Skip to content
Ansible Playbooks for OpenStack Grizzly
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
filter_plugins
group_vars
playbooks
sample_hosts
.gitignore
README.md
ansible.cfg
site.yml

README.md

Ansible Playbooks for OpenStack Grizzly

吉山 あきら akirayoshiyama@gmail.com

本ツールは OSS のオーケストレーションツール「Ansible」 (http://ansible.cc/ )を使って OpenStack Grizzly 環境をインストールする ためのレシピ(Ansible のPlaybook)集です。

本ツールは Darragh O'Reilly の quantum-ansible リポジトリ (https://github.com/djoreilly/quantum-ansible )と Lorin Hochstein の openstack-ansible-modules (https://github.com/lorin/openstack-ansible-modules )をベースに、主に 以下の変更を加えています。

  • Playbook 群のロール的な整理(非ロール)
  • ネットワーク設定の完全自動化
  • サーバタイプの見直し(frontend, controller, network_gateway, compute_backend, volume_backend)
  • オールインワン~5サーバタイプへの柔軟な対応
  • OSアカウント整備、他

環境要件

  • Ansible 1.2 以降
  • メモリ 2GB 以上の x86-64 マシン(1台以上)
  • Ubuntu 12.04.2
  • インターネットに接続可能な環境(HTTP プロキシ使用可能)

ネットワーク環境

以下の2セグメントが存在するネットワーク環境を想定しています。

  • 外部 LAN (External LAN)
    エンドユーザが VM や OpenStack Dashboard/API にアクセスする為の LAN
  • 内部 LAN(Internal LAN)
    OpenStack のコンポーネント群が内部通信に使用する為の LAN

レシピ上、インストール対象の x86-64 マシンに2つのネットワーク・インター フェース(NIC)があり、それらが以下の通りに接続されている事を想定していま す。

  • NIC#1 → 内部 LAN
  • NIC#2 → 外部 LAN

なお、現在のレシピは Ansible 実行マシンとインストール先のマシン群が内部 LAN で接続されている必要があります。外部 LAN で接続されている場合、ネッ トワークゲートウェイの NIC 設定で通信が切断されてしまい、レシピ実行が失 敗します。

インストール手順

1 は全マシン、2 以降は Ansible 実行マシン上で実施します。

  1. x86-64 マシンに Ubuntu 12.04.2 をインストールします。 外部 LAN ・ 内部 LAN 共に DHCP でも構いませんが、DHCP を使用しない場合はOS イン ストール時に各ネットワークのパラメータを設定する必要があります。

  2. Python の開発環境と pwgen をインストールします。

    sudo apt-get install -y python-dev pwgen
    
  3. git で ansible をインストールします。

    git clone https://github.com/ansible/ansible.git
    cd ansible
    python setup.py build
    sudo -E python setup.py install
    
  4. 本ツールを展開します。

    git clone https://github.com/yosshy/openstack-ansible.git
    cd openstack-ansible
    
  5. /etc/hosts に OpenStack インストール先サーバの設定を行います。この 際、各ホストに設定する IP アドレスは内部LAN用である必要があります。

  6. sample_hosts/* を参考に、トップディレクトリに ansible_hosts ファイ ルを作成します。* はそれぞれ以下の構成例です。

    • all-in-one : 1サーバ構成(オールインワン)
    • 2roles : 制御ノード+VMホスト構成
    • 3roles : 制御ノード+VMホスト+ネットワークゲートウェイ構成
    • 5roles : 制御ノード、VMホスト、ネットワークゲートウェイ、フ ロントエンド(API等)、ボリュームホスト構成

    以下は 2roles の例です。

    [controller]
    ansible2        ←インストール先ホスト名
    
    [compute_backend]
    ansible3        ←インストール先ホスト名
    ansible4        ←インストール先ホスト名
    ansible5        ←インストール先ホスト名
    ansible6        ←インストール先ホスト名
    
    [frontend:children]
    controller      ←controller を継承(ansible2)
    
    [network_gateway:children]
    controller      ←controller を継承(ansible2)
    
    [volume_backend:children]
    controller      ←controller を継承(ansible2)
    
  7. group_vars/all の設定項目を設定します。 以下のパラメータは利用環境 に合わせて修正して下さい。他のパラメータはデフォルト値で構いません。

    network_gateway: 192.168.0.254
    network_dns: 192.168.0.254
    http_proxy: http://192.168.12.1:8123/
    

    以下の項目が未設定の場合、Playbook 実行中に値を適当に設定しますが、 更新された all ファイルを途中でリロードする機能が Ansible に無い ので、一旦実行が止まります。再実行して下さい。

    root_db_password
    keystone_db_password
    glance_db_password
    nova_db_password
    quantum_db_password
    cinder_db_password
    nova_identity_password
    ec2_identity_password
    swift_identity_password
    quantum_identity_password
    cinder_identity_password
    admin_token
    admin_password
    primary_controller_host
    primary_frontend_host
    controller_ip
    frontend_int_ip
    frontend_ext_ip
    
  8. Ansible を実行します。

    ansible-playbook site.yml
    

    SSH パスワードを聞かれるので入力します。sudo パスワードも聞かれます が、デフォルト値が SSH パスワードになっているのでそのまま Enter で 構いません。

    SSH パスワード、sudo パスワードが不要な場合、ansible.cfg ファイル中の 当該パラメータの値を False にして下さい。

謝辞

本ツールの作成にあたりお世話になった以下の方々に御礼申し上げます。

  • quantum-ansible リポジトリのメンテナ Darragh O'Reilly。 Darragh の作品無しでは本ツールは有り得なかったでしょう。
  • openstack-ansible-modules リポジトリのメンテナ Lorin Hochstein。 Glance/Keystone 用 Ansible モジュールを使わせて頂きました。
  • Ansible 開発元の AnsibleWorks。 Ansible は使いやすく、希少な OSS オーケストレーションツールです。
  • OpenStack コミュニティ。 素晴らしい OSS クラウド基盤をありがとう。
You can’t perform that action at this time.