AppleScript置き場
AppleScript
Switch branches/tags
Nothing to show
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
OSVersionCheck.applescript
convertDate.applescript
deleteEmptyLine.applescript
display dialog handler.applescript
extractURL.applescript
getMyTempItemFolder.applescript
getTimeStamp.applescript
growl handler.applescript
growl handler2.applescript
makeList.applescript
plist handler.applescript
readme.md
replaceText.applescript
runningProcess.applescript
splitWord.applescript
unshiftList.applescript
useKeychain.applescript
windowResize.applescript
write text to file.applescript

readme.md

#growl handler.applescript

Growlのハンドラがあったら便利だと思い作成。

Growlがインストールされていないと、display dialogで表示します。

#growl handler2.applescript

growl handlerにURL Scheme機能を付けました。

#write text to file.applescript

変数をファイルに書き出します。

テキストエディットなどを使わずファイルが作成できます。

#deleteEmptyLine.applescript

指定されたテキストを改行ごとに配列に格納します。

空行は除外

#replaceText.applescript

delimitersを利用して検索&置換

#getMytemItemFolder.applescript

テンポラリフォルダをなければ作成

元からあれば何もせずそのフォルダの場所のエイリアスを返す

#makeList.applescript

テキストを指定語句で区切り配列に格納する

#convertDate

AppleScript独特の日付表記をyyyy/mm/dd形式に変換します

#runningProcess.applescript

指定した文字列のプロセスが起動していればtrueを返します。

#display dialog handler.applescript

display dialogに関するハンドラ。

answerとボタンの返り値を返します。

#useKeychain.applescript

パスワードをキーチェーンに保存して再利用します。

#OSVersionCheck.applescript

OSのバージョンの最後の数字だけを返します。

#splitWord.applescript

指定した文章を指定した文字数で区切り、配列に格納します。

#extractURL.applescript

HTMLソースから特定の語を含んだリンクを抽出