Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
47 lines (34 sloc) 2.6 KB

最初にお読みください

これは、レベル感の 希望的観測 や 謙遜 のためにやるのではなく、あくまでも 自己紹介タイムの効率化 を目的として行っている取り組みです。

そのため、「初めて会う相手に自分のことを説明するときに一番適切なのはどれか?」を観点として選んでもらいたいと思っているので、どうかその点をご理解ください。

ご自身がどれにあたるかを考えたとき、説明が不明瞭だったり不適切だと思われた際には、ぜひお気軽にコメントを書いていただけると嬉しいです。

各技術のステータス

Rails 4.0

ステータス1: たね(種)

プログラミングも Web アプリも、今回の勉強会でさわるのがはじめての経験、もしくはそれに近い状態。

ステータス2: ふたば(双葉)

  • 今までに、何らかの言語やフレームワークをさわったことがある。
  • でも、まだ 1 に近い状態。

ステータス3: ほんば(本葉)

  • 今までに、何らかの言語やフレームワークを使用したことがある。
  • どの知識も丸暗記状態で それぞれ理解している感じはまだしない。

ステータス4: つぼみ

  • 今までに、何らかの言語やフレームワークを使用したことがある。
  • 規模に関係なく、自分のアイディアで何らかの Web アプリを作ったことがある。
  • 基礎的な部分なら、質問されても答えられる。

ステータス5: 花

  • Rails チュートリアルに出てくるレベルの技術はしっかりと理解できている。

Git, Github(BitBucket の経験も加味してください)

ステータス1: たね(種)

今回の勉強会でさわるのがはじめての経験、もしくはそれに近い状態。

ステータス2: ふたば(双葉)

  • 自分のコードを保管するために使ったことがある。
  • add commit push を使ったことがある。

ステータス3: ほんば(本葉)

  • 会社もしくは他グループなどで、複数人で使ったことがある。
  • ブランチを使ったことがあり、基本的な使い方でなら複数人とでもコードの管理ができる。

ステータス4: つぼみ

  • 会社もしくは他グループなどで、複数人で使ったことがある。
  • Conflict を解決できる。

ステータス5: 花

勤め先で「新人エンジニアに Git の研修をやってもらいたい」と言われたら、なんとか出来そうな気がする。