Permalink
Browse files

校正:綺麗→きれい

  • Loading branch information...
mhidaka committed Dec 15, 2014
1 parent c0ce46e commit 9335e77a8c3f6214b97a61702a2ea0e5c44194a0
Showing with 3 additions and 3 deletions.
  1. +1 −1 articles/definition-file.re
  2. +1 −1 articles/prepared-to-typescript.re
  3. +1 −1 articles/types-advanced.re
@@ -1108,7 +1108,7 @@ DefinitelyTypedはGitHub上のリポジトリなので、追加・修正につ
1. CIが通っているか
2. npmまたはbowerに公開されている名前と同じになっているか 公開されていない場合は競合が発生しないか
3. テストが存在しているか
4. 幽霊モジュールを使ったほうが構造が綺麗になるか
4. 幽霊モジュールを使ったほうが構造がきれいになるか
だいたいこんな感じです。
@@ -193,7 +193,7 @@ File Watcherやgruntなどのツールでは、このrootとして設計した
* 必要があれば --out を設定
依存関係をtree状に綺麗に定義すると、結果としてファイルの出力を予想しやすくなります。
依存関係をtree状にきれいに定義すると、結果としてファイルの出力を予想しやすくなります。
#@# OK REVIEW muo: 「場合として」とは
なので、コンパイラに結合処理を任せてしまったほうが後で順番を手動で制御する作業をもう一回やるよりも楽です。
#@# OK REVIEW muo: concatは「結合作業」とか「結合」のほうがわかりよいのでは
@@ -399,7 +399,7 @@ var array = [1, true, "str"];
#@# OK REVIEW muo: キャプション、ひとつ上のコピペにしてない?
一番よくお目にかかるのは配列リテラルでしょうか。
TypeScript一般のベストプラクティスとして1つの配列で複数の型の値を扱わないほうが堅牢なコードになるため、綺麗なコードを書いている限りはあまり見ないかもしれません
TypeScript一般のベストプラクティスとして1つの配列で複数の型の値を扱わないほうが堅牢なコードになるため、きれいなコードを書いている限りはあまり見ないかもしれません
型注釈として関数を与える時は記法にちょっと気をつけないとコンパイルエラーになります(@<list>{union-types/syntax})。

0 comments on commit 9335e77

Please sign in to comment.