Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Lock-Free message queue for IPC

README.md

概要

  • FIFOキュー
    • unbounded
  • ロックフリー
    • 再入可能 かつ SIGKILLに対して安全
  • マルチプロセス間の通信(IPC)に使用可能
  • C++ヘッダライブラリ
  • プロジェクトページ: https://github.com/sile/ipc-msgque

バージョン

  • 0.1.2

対応環境

  • gccのver4.1以上
  • POSIX準拠のOS

ライセンス

  • MITライセンス
  • 詳細はCOPYINGファイルを参照

使用方法

  1. "include/imque/" をインクルードパスが通っているディレクトリにコピー
  2. #include <imque/queue.hh> でインクルード

API

namespace imque {
  // ロックフリーなFIFOキュー
  // マルチプロセス間で使用可能
  class Queue {
  public:
    // 親子プロセス間で共有可能なキューを作成する
    // shm_size は共有メモリ領域のサイズ (最大約256MB)
    Queue(size_t shm_size);

    // 複数プロセス間で共有可能なキューを作成する 
    // shm_size は共有メモリ領域のサイズ (最大約256MB)
    // filepath は共有メモリのマッピングに使用するファイルのパス
    Queue(size_t shm_size, const std::string& filepath, mode_t mode=0660);

    // キューが有効なら true, 無効なら false を返す
    operator bool() const;

    // 初期化メソッド。
    // キューを空に戻したい場合や、名前付きキュー用のファイルを使い回して明示的に初期化したい場合などに使用する。
    void init();

    // キューに要素を追加する (キューに空きがない場合は false を返す)
    // datav および sizev は count 分のサイズを持ち、それらを全て結合したデータがキューには追加される
    bool enqv(const void** datav, size_t* sizev, size_t count);

    // キューに要素を追加する (キューに空きがない場合は false を返す)
    bool enq(const void* data, size_t size);

    // キューから要素を取り出し buf に格納する (キューが空の場合は false を返す)
    bool deq(std::string& data);

    // キューが空なら true を返す
    bool isEmpty();

    // キューへの要素追加に失敗した回数を返す
    size_t overflowedCount() const;

    // キューへの要素追加失敗回数の取得と、カウントの初期化をアトミックに行う。
    size_t resetOverflowedCount() { return impl_.resetOverflowedCount(); }
  };
}

使用例(1)# 親子プロセスでキューを共有する場合

#include <imque/queue.hh>
#include <unistd.h>    // fork, getpid
#include <sys/types.h>
#include <stdio.h>     // sprintf
#include <string.h>    // strlen
#include <iostream>
#include <string>

int main(int argc, char** argv) {
  imque::Queue que(4096);
  if(! que) {
    return 1;
  }

  for(int i=0; i < 10; i++) {
    if(fork() == 0) {
      // child process
      char buf[1024]; 
      sprintf(buf, "Hello: %d", getpid());
      que.enq(buf, strlen(buf));
      return 0;
    }
  }

  // parent process
  for(int i=0; i < 10; i++) {
    std::string buf;
    while(que.deq(buf) == false);
    std::cout << "receive# " << buf << std::endl;
  }

  return 0;
}

使用例(2)# 独立したプロセス間でキューを共有する場合

/**
 * filename: msgque.cc
 */
#include <imque/queue.hh>
#include <unistd.h>    // getpid
#include <sys/types.h>
#include <stdio.h>     // sprintf
#include <string.h>    // strlen
#include <iostream>
#include <string>

#define SHM_FILE_PATH "/tmp/msgque.shm"
#define SHM_SIZE 4096

int main(int argc, char** argv) {
  if(argc != 2) {
  usage:
    std::cerr << "Usage: msgque init|enq|deq" << std::endl;
    return 1;
  }

  imque::Queue que(SHM_SIZE, SHM_FILE_PATH);
  if(! que) {
    std::cerr << "queue initialization failed" << std::endl;
    return 1;
  }

  std::string cmd=argv[1];
  if(cmd == "init") {
    std::cout << "# init: " << SHM_FILE_PATH << std::endl;
    que.init();
  } else if(cmd == "enq") {
    char buf[1024];
    sprintf(buf, "Hello: %d", getpid());

    if(que.enq(buf, strlen(buf))) {
      std::cout << "# enqueue: " << buf << std::endl;
    } else {
      std::cout << "# queue is full" << std::endl;
    }
  } else if(cmd == "deq") {
    std::string buf;
    if(que.deq(buf)) {
      std::cout << "# dequeue: " << buf << std::endl;
    }  else {
      std::cout << "# queue is empty" << std::endl;
    }
  } else {
    goto usage;
  }

  return 0;
}

サンプルコマンド

  • ルートディレクトリ make コマンドを実行することで各種サンプルコマンド(and テストコマンド)が bin/ にビルドされる
  • ソースファイルは src/bin/*.cc を参照
Something went wrong with that request. Please try again.