ADRSIR(ビットトレードワン製赤外線送受信機) 用のライブラリ
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
irdata
LICENSE
README.md
adrsirlib.py
ircontrol

README.md

adrsirlib

ビットトレードワン製 ADRSIR 用をPythonから簡単に使うためのライブラリです。  

ADRSIRとは

 Raspberry Piに取り付けて、Raspberry Piを学習リモコンにするという、ビットトレードワンの製品です。
 http://bit-trade-one.co.jp/product/module/adrsir/

ファイルについて

  • adrsirlib.py : ライブラリ本体
  • ircontrol   : ライブラリの使用例。コマンドライン上で簡単な操作を行えます。

ライブラリの説明

2つの関数があるだけです。

  • get(no)  指定した番号(0~19)のボタンでADRSIRが記憶している、赤外線データを取り込みます。
     結果は16進数の文字列に変換して返します。
  • send(ir_str_data)  get()で取得した赤外線データの文字列を、ADRSIRに赤外線送信させます。

ライブラリの簡単な使い方

import adrsirlib as ir
str = ir.get(0)  # ボタン0のデータを取り込む
ir.send(str)     # そのデータを赤外線送信する

ircontrolの使い方

./ircontrol <コマンド> [<オプション>...]

  • storeコマンド ADRSIRから赤外線データを取り込み、ファイルに保存します。
    オプションに、ボタン番号とファイル名を、0:filename のようにコロンで区切って指定します。複数指定できます。   例: ./ircontrol store 0:power 1:volume_up 2:volume_down
  • sendコマンド 保存した赤外線データを、ADRSIRに送信させます。   オプションには、保存したファイル名を指定します。1つだけ指定します。
    例: ./ircontrol send power
  • listコマンド 保存した赤外線データの一覧を表示します。
    例: ./ircontrol list

もしかしたら

Raspberry Pi 1では、adrsirlib.pyを書き換えないと動かないかも?

bus = smbus.SMBus(1)
↓
bus = smbus.SMBus(0)

参考文献

ビットトレードワンによる以下のブログ記事を参考にしました。
http://bit-trade-one.co.jp/blog/2017121302/

ライセンス

切ったり貼ったり、お好きに使ってください。 いちおうMITライセンスってしておきますが、著作権表記等も一切不要です。