家庭用
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
private
public
.editorconfig
.gitignore
README.md
deploy-private.js
firebase.json
package-lock.json
package.json

README.md

家庭用システム

現状単なるメモ書くためのシステム。

構成

/private

実際に記事書いたりする管理画面。
非公開のドメインとか、ローカルとかに置いとくと良い。
よしんば公開上においても、firebaseの設定ちゃんとしておけば問題ない。
vueでフロントエンド書いて、そのままfirebase databaseにメモ等を保存する。
publishすると公開設定にしてあるfirebase storageに目次とファイルを作成する。

/public

文章を公開する場所。
firebase hostingで公開していて、firebase storageから目次と記事のjsonを読む。
単純な作りなのでvuexとか使ってない。↓が実際に公開してるやつ。
https://text.denkizakana.com

npm run scripts

npm run deploy-private

S3上の管理ページを上書きするやつ

npm run deploy-public

公開用ページを上書きするやつ

npm run config-cors

Google storageのCORSの設定をするコマンド
gsutilインストール必須。gcloud initも必要。

npm run config-cors <gs://みたいなストレージのアドレス>

で実行する。

設定情報

リポジトリに入れない設定ファイル。こんな感じで作るメモ。

/aws-config.js

deployするときに使うAWSの設定情報入れる。
絶対リポジトリに入れない。

module.exports = {
  api:{//AWSはIAM使ってS3だけにアクセスできるアカウント作るべき
    accessKeyId:"AWSのアクセスキー",
    secretAccessKey:"AWSのシークレットキー",
    region:"リージョン名"
  },
  bucketName:"S3のバケット名(ドメイン名になってるはず)"
};

/private/vue/src/lib/firebase-config.js

firebaseのアクセス情報。コレ自体は基本的に公開情報になってても良いはず。
(アクセス制限そのものはfirebaseのコンソールからGoogleのアカウントIDで設定してあるから)

export default {
  apiKey: "",
  authDomain: "",
  databaseURL: "",
  projectId: "",
  storageBucket: "",
  messagingSenderId: ""
};

↑のjsonはfirebaseのコンソールからWebで利用するみたいなリンク先からコピペできる。

/cors-config.json

Google storageのcors設定用json
gsutilのコマンドから使う
(npm run scriptのnpm run config-corsで実行するようにしてある)

[
  {
    "origin": ["http://localhost:8080"],
    "method": ["GET"],
    "maxAgeSeconds": 3600
  }
]