Skip to content
No description, website, or topics provided.
HTML CSS Ruby JavaScript
Branch: dev
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
data
source
.gitignore 除外ファイル追加 Sep 1, 2019
.ruby-version
.scss-lint.yml
.travis.yml
CNAME
Gemfile
Gemfile.lock Add dev branch Aug 24, 2019
README.md
article_template.erb
config.rb
package-lock.json
package.json
sessions_template.erb
tips_template.erb
webpack.config.js

README.md

Product Manager Conference 2019 公式Webサイト

デザイン・コンテンツの更新対象と仕組み

デザインの変更

  • 以下のフォルダ内の各ファイルを編集することで、実施できます
pmconfjp2019/source/assets/images
pmconfjp2019/source/assets/stylesheets
pmconfjp2019/source/assets/javascripts
  • imagesフォルダには以下の画像も格納されます
    • speaker
    • sponsor
    • staff

コンテンツレイアウトおよび本文の変更

  • 以下のフォルダ内の .slim 拡張子のファイルを編集することで、実施できます
/pmconfjp2019/source`

コンテンツ内に埋め込んだデータ

  • 以下のフォルダ内の .yml 拡張子のファイルを編集することで、実施できます
pmconfjp2019/data
  • 管理している情報は以下の通りです
    • speaker(登壇者情報)
    • sponsor(スポンサー情報)
    • staff(実行委員)
    • job(スポンサー求人情報)

コンテンツ内に埋め込んだ記事の追加・更新

  • 記事のファイル名フォーマットは、YYYY-MM-DD-TITLE.html.md となっています。
    • 例) 2019-11-12-first-post.html.md
  • このファイル内では、以下のフォーマットに沿って記述する必要があります
    • ※dateはファイル名の日付と一致している必要があります。
  • 記事ファイル内のフォーマット

categoryに eventreport を指定すると、http://2019.sendaiitfes.org/articles/categories/eventreport.html に記事が表示されます。

Tipsの追加・更新

  • 以下のフォルダ内の各ファイルを編集することで、実施できます。
pmconfjp2019/source/tips
  • ファイル名は TITLE.html.md というフォーマットである必要があります。
    • 例) group-work-guide.md
  • ファイル内では以下のフォーマットに沿って記述する必要があります。
  • 記事ファイル内のフォーマット

ローカル環境の設定

ローカル環境の前提条件

  • Ruby 2.3.1
  • node
    • nvm や nodenv などを利用して導入するのがよい
    • npm install できればなんでも良い

ローカルで初期設定

リポジトリにディレクトリ直下で以下を実施

bundle install
npm install
gem install middleman
gem install rake -v 11.3.0

ローカルで起動する

bundle exec middleman build --verbose # ファイルのビルド
bundle exec middleman --verbose       # 起動
  • 上記のコマンドを実行すると起動ログの中にアクセスするURLが表示される
    • 例) http://localhost:4567

CI/CDの設定

  • 設定は .travis.yml に記載する
  • ファイル内に存在しない変数は2種類ある
    • Travis内で自動的に定義してくれる変数
      • 例) TRAVIS_BRANCH
    • secure:xxxxx で暗号化されているもの
      • 例) GH_TOKEN
      • 暗号化の方法については ここから
  • あとは公式のドキュメントをみたらだいたいわかる
You can’t perform that action at this time.