Skip to content
Permalink
Browse files
docs(ja): update ja docs
  • Loading branch information
kazupon committed Jul 29, 2017
1 parent 62b698c commit 14b899ec01adf9e98361d8854d285c1e55175ffd
Showing with 8 additions and 6 deletions.
  1. +1 −1 docs/ja/configurations/advanced.md
  2. +7 −5 docs/ja/options.md
@@ -8,7 +8,7 @@

そうするためには、`vue-loader` に `loaders` オプションを指定してください:

> メモ: `preLoaders` と `postLoaders` は 10.3.0 以上でのみサポートされます
> メモ: `preLoaders` と `postLoaders` は 10.3.0 以降でのみサポートされます
### Webpack 2.x

@@ -64,14 +64,14 @@ module.exports = {
### preLoaders

- 型: `{ [lang: string]: string }`
- 10.3.0 以上でサポートされます。
- 10.3.0 以降でサポートされます。

config 形式は `loaders` と同じですが、`preLoaders` はデフォルト loader の前に対応する言語ブロックに適用されます。これを使用して言語ブロックを前処理することができます。一般的な使用例としては、i18n のビルド時です。

### postLoaders

- 型: `{ [lang: string]: string }`
- 10.3.0 以上でサポートされます。
- 10.3.0 以降でサポートされます。

config 形式は `loaders` と同じですが、` postLoaders` はデフォルト loader の後に適用されます。これを使用して言語ブロックを後処理することができます。ただしこれは少し複雑になります:

@@ -80,7 +80,7 @@ module.exports = {

### postcss

> メモ: 11.0.0 以上では代わりに PostCSS の設定ファイル推奨されています。[使用法は `postcss-loader` と同じです](https://github.com/postcss/postcss-loader#usage)。
> メモ: 11.0.0 以降では代わりに PostCSS の設定ファイル推奨されています。[使用法は `postcss-loader` と同じです](https://github.com/postcss/postcss-loader#usage)。
- 型: `Array` もしくは `Function` か `Object`

@@ -123,10 +123,12 @@ module.exports = {
### esModule

- 型: `boolean`
- デフォルト: `false`
- デフォルト: `true` (v13.0以降)

esModule 互換コードを発行するかどうか。デフォルトの vue-loader のデフォルトの出力は `module.exports = ....` のような commonjs 形式で発行します。 `esModule` が true にセットされているとき、デフォルトの出力は `exports.__esModule = true; exports = ...` にトランスパイルされます。TypeScript のような Babel 以外の transpiler との相互運用に役立ちます。

> バージョンメモ: v12.x までは、デフォルトは `false` です。
### preserveWhitespace

- 型: `boolean`
@@ -251,7 +253,7 @@ module.exports = {

### optimizeSSR

> 12.1.1 で追加
> 12.1.1 で新規追加
- 型: `boolean`
- デフォルト: webpack 設定が `target: 'node'` でかつ `vue-template-compiler` が バージョン 2.4.0 以上であれば、`true`

0 comments on commit 14b899e

Please sign in to comment.