Skip to content
Local proxy tool in Java
Java
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.circleci
LICENSES
assets/images
gradle/wrapper
installer
src
.gitignore
CONTRIBUTING.md
LICENSE
README.en.md
README.md
build.gradle
gradlew
gradlew.bat
settings.gradle

README.md

PacketProxy

CircleCI

PacketProxyとは?

PacketProxyは、HTTP/HTTPS通信だけでなく、より低レイヤーのTCP/UDPを利用したバイナリ通信にも対応した、オープンソースのローカルプロキシツールです。

個人や社内の内部アプリケーションの開発補助や脆弱性診断での利用を目的にしています。

スクリーンショット

ScreenShot

特徴

  • ローカルプロキシツールとしての主要な機能が備わっています
    • 到着パケットの履歴の表示・フィルタ
    • パケットデータの表示・検索・変換・Diff
    • インターセプト
    • 加工して再送
  • HTTP/HTTPS通信だけでなく、より低レイヤーのTCP/UDP通信にも対応しています
    • メジャーなプロトコル(HTTP、HTTPS、WebSocket、FireBase、MQTT、Protocol Buffers、MessagePack、CBOR)はビルトイン済み(増やす予定あり)
    • 新しいプロトコル(例:特定ゲームの独自通信プロトコル等)への拡張が簡単
  • 脆弱性診断で利用できる便利な機能を用意しています
    • パケットを連続して同時に送信する機能(同時複数送信)
    • 内容の異なるパケットを同時に送信する機能(バルク送信)
    • 自己署名証明書によるHTTPS通信をMITMできてしまうかチェックする機能
    • DNSサーバが内蔵されており、DNS書き換えによるパケットのフォワード機能
    • SQLiteで現在のプロジェクトの保存・読込する機能
    • WindowsとmacOSに対応

インストール

ダウンロードページより、各OS用のイメージをダウンロードしてインストールしてください。

使ってみる

利用者のページをみてください。

開発する

新しいプロトコル(例:特定ゲームの独自通信プロトコル等)への拡張を開発したい場合や、PacketProxyの本体を開発したい場合は 開発者のページ をみてください。

ライセンス

Apache License 2.0

You can’t perform that action at this time.