2018年3月~4月にかけて Akka (Java版) の勉強をした時に作成したサンプルコード集
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.mvn/wrapper
images
src
.gitignore
LICENSE
README.md
STUDY-MEMO-201803-04.md
custom-application.conf
mvnw
mvnw.cmd
pom.xml

README.md

study-akka-201803

2018年3月~4月にかけて Akka (Java版) の勉強をした時に作成したサンプルコード集

Akka入門

  • Akka とは
    • Lightbend社が開発した、並行・分散アプリケーション開発用の「アクター」ベースのツールキット。
  • Akkaにおける「アクター」とは
    • 非同期メッセージングに応じた処理を行う軽量プロセス。
    • スレッドではなく、スレッド上で動作するワーカーみたいなもの。
    • スレッド上で、メッセージキューの出入りに応じて動作するアクターを切り替えていく。
      • そのためCPUやOSによるスレッド数の上限に縛られず、数万~百万単位のアクターを動かすことが可能となる。
  • Scala版 / Java版の両方が提供されている。

公式サイト

入門者向けチュートリアル

公式ドキュメントの Introduction や Getting Started から入門者向けの概要・チュートリアルなどを参照できる。

筆者個人の感想だが、公式のイントロダクションやチュートリアルが分かりやすかったので、英語ではあるが素直にこれらを読んで独習していくのがオススメ。

勉強メモなど

requirement

  • Java8

開発環境

  • JDK >= 1.8.0_92
  • Eclipse >= 4.5.2 (Mars.2 Release), "Eclipse IDE for Java EE Developers" パッケージを使用
  • Maven >= 3.3.9 (maven-wrapperにて自動的にDLしてくれる)
  • ソースコードやテキストファイル全般の文字コードはUTF-8を使用

ビルドと実行

jarファイルをビルドして実行すると、コンソール上で動作するサンプルコードの一覧が表示されるので、動かしたいサンプルコードの番号を入力してください。サンプルコードの中身については対応するソースコードを参照してください。

cd study-akka-201803/

ビルド:
mvnw package

jarファイルから実行:
java -jar target/study-akka-201803-xxx.jar
--------------------
Welcome to akka demos!!
Demo No.[0] - akkastudy201803.demo.TickTackSchedulerDemo
(...)
Enter demo number (exit for -1):(動かしたいサンプルコードの番号を入力してENTER)
--------------------

Mavenプロジェクトから直接実行:
mvnw exec:java

Eclipseプロジェクト用の設定

https://github.com/SecureSkyTechnology/howto-eclipse-setupsetup-type1 を使用。README.mdで以下を参照のこと:

  • Ecipseのインストール
  • Clean Up/Formatter 設定
  • GitでcloneしたMavenプロジェクトのインポート