配布しているのでもしよければこちらを活用下さい。