Skip to content
master
Switch branches/tags
Go to file
Code

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
cgi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

vrchat-time-shaders

Utility shaders to implement time-related stuffs in VRChat.

Demo

The demo world is available here!

How to Use

  1. Import the latest VRChat SDK to your Unity scene.
  2. Import this package
  3. Place vrchat-time-shaders/Prefabs/VTS_Panorama in the scene.
  • You may want to change its layer so that it will be invisible for others.
  • You can change the timezone by adding ?timezone=[hour] to the Panorama's URL. The default is timezone=9 (JST).
  1. Place the clock Prefab(s) in vrchat-time-shaders/Prefabs/Models.
  • You don't have to place multiple VTS_Panorama, even if you place multiple clock Prefabs.
  • You can check its behavior by "Play" the scene.

Table of Contents

  • assets: Textures and shaders used in the package
  • cgi: The Panorama API
    • Currently the API is provided on y23586.net, but you can host your own backend on your server by using this script.
  • unity-packages: The Unity package for VRChat world projects
  • docs: The WebPanel API

時間に関係するちょっとしたオブジェクトをVRChatに追加するパッケージです。

デモ

このワールドで動作を確認できます。

使い方

  1. 最新のVRChat SDKを導入する。
  2. このパッケージを導入する。
  3. vrchat-time-shaders/Prefabs/VTS_Panoramaをどこでもいいのでシーンに配置する。
  • 見えるのが気になる場合はRefernce CameraのCulling Maskから適当に除外してください。
  1. vrchat-time-shaders/Prefabs/Models内のお好みの時計を配置する。
  • 時計の数にかかわらずVTS_Panoramaは1個だけ配置すれば動作します。
  • Unityの"Play"ボタンを押すと簡易的な動作確認ができます。
    • Play後にVTS_Panoramaに何らかの画像がロードされれば正常に動作しています。
    • このパッケージは_Time変数を使用しているため、仕様上Unity上では時刻にズレが生じます。この場合でもVRChat内では正常に表示されるはずです。

詳細はWikiをご参照ください。

内容物

  • assets: パッケージ内で使用されているテクスチャ・シェーダ
  • cgi: パノラマ用画像生成スクリプト
    • 現在はy23586.netでAPIを提供しているためサーバを用意する必要はありませんが、このスクリプトをサーバに配置すれば自前でAPIを提供できます。
  • unity-packages: Unityパッケージ本体
  • docs: VRC_WebPanel経由でアクセスするAPIページ

About

Utility shaders to implement time-related stuffs in VRChat

Resources

License

Packages

No packages published