Skip to content
AWS-CDK sample templates
TypeScript JavaScript
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
bin
lambdaSources/demo_function
lib feat:tsをビルドしなくてもデプロイできるようにした Aug 22, 2019
.editorconfig
.gitignore
.npmignore
.pylintrc
README.md
cdk.json
package-lock.json
package.json
tsconfig.json
tslint.json
yarn.lock

README.md

AWS-CDK Sample Sources

AWSCDKのサンプルコード

サンプル

  • APIGateway + Lambda
  • KinesisDataStreams + Lambda
  • AppSync + DynamoDB
  • IoTCore + DynamoDB
  • S3

デプロイまでの流れ

  1. yarn build: TypeScriptのコンパイル
  2. cdk synth (${StackName}) --output ./output: (指定したStackの)CloudFormationのテンプレートファイルを書き出す。
  3. cdk diff: 差分を確認。
  4. cdk deploy (${StackName}): (指定したStackを)デプロイ実行

cdk synth を実行すれば、CloudFormationのテンプレートを確認することができるので、デプロイ実行する前に確認するほうが良い。

ディレクトリ

/bin

MainとなるTSファイル (このプロジェクトの場合は cdk-app.ts ) がある。

/lib

CloudFormationのStackとなるTSファイル (このプロジェクトの場合は cdk-stack.ts) がある。基本的にこのTSファイルを編集して、Cloudformationのテンプレートに変換する。

/lib/services

各サービスを作成する関数をそれぞれ分けて用意している。 サービス名/creator.ts 内にClassを用意しているので、StackとなるTSファイルからimportして使う。(ex: lambda_function/creator.ts)

/lambdaSources

Lambdaのソースコードなど。このディレクトリをターゲットにしてZipファイル作成し、Lambdaにデプロイしている。

You can’t perform that action at this time.