HTTP proxy for 2ch.net to convert the dat format.
Prolog Shell
Clone or download

README.md

2chproxy.pl

2chproxy.plとは?

 APIでスレ取得ができない2ch専用ブラウザのためのhtml→dat変換フロントエンドです。
 proxyとして動作し、JD、navi2ch、rep2 等に対応しています。

導入方法

ubuntu14.04LTS の場合。

事前に必要なパッケージを導入。

 すでに必要なパッケージが入っていれば実行する必要はありません。

sudo apt-get install git libhttp-daemon-perl liblwp-protocol-https-perl libyaml-tiny-perl

ダウンロード

git clone https://github.com/yama-natuki/2chproxy.pl.git

 次回からは作成されたディレクトリ、 2chproxy.pl/ に移動し、

git pull

すれば更新されます。

インストール(JDユーザー向け)

 作成されたディレクトリ、 2chproxy.pl/ に移動し、

./install.sh

すれば自動でインストールからJDの設定までしてくれます。

あとはリログし、JDのアイコンをクリックするだけです。

設定

2chproxy.pl 内を参照。

コンフィグファイルで設定する

 設定を別ファイルに記述しておく事ができる。別にしておけば 2chproxy.pl を更新するたびに 設定をやり直さなくて済む。

 記述の仕方は YAML形式 で記述していく。 同梱の sample.yml を参照。

 使用する場合は、

./2chproxy.pl --config ~/.2chproxy.yml

などとして設定ファイルの場所を指定して起動。


手動で弄る場合

起動方法

 2chproxy.pl というディレクトリが作成されるので、その中の 2chproxy.pl を直接起動させるか、~/bin/ 等にコピーして使う。

jd.sh

 同梱の jd.sh はJDを起動する前に 2chproxy.pl を起動させるシェルスクリプト。

 使う場合は、

    PROXY="$HOME/bin/2chproxy.pl"  
    JD="/usr/bin/jd"

の二つを自分の環境に合わせて変更。

jd.desktop

 同梱の jd.desktop はGUIからJDを起動する前に 2chproxy.pl を起動させるデスクトップエントリ。

 使う場合は、jd.desktop ファイルを ~/.local/share/applications/ に コピーし、

Exec=$HOME/2chproxy.pl/jd.sh

の行を、 jd.sh の絶対pathに変更。

JDの設定

 設定→ネットワーク→プロキシ で2ch読み込み用のみ設定する。書き込みはプロキシを使用しない。

 また場合によっては高度な設定で 2chにアクセスするときのエージェント名や、2chのクッキーを見直す。

 ディストリ提供のJDがsegfaultで起動しない場合は こちら を試してみてください。

変更点

 細かい変更点は コミットログ を参照。