Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Browse files

polished.

  • Loading branch information...
commit 8ec780f3421cb45a78bfc6e2de966cd8a040437b 1 parent 80b91e8
mits authored
Showing with 116 additions and 222 deletions.
  1. +9 −12 lang/ja/docs/README.txt
  2. +1 −1  lang/ja/docs/background.html
  3. +3 −3 lang/ja/docs/credits.html
  4. +1 −1  lang/ja/docs/cvs.html
  5. +2 −7 lang/ja/docs/faq.html
  6. +1 −1  lang/ja/docs/features.html
  7. +1 −1  lang/ja/docs/files.php
  8. +2 −2 lang/ja/docs/future.html
  9. +2 −3 lang/ja/docs/install.html
  10. +8 −5 lang/ja/docs/installamp.html
  11. +1 −1  lang/ja/docs/intro.html
  12. +2 −46 lang/ja/docs/licence.html
  13. +9 −12 lang/ja/docs/module_files.txt
  14. +3 −3 lang/ja/docs/other.html
  15. +1 −1  lang/ja/docs/philosophy.html
  16. +1 −1  lang/ja/docs/release.html
  17. +1 −1  lang/ja/docs/teacher.html
  18. +2 −2 lang/ja/docs/upgrade.html
  19. +1 −1  lang/ja/moodle.php
  20. +9 −12 lang/ja_utf8/docs/README.txt
  21. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/background.html
  22. +3 −3 lang/ja_utf8/docs/credits.html
  23. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/cvs.html
  24. +9 −14 lang/ja_utf8/docs/faq.html
  25. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/features.html
  26. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/files.php
  27. +2 −2 lang/ja_utf8/docs/future.html
  28. +2 −3 lang/ja_utf8/docs/install.html
  29. +14 −11 lang/ja_utf8/docs/installamp.html
  30. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/intro.html
  31. +3 −47 lang/ja_utf8/docs/licence.html
  32. +9 −12 lang/ja_utf8/docs/module_files.txt
  33. +3 −3 lang/ja_utf8/docs/other.html
  34. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/philosophy.html
  35. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/release.html
  36. +1 −1  lang/ja_utf8/docs/teacher.html
  37. +2 −2 lang/ja_utf8/docs/upgrade.html
  38. +1 −1  lang/ja_utf8/moodle.php
21 lang/ja/docs/README.txt
View
@@ -1,16 +1,15 @@
-Moodle documentation
+Moodle�ɥ�����ơ������
--------------------
-If you want to translate this documentation into another language,
-I would suggest that you:
+���ʤ��������Υɥ�����ơ�������¾�θ������������硢
+���������Ƥ���Ƥ��ޤ�:
- 1) don't include English versions of the files in this directory
- because they will be used automatically anyway if it is missing
- from your language pack.
+ 1) ���ʤ��θ��ѥå������Ĥ���ʤ���硢�Ѹ�С������Υե����뤬��ưŪ��
+ ���Ѥ���뤿�ᡢ�Ѹ�С������Υե�����򤳤Υǥ��쥯�ȥ������ʤ��Ǥ��������
- 2) translate them in this order (starting with the important ones):
+ 2) ���ե�����ϲ����ν��֤�����Ƥ������ ( �����٤��⤤��Τ���ǽ�� ):
- MOST IMPORTANT
+ �����٤��ǹ�
|-------------------
|
| - files.php
@@ -41,8 +40,6 @@ I would suggest that you:
| - license.html
|
|-------------------
- LEAST IMPORTANT
-
- 3) Please don't translate credits.html at all - it changes too much.
-
+ �����٤�����
+ 3) credits.html������ʤ��Ǥ������ - ���Υե���������ˤ˹�������ޤ���
2  lang/ja/docs/background.html
View
@@ -26,7 +26,7 @@
<p>2003年、付加的な有償サポート、管理ホスティング、コンサルティングおよびその他のサービスを提供するために、会社組織<a href="http://moodle.com/" target="_top">moodle.com</a>が設立されました。</p>
<p>Moodleに関する今後の計画は<a href="?file=future.html">未来</a>をご覧ください。</p>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
6 lang/ja/docs/credits.html
View
@@ -20,7 +20,7 @@
<p>多くの時間、および現在も継続している時間を、Moodleコードの記述とMoodle発展の手助けに提供してくださった方々に、私達全員から心より感謝を捧げたいと思います。下記は、Moodleの開発がどのようなものであるか「理解している」方々のリストです。この方々がいなければ、Moodleは遥かに劣ったものとなっていたことでしょう。</p>
<blockquote>
<p>
- <strong> Eloy Lafuente (stronk7), Ray Kingdon, Williams Castillo, Petri Asikainen, Henrik Kaipe, Zbigniew Fiedorowicz, Gustav Delius, Thomas Robb, Janne Mikkonen, Jon Papaioannou (pj), Scott Elliott, Shane Elliott, Roberto Pinna (Bobo), Mike Churchward, Petr �koda (skodak), Penny Leach, Martin Langhoff</strong></p>
+ <strong> Eloy Lafuente (stronk7), Ray Kingdon, Williams Castillo, Petri Asikainen, Henrik Kaipe, Zbigniew Fiedorowicz, Gustav Delius, Thomas Robb, Janne Mikkonen, Jon Papaioannou (pj), Scott Elliott, Shane Elliott, Roberto Pinna (Bobo), Mike Churchward, Petr xI滄oda (skodak), Penny Leach, Martin Langhoff</strong></p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
@@ -244,8 +244,8 @@
</p>
</blockquote>
</blockquote>
- <p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+ <p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</blockquote>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja/docs/cvs.html
View
@@ -209,7 +209,7 @@
<p align="center">グッドラック、気を付けて楽しんでください!</p>
</blockquote>
<br />
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
9 lang/ja/docs/faq.html
View
@@ -20,14 +20,12 @@
使ってフォーラム内を検索してください。
答えが見つからない場合は、適切なフォーラムに問題を投稿してください - 通常は誰かが助けてくれます。</p>
-
<p class="normaltext">
様々な方法を試してみても問題が解決しない場合で、ファイアーウォールの背後でMoodleを動かしている場合は、必須の機能または
必要なコミュニケーションをブロックしないように、ファイアーウォールを再設定されることをお勧めします。
ファイアーウォールがMoodleに影響を及ぼすことはほとんどありませんが、ファイアーウォールの設定ミスにより
Moodleの機能に影響を及ぼすことがあります。
-
<p class="normaltext">該当する答えを閲覧する時は下記のリンクをお使いください:</p>
<p class="questionlink"><a href="#filenotfound">アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</a></p>
@@ -64,7 +62,6 @@
<p class="questionlink">&nbsp;</p>
-
<h3><a name="filenotfound"></a>アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</h3>
<p class="answer">例えば: Not Found: The requested URL /moodle/file.php/2/myfile.jpg was not found on this server. と表示される場合。</p>
@@ -157,7 +154,6 @@
<p class="answer">&nbsp;</p>
-
<h3><a name="sessiontmp"></a>session_startに関するエラーメッセージが表示され続けます。</h3>
<p class="answer">下記のようなエラーが表示される場合は:</p>
@@ -274,7 +270,6 @@
<p class="answercode">&nbsp;</p>
-
<h3><a name="locale"></a>なぜ、Moodleサイトが正確に時間と日付を表示しないのですか?</h3>
<p class="answer">各言語は、日付を正確に表示するために、特定の言語コード(<strong>ロケール</strong>コードと呼ばれます)を必要とします。
@@ -310,7 +305,7 @@
<p align="right"><strong><em>このFAQの整備にご協力頂いたJohn Eyre氏に感謝します。</em></strong></p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id: faq.html,v 1.6 2003/03/30 13:54:28
@@ -318,4 +313,4 @@
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja/docs/features.html
View
@@ -144,7 +144,7 @@
</ul>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
2  lang/ja/docs/files.php
View
@@ -15,7 +15,7 @@
$string['-installation'] = "管理";
$string['install.html'] = "インストール";
$string['faq.html'] = "インストール FAQ";
-$string['installamp.html'] = "アパッチ、MySQL、PHP";
+$string['installamp.html'] = "Apache、MySQL、PHP";
$string['upgrade.html'] = "アップグレード";
$string['-usage'] = "Moodleの利用";
4 lang/ja/docs/future.html
View
@@ -55,6 +55,6 @@
</blockquote>
<p align="center">&nbsp;</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
-</body>
+</body>
5 lang/ja/docs/install.html
View
@@ -222,7 +222,6 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="data"></a>4.3
</blockquote>
-
<h3 class="sectionheading"><a name="admin"></a>5. 設定を続けるために管理画面に移動</h3>
<blockquote>
<p>前のステップで <strong>config.php</strong> が正常に作成された後は、あなたのサイトの表紙にアクセスすると残りの設定を行うために「管理」画面に移動します。</p>
@@ -345,6 +344,6 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="course"></a>7.
<p align="center"><strong>Moodleを気に入ってくださった場合は、私たちの費用を補助するために<a href="http://moodle.org/donations/" target="_blank">寄付</a>をお考えください! </strong></p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
-</body>
+</body>
13 lang/ja/docs/installamp.html
View
@@ -1,10 +1,13 @@
+<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
+ "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
+<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<title>Moodle Docs: Installing PHP and MySQL</title>
- <link rel="stylesheet" href="docstyles.css" type="TEXT/CSS">
- <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
+ <link rel="stylesheet" href="docstyles.css" type="TEXT/CSS" />
+ <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP" />
</head>
-<body bgcolor="#FFFFFF">
+<body>
<h1>Apache、MySQLおよびPHPのインストール</h1>
<blockquote>
<p>Moodleはと呼ばれるスクリプト言語によって作成され、ほとんどのデータはデータベースに保存されます。Moodleを使用する上での推奨データーベースはMySQLです。 Before installing Moodleをインストールする前に稼動中のウェブサーバ上でPHPとデータベースが動作するようにしてください。これらのパッケージは平均的なコンピュータユーザにとって難しい設定が必要です。このページでは異なるプラットフォームでも 設定を行うことができるように、できる限りシンプルに説明を記述しています。</p>
@@ -92,8 +95,8 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja/docs/intro.html
View
@@ -21,7 +21,7 @@
</blockquote>
<p><br />
</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
48 lang/ja/docs/licence.html
View
@@ -37,24 +37,17 @@
GNU 一般公有使用許諾書
=======================
-
-
1991 年6 月,バージョン2
Copyright (C) 1989,1991 Free Software Foundation, Inc.
675 Mass Ave, Cambridge, MA 02139, USA
-
-
何人も、以下の内容を変更しないでそのまま複写する場合に限り、本使用許諾書を複製し
たり頒布することができます。
-
-
はじめに
--------
-
ほとんどのソフトウェアの使用許諾は、ソフトウェアを共有し、変更するユーザの自由を
奪うことを意図しています。それに対して、我々のGNU 一般公有使用許諾は、フリー・ソ
フトウェアを共有したり変更する自由をユーザに保証するためのもの、即ちフリー・ソフ
@@ -105,12 +98,9 @@
複写・頒布・変更に対する正確な条項と条件を次に示します。
-
-
GNU 一般公有使用許諾の下での複製、頒布、変更に関する条項と条件
==============================================================
-
1. 本使用許諾は、本一般公有使用許諾の各条項に従って頒布されるという著作権者か
らの告知文が表示されているプログラムやその他の作成物に適用されます。以下に
おいて「プログラム」とは、そのようなプログラムや作成物を指すものとし、また、
@@ -120,14 +110,12 @@
ます。(以下、言語変換は「変更」という用語の中に無条件に含まれるものとします。)
本使用許諾によって許諾を受ける者を「あなた」と呼びます。
-
複製、頒布、変更以外の行為は本使用許諾の対象としません。それらは本使用許諾
の範囲外です。「プログラム」を実行させる行為に関して制約はありません。「プ
ログラム」の出力は、( 「プログラム」を実行させて作成させたかどうかとは無関
係に) その内容が「プログラム生成物」である場合に限り本使用許諾の対象となり
ます。これが当てはまるかどうかは、「プログラム」が何をするものかに依ります。
-
2. あなたは、どのような媒体上へ複製しようとする場合であっても、入手した「プロ
グラム」のソース・コードをそのままの内容で複写した上で適正な著作権表示と保
証の放棄を明確、且つ適正に付記する場合に限り、複製又は頒布することができま
@@ -137,7 +125,6 @@
することができます。また、あなた独自の保証を行なう場合はそれを有償とするこ
とができます。
-
3. 次の各条件を全て満たしている限り、あなたは、「プログラム」又はその一部分を
変更して「プログラム生成物」とすることができ、さらに、変更版や右作成物を上
記第 2 項に従って複製又は頒布することもできます。
@@ -181,7 +168,6 @@
ならない他のプログラムとを、単に保管や頒布のために同一の媒体上にまとめて記
録したとしても、本使用許諾は他のプログラムには適用されません。
-
4. あなたは、以下のうちいずれか1 つを満たす限り、上記第2 項および第3 項に従って
「プログラム」(又は、上記第3 項で言及している「プログラム生成物」)をオブジェ
クト・コード又は実行可能な形式で複製および頒布することができます。
@@ -201,7 +187,6 @@
記の (b) 項に基づいて、オブジェクト・コード或いは実行可能形式のプログラム
しか入手していない場合に限り適用される選択項目です。)
-
なお、ソース・コードとは、変更作業に適した記述形式を指します。また、実行可能
形式のファイルに対応するソース・コード一式とは、それに含まれる全モジュールに
対応する全てのソース・コード、およびあらゆる関連のインタフェース定義ファイル、
@@ -216,7 +201,6 @@
等なアクセス権を賦与すれば、たとえ第三者にオブジェクト・コードと共にソースの
複製を強いなくとも、ソース・コードを頒布したものとみなします。
-
5. 本使用許諾が明示的に許諾している場合を除き、あなたは、「プログラム」を複製、
変更、サブライセンス、頒布することができません。本使用許諾に従わずに「プログ
ラム」を複製、変更、サブライセンス、頒布しようとする行為は、それ自体が無効で
@@ -225,7 +209,6 @@
第三者は、本使用許諾に完全に従っている場合に限り、引続き有効な使用権限を持つ
ものとします。
-
6. あなたはまだ同意の印として署名していないので、本使用許諾を受け入れる必要はあ
りません。しかし、あなたに「プログラム」又はその派生物を変更又は再頒布する許
可を与えるものは本使用許諾以外にはありません。これらの行為は、あなたがもし本
@@ -234,7 +217,6 @@
なたは本使用許諾を受け入れ、且つ、「プログラム」又はその「プログラム生成物」
の複製、頒布、変更に関するこれらの条項と条件の全てを受け入れたことを示します。
-
7. あなたが「プログラム」(又はその「プログラム生成物」) を再頒布すると自動的に、
その受領者は、元の使用許諾者から、本使用許諾の条項に従って「プログラム」を複
製、頒布、変更することを内容とする使用許諾を受けたものとします。あなたは、受
@@ -267,7 +249,6 @@
本条項は、本使用許諾の他の条項の意味内容が何であるかを完全に明らかにすること
を意図しています。
-
9. 「プログラム」の頒布・使用が、ある国において特許又は著作権で保護されたインタ
フェースのどちらかで制限される場合、「プログラム」を本使用許諾下においた原著
作権保持者は、その国を除外する旨の明示的な頒布地域制限を加え、それ以外の(除
@@ -287,7 +268,6 @@
ジョン番号の指定がない場合は、Free Software Foundation が公表したどのバージョ
ンでも選択することができます。
-
11. 「プログラム」の一部を頒布条件の異なる他のフリー・プログラムに組み込みたい場
合は、その開発者に書面で許可を求めてください。Free Software Foundation が著
作権を持っているソフトウェアについては、Free Software Foundation へ書面を提
@@ -297,11 +277,9 @@
保つことであり、もう1つはソフトウェアの共有と再利用とを広く促進させることで
す。
-
無保証
------
-
12. 「プログラム」は無償で使用許諾されますので、適用法令の範囲内で、「プログラム」
の保証は一切ありません。著作権者やその他の第三者は全く無保証で「そのまま」
の状態で、且つ、明示か暗黙であるかを問わず一切の保証をつけないで提供するもの
@@ -311,7 +289,6 @@
かった場合、それに伴う一切の派生費用や修理・訂正に要する費用は全てあなたの負
担とします。
-
13. 適用法令の定め、又は書面による合意がある場合を除き、著作権者や上記許諾を受け
て「プログラム」の変更・再頒布を為し得る第三者は、「プログラム」を使用したこ
と、または使用できないことに起因する一切の損害について何らの責任も負いません。
@@ -321,25 +298,18 @@
た損失、他のプログラムとのインタフェースの不適合化、等も含まれますが、これに
限定されるものではありません)。
-
以上
-
-
注意
****
-
英文文書(GNU General Public Licence) を正式文書とする。この和文文書は弁護士の意
見を採り入れて、できるだけ正確に英文文書を翻訳したものであるが、法律的に有効な契
約書ではない。
-
-
和文文書自体の再配布に関して
****************************
-
いかなる媒体でも次の条件がすべて満たされている場合に限り、本和文文書をそのまま
複写し配布することを許可する。また、あなたは第三者に対して本許可告知と同一の許可
を与える場合に限り、再配布することが許可されています。
@@ -352,25 +322,20 @@
・和文文書の本文を改変しないこと。
-
あなたの新しいプログラムにこれらの条項を適用する方法
====================================================
-
あなたが新しくプログラムを作成し、それを公用に供したい場合は、プログラムをフリー・
ソフトウェアにして、全ての人々が以上の各条項に従ってこれを再頒布や変更をすること
ができるようにするのが最良の方法です。
-
そうするためには、プログラムに以下の表示をしてください。その場合、無保証であると
いうことを最も効果的に伝えるために、ソース・ファイルの冒頭にその全文を表示すれば
最も安全ですが、その他の方法で表示する場合でも、「著作権表示」と全文を読み出す為
のアドレスへのポインタだけはファイル上に表示しておいてください。
-
-
プログラム名とどんな動作をするものかについての簡単な説明の行
------------------------------------------------------------
Copyright (C) 19 ○○年、著作権者名
@@ -389,42 +354,34 @@
るはずです。そうでない場合は、Free Software Foundation, Inc., 675 Mass Ave,
Cambridge, MA 02139, USA へ手紙を書いてください。
-
また、ユーザが電子メイルや書信であなたと連絡をとる方法についての情報も書き添えて
ください。
プログラムが対話的に動作する場合は、対話モードで起動した時に次のような短い告知文
が表示されるようにしてください。
-
Gnomovision バージョン69、Copyright (C) 19 ○○年著作権者名
----------
Gnomovision は完全に無保証です。詳細は show w とタイプしてください。これは
フリー・ソフトウェアなので、特定の条件の下でこれを再頒布することができます。
詳細は show c とタイプしてください。
-
上記のshow w やshow c は各々、本一般公有使用許諾の関連する部分を表示するコマンド
を指します。もちろん、あなたが使うこれらのコマンドはshow w やshow c といった呼び
名でなくても構いません。さらに、それらのコマンドはあなたのプログラムに合わせる為
に、マウスでクリックしたりメニュー形式にすることもできます。
-
また、必要と認めた場合には、あなたの雇い主(あなたがプログラマとして働いている場
合) や在籍する学校から、そのプログラムに対する「著作権放棄」を認めた署名入りの書
面を入手してください。ここにその文例を載せます。名前は変えてください。
-
Yoyodyne, Inc. は、James Hacker が開発したプログラム`Gnomovision' (コンパイ
ラにつなげるプログラム) についての著作権法上の全ての権利を放棄する。
-
Ty Coon の署名, 1 April 1989
--------------
Ty Coon, 副社長
-
-
本一般公有使用許諾は、あなたのプログラムを財産権の対象となっている他のプログラム
に組み込むことは認めていません。あなたのプログラムがサブルーチン・ライブラリであっ
て、あなたがそのライブラリを財産権の対象となっている他のアプリケーションとリンク
@@ -433,8 +390,7 @@
</pre>
</blockquote>
-
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
21 lang/ja/docs/module_files.txt
View
@@ -1,17 +1,14 @@
-ABOUT THIS DIRECTORY
+���Υǥ��쥯�ȥ�˴ؤ���
--------------------
-DO NOT CHANGE, RENAME OR MOVE ANY OF THE FILES
-IN THIS DIRECTORY unless you REALLY know what
-you are doing.
+���ʤ�������ԤäƤ��뤫��Τ���򤷤Ƥ���ʳ������Υǥ��쥯�ȥ����
+�ɤΥե�������ѹ�����͡��ࡢ��ư��Ԥ�ʤ��Ǥ��������
-Changing these files could mess up your course.
+�����Υե�������ѹ����뤳�Ȥǡ��������˾㳲��ȯ������礬����ޤ���
-This directory contains files uploaded to your
-course within particular modules (mostly by
-students), such as assignment submissions and
-forum attachments.
+���Υǥ��쥯�ȥ�ˤϡ����ʤ��Υ�������β�����Ф�ե������ź�����
+����Υ⥸�塼��� ( ��˳���ˤ�ä� ) ���åץ��ɤ��줿�ե����뤬��
+�ޤ�Ƥ��ޤ���
-The names of the directories and files within
-this directory are very specific and are
-automatically maintained by Moodle.
+���Υǥ��쥯�ȥ���Υǥ��쥯�ȥ�̾����ӥե�����̾��������ͭ�ʤ�Τǡ�
+Moodle�ˤ�äƼ�ưŪ�˴����Ƥ��ޤ���
6 lang/ja/docs/other.html
View
@@ -9,13 +9,13 @@
<body>
<h1>その他の文書</h1>
-<p class="normaltext">その他のMoodle文書のリンクです:</p>
+<p class="normaltext">その他のMoodleドキュメンテーションのリンクです:</p>
<p class="normaltext"><a href="../help.php?file=index.html">Moodleヘルプページのインデックス</a> - Moodleのコンテクストに応じたヘルプファイルの一覧</p>
<p class="normaltext"><a href="http://moodle.org/docs/">ユーザ寄稿による文書</a> - Moodleユーザによって寄稿されたページ一覧</p>
<p align="center" class="normaltext">&nbsp;</p>
<hr/>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja/docs/philosophy.html
View
@@ -46,7 +46,7 @@
<p>明らかにMoodleはこれらの行動スタイルを強制することはありませんが、サポートすることにおいて最適なシステムであると言えます。将来的に、技術的基盤としてのMoodleの安定性を増すこと、教育的なサポートをさらに改善することは、Moodleの開発における重要な指針となっています。</p>
</blockquote>
<hr/>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
2  lang/ja/docs/release.html
View
@@ -341,5 +341,5 @@
</p>
</center>
<br />
-<p align="center"><font size="1"><a href="../doc/" target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="../doc/" target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
2  lang/ja/docs/teacher.html
View
@@ -137,7 +137,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="further"></a>
<hr/>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id: teacher.html,v 1.4 2002/08/18 10:00:01
martin Exp $</font></p>
</body>
4 lang/ja/docs/upgrade.html
View
@@ -80,8 +80,8 @@ <h3 class="sectionheading">3.
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja/moodle.php
View
@@ -321,7 +321,7 @@
$string['displayingfirst'] = '最初の $a->count $a->things のみ表示されます。';
$string['displayingrecords'] = '$a レコードを表示';
$string['displayingusers'] = 'ユーザを $a->start から $a->end まで表示';
-$string['documentation'] = 'Moodle文書';
+$string['documentation'] = 'Moodleドキュメンテーション';
$string['donotask'] = '問合せしない';
$string['down'] = '下へ';
$string['downloadexcel'] = 'Excel形式でダウンロードする';
21 lang/ja_utf8/docs/README.txt
View
@@ -1,16 +1,15 @@
-Moodle documentation
+Moodleドキュメンテーション
--------------------
-If you want to translate this documentation into another language,
-I would suggest that you:
+あなたが、このドキュメンテーションを他の言語に翻訳したい場合、
+下記の内容を提案します:
- 1) don't include English versions of the files in this directory
- because they will be used automatically anyway if it is missing
- from your language pack.
+ 1) あなたの言語パックが見つからない場合、英語バージョンのファイルが自動的に
+ 使用されるため、英語バージョンのファイルをこのディレクトリに入れないでください。
- 2) translate them in this order (starting with the important ones):
+ 2) 言語ファイルは下記の順番で翻訳してください ( 重要度が高いものから最初に ):
- MOST IMPORTANT
+ 重要度が最高
|-------------------
|
| - files.php
@@ -41,8 +40,6 @@ I would suggest that you:
| - license.html
|
|-------------------
- LEAST IMPORTANT
-
- 3) Please don't translate credits.html at all - it changes too much.
-
+ 重要度が最低
+ 3) credits.htmlは翻訳しないでください - このファイルは頻繁に更新されます。
2  lang/ja_utf8/docs/background.html
View
@@ -26,7 +26,7 @@
<p>2003年、付加的な有償サポート、管理ホスティング、コンサルティングおよびその他のサービスを提供するために、会社組織<a href="http://moodle.com/" target="_top">moodle.com</a>が設立されました。</p>
<p>Moodleに関する今後の計画は<a href="?file=future.html">未来</a>をご覧ください。</p>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
6 lang/ja_utf8/docs/credits.html
View
@@ -20,7 +20,7 @@
<p>多くの時間、および現在も継続している時間を、Moodleコードの記述とMoodle発展の手助けに提供してくださった方々に、私達全員から心より感謝を捧げたいと思います。下記は、Moodleの開発がどのようなものであるか「理解している」方々のリストです。この方々がいなければ、Moodleは遥かに劣ったものとなっていたことでしょう。</p>
<blockquote>
<p>
- <strong> Eloy Lafuente (stronk7), Ray Kingdon, Williams Castillo, Petri Asikainen, Henrik Kaipe, Zbigniew Fiedorowicz, Gustav Delius, Thomas Robb, Janne Mikkonen, Jon Papaioannou (pj), Scott Elliott, Shane Elliott, Roberto Pinna (Bobo), Mike Churchward, Petr Škoda (skodak), Penny Leach, Martin Langhoff</strong></p>
+ <strong> Eloy Lafuente (stronk7), Ray Kingdon, Williams Castillo, Petri Asikainen, Henrik Kaipe, Zbigniew Fiedorowicz, Gustav Delius, Thomas Robb, Janne Mikkonen, Jon Papaioannou (pj), Scott Elliott, Shane Elliott, Roberto Pinna (Bobo), Mike Churchward, Petr ?koda (skodak), Penny Leach, Martin Langhoff</strong></p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
@@ -244,8 +244,8 @@
</p>
</blockquote>
</blockquote>
- <p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+ <p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</blockquote>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja_utf8/docs/cvs.html
View
@@ -209,7 +209,7 @@
<p align="center">グッドラック、気を付けて楽しんでください!</p>
</blockquote>
<br />
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
23 lang/ja_utf8/docs/faq.html
View
@@ -20,14 +20,12 @@
使ってフォーラム内を検索してください。
答えが見つからない場合は、適切なフォーラムに問題を投稿してください - 通常は誰かが助けてくれます。</p>
-
<p class="normaltext">
様々な方法を試してみても問題が解決しない場合で、ファイアーウォールの背後でMoodleを動かしている場合は、必須の機能または
必要なコミュニケーションをブロックしないように、ファイアーウォールを再設定されることをお勧めします。
ファイアーウォールがMoodleに影響を及ぼすことはほとんどありませんが、ファイアーウォールの設定ミスにより
Moodleの機能に影響を及ぼすことがあります。
-
<p class="normaltext">該当する答えを閲覧する時は下記のリンクをお使いください:</p>
<p class="questionlink"><a href="#filenotfound">アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</a></p>
@@ -64,7 +62,6 @@
<p class="questionlink">&nbsp;</p>
-
<h3><a name="filenotfound"></a>アップロードしたファイルへアクセスまたは閲覧する時に、いつも「File not Found」というメッセージが表示されます。</h3>
<p class="answer">例えば: Not Found: The requested URL /moodle/file.php/2/myfile.jpg was not found on this server. と表示される場合。</p>
@@ -100,7 +97,7 @@
<p class="answer">config.phpにあるdirroot変数の内容を確認してください。dirrootには絶対パスを使用する必要があります。例:</p>
-<p class="answercode"> $CFG->dirroot = "d:\inetpub\sites\www.yoursite.com\web\moodle";</p>
+<p class="answercode"> $CFG->dirroot = "d:inetpubsiteswww.yoursite.comwebmoodle";</p>
<p>&nbsp; </p>
@@ -112,8 +109,8 @@
<p class="answer">下記のようなエラーが表示される場合は:</p>
-<p class="answercode">Parse error: parse error, unexpected T_VARIABLE in c:\program files\easyphp\www\moodle\config.php on line 94 <br />
- Fatal error: Call to undefined function: get_string() in c:\program files\easyphp\www\moodle\mod\resource\lib.php on line 11</p>
+<p class="answercode">Parse error: parse error, unexpected T_VARIABLE in c:program fileseasyphpwwwmoodleconfig.php on line 94 <br />
+ Fatal error: Call to undefined function: get_string() in c:program fileseasyphpwwwmoodlemodresourcelib.php on line 11</p>
<p class="answer">config.php(94行目より前)で、セミコロンまたは閉じクオートが抜けている可能性があります。</p>
@@ -157,23 +154,22 @@
<p class="answer">&nbsp;</p>
-
<h3><a name="sessiontmp"></a>session_startに関するエラーメッセージが表示され続けます。</h3>
<p class="answer">下記のようなエラーが表示される場合は:</p>
-<p class="answercode">Warning: session_start() [function.session-start]: open(/tmp\sess_d40f380d37d431fc1516e9a895ad9ce0, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in G:\web\moodle\lib\setup.php on line 123</p>
+<p class="answercode">Warning: session_start() [function.session-start]: open(/tmpsess_d40f380d37d431fc1516e9a895ad9ce0, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in G:webmoodlelibsetup.php on line 123</p>
-<p class="answercode">Warning: session_start() [function.session-start]: open(/tmp\sess_d40f380d37d431fc1516e9a895ad9ce0, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in G:\web\moodle\lib\setup.php on line 123</p>
+<p class="answercode">Warning: session_start() [function.session-start]: open(/tmpsess_d40f380d37d431fc1516e9a895ad9ce0, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in G:webmoodlelibsetup.php on line 123</p>
-<p class="answercode">Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at G:\web\moodle\lib\setup.php:1) in G:\web\moodle\lib\setup.php on line 123</p>
+<p class="answercode">Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at G:webmoodlelibsetup.php:1) in G:webmoodlelibsetup.php on line 123</p>
<p class="answer">... これらのエラーはPHPが「セッション」をハードディスク(tmpディレクトリ)に保存できないことに関係しています。
これは、/tmpディレクトリが存在しないことが原因となっています。通常、WindowsにMoodleをインストールする場合に生じることがあります。</p>
<p class="answer">解決方法は、実在するディレクトリを指し示すようにPHPの設定を変えることです。php.iniファイルを変更することで設定を変更できます:</p>
-<p class="answercode">session.save_path = C:\temp</p>
+<p class="answercode">session.save_path = C:temp</p>
<p class="answer">または、moodleディレクトリにある.htaccessファイルに下記の行を追加します:</p>
@@ -274,7 +270,6 @@
<p class="answercode">&nbsp;</p>
-
<h3><a name="locale"></a>なぜ、Moodleサイトが正確に時間と日付を表示しないのですか?</h3>
<p class="answer">各言語は、日付を正確に表示するために、特定の言語コード(<strong>ロケール</strong>コードと呼ばれます)を必要とします。
@@ -310,7 +305,7 @@
<p align="right"><strong><em>このFAQの整備にご協力頂いたJohn Eyre氏に感謝します。</em></strong></p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id: faq.html,v 1.6 2003/03/30 13:54:28
@@ -318,4 +313,4 @@
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja_utf8/docs/features.html
View
@@ -144,7 +144,7 @@
</ul>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
2  lang/ja_utf8/docs/files.php
View
@@ -15,7 +15,7 @@
$string['-installation'] = "管理";
$string['install.html'] = "インストール";
$string['faq.html'] = "インストール FAQ";
-$string['installamp.html'] = "アパッチ、MySQL、PHP";
+$string['installamp.html'] = "Apache、MySQL、PHP";
$string['upgrade.html'] = "アップグレード";
$string['-usage'] = "Moodleの利用";
4 lang/ja_utf8/docs/future.html
View
@@ -55,6 +55,6 @@
</blockquote>
<p align="center">&nbsp;</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
-</body>
+</body>
5 lang/ja_utf8/docs/install.html
View
@@ -222,7 +222,6 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="data"></a>4.3 データディレクトリの
</blockquote>
-
<h3 class="sectionheading"><a name="admin"></a>5. 設定を続けるために管理画面に移動</h3>
<blockquote>
<p>前のステップで <strong>config.php</strong> が正常に作成された後は、あなたのサイトの表紙にアクセスすると残りの設定を行うために「管理」画面に移動します。</p>
@@ -345,6 +344,6 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="course"></a>7. 新しいコースの作成</
<p align="center"><strong>Moodleを気に入ってくださった場合は、私たちの費用を補助するために<a href="http://moodle.org/donations/" target="_blank">寄付</a>をお考えください! </strong></p>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
-</body>
+</body>
25 lang/ja_utf8/docs/installamp.html
View
@@ -1,10 +1,13 @@
+<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
+ "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
+<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<title>Moodle Docs: Installing PHP and MySQL</title>
- <link rel="stylesheet" href="docstyles.css" type="TEXT/CSS">
- <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
+ <link rel="stylesheet" href="docstyles.css" type="TEXT/CSS" />
+ <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>
-<body bgcolor="#FFFFFF">
+<body>
<h1>Apache、MySQLおよびPHPのインストール</h1>
<blockquote>
<p>Moodleはと呼ばれるスクリプト言語によって作成され、ほとんどのデータはデータベースに保存されます。Moodleを使用する上での推奨データーベースはMySQLです。 Before installing Moodleをインストールする前に稼動中のウェブサーバ上でPHPとデータベースが動作するようにしてください。これらのパッケージは平均的なコンピュータユーザにとって難しい設定が必要です。このページでは異なるプラットフォームでも 設定を行うことができるように、できる限りシンプルに説明を記述しています。</p>
@@ -46,7 +49,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
を使用することです。以下に全てのステップに関して説明します:</p>
<ol>
<li>最初に、MySQLをインストールしている場合は(別のパッケージをインストールしている場合でも)、
- 全てをアンインストールしてください。さらにMySQLのファイルおよび<strong>c:\my.cnf</strong>、<strong>c:\windows\my.ini</strong>
+ 全てをアンインストールしてください。さらにMySQLのファイルおよび<strong>c:my.cnf</strong>、<strong>c:windowsmy.ini</strong>
を削除してください。<strong>my.cnf</strong>という名称のファイルを検索して削除されることをお勧めします。</li>
<li>PHPをインストールしている場合は、Windowsディレクトリより<strong>php4ts.dll</strong>および<strong>php.ini</strong>という名称のファイルを削除してください。</li>
<li>EasyPHPをこちらよりダウンロードしてください: <a href="http://www.easyphp.org/telechargements/dn.php?F=easyphp1-7">http://www.easyphp.org/telechargements/dn.php?F=easyphp1-7</a>(約10Mb)</li>
@@ -61,8 +64,8 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
<li>入力欄に&quot;moodle&quot;と入力後、&quot;Create&quot;ボタンをクリックして新しいデータベースを作成してください。簡単だったでしょう!</li>
<li>データベースにアクセスできるユーザを作成することもできます。初めての方には、この作業は若干難しいと思いますので、Moodleの設定には既に作成されているユーザ&quot;root&quot;をパスワード無しで使用してください。Moodleの設定は後で変更可能です。</li>
<li>Moodleをインストールする準備ができました! 最新版のMoodleを<a href="http://moodle.org/download" target="_blank">http://moodle.org/download</a>よりダウンロードして、圧縮ファイルを解凍してください。</li>
- <li>Moodleファイルを<strong>C:\Program Files\EasyPHP\www</strong>にコピーしてください。Moodleの全ディレクトリ(例 C:\Program Files\EasyPHP\www\moodle)をコピーすることもできますし、Moodleディレクトリの<em>コンテンツ</em>をコピーすることもできます。2番目の方法を取った場合、 Moodleホームページにhttp://localhost/moodle/とアクセスする代わりに、http://localhost/とアクセスする事ができます。</li>
- <li>Moodleでアップロードファイルを保存するための空のフォルダを作成してください。例:<strong>C:\moodledata</strong></li>
+ <li>Moodleファイルを<strong>C:Program FilesEasyPHPwww</strong>にコピーしてください。Moodleの全ディレクトリ(例 C:Program FilesEasyPHPwwwmoodle)をコピーすることもできますし、Moodleディレクトリの<em>コンテンツ</em>をコピーすることもできます。2番目の方法を取った場合、 Moodleホームページにhttp://localhost/moodle/とアクセスする代わりに、http://localhost/とアクセスする事ができます。</li>
+ <li>Moodleでアップロードファイルを保存するための空のフォルダを作成してください。例:<strong>C:moodledata</strong></li>
<li>Moodleフォルダに入ってください。フォルダ内のconfig-dist.phpをconfig.phpにコピーしてください。</li>
<li>config.phpをテキストエディタで編集してください(ノートパッドで編集できますが、末尾にスペースが入らないように気をつけてください)。</li>
<li>新しいデータベースに関して全ての情報を入力してください:<br />
@@ -75,11 +78,11 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
$CFG-&gt;prefix = 'mdl_';</li>
<li>そして全てのファイルパスを入力してください:<br />
$CFG-&gt;wwwroot = 'http://localhost/moodle'; // 知っている場合は外部アドレスを使ってください。<br />
- $CFG-&gt;dirroot = 'C:\Program Files\EasyPHP\www\moodle'; <br />
- $CFG-&gt;dataroot = 'C:\moodledata';</li>
+ $CFG-&gt;dirroot = 'C:Program FilesEasyPHPwwwmoodle'; <br />
+ $CFG-&gt;dataroot = 'C:moodledata';</li>
<li>config.phpを保存してください - 他に設定がある場合は無視して結構です。</li>
<li>もうすぐ終わりです! 残りはウェブベースの設定です。 ブラウザで設定を続けるために<a href="http://localhost/moodle/admin/" target="_blank">http://localhost/moodle/admin/</a>にアクセスしてください。</li>
- <li>Moodleでzipファイル(例えばバックアップにzipを使う場合)を使用するために&quot;zlib&quot;を使用してください。EasyPHPディレクトリ(<strong>C:\Program Files\EasyPHP</strong>)内のphpini.exeを実行しても同じ設定を行うこともできます。&quot;zlib.dll&quot;の隣にあるチェックボックスをチェックしてください。 ウィンドウを閉じて、ツールバーにある黒いEに戻ります。右クリックをしてメニューより&quot;Restart&quot;を選択してください。</li>
+ <li>Moodleでzipファイル(例えばバックアップにzipを使う場合)を使用するために&quot;zlib&quot;を使用してください。EasyPHPディレクトリ(<strong>C:Program FilesEasyPHP</strong>)内のphpini.exeを実行しても同じ設定を行うこともできます。&quot;zlib.dll&quot;の隣にあるチェックボックスをチェックしてください。 ウィンドウを閉じて、ツールバーにある黒いEに戻ります。右クリックをしてメニューより&quot;Restart&quot;を選択してください。</li>
<li>最後に、cronを設定する必要があります。詳細は<a href="./?file=install.html">インストールガイド</a>をご覧ください。</li>
</ol>
<p>EasyPHPを使えない場合、PHPが正常に設定されているか確認して一般的な問題を回避する方法があります:</p>
@@ -92,8 +95,8 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="windows" id="windows"></a>Windows</h3>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja_utf8/docs/intro.html
View
@@ -21,7 +21,7 @@
</blockquote>
<p><br />
</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
50 lang/ja_utf8/docs/licence.html
View
@@ -7,7 +7,7 @@
<link rel="stylesheet" href="docstyles.css" type="TEXT/CSS" />
-<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset==UTF-8" />
+<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>
<body>
@@ -37,24 +37,17 @@
GNU 一般公有使用許諾書
=======================
-
-
1991 年6 月,バージョン2
Copyright (C) 1989,1991 Free Software Foundation, Inc.
675 Mass Ave, Cambridge, MA 02139, USA
-
-
何人も、以下の内容を変更しないでそのまま複写する場合に限り、本使用許諾書を複製し
たり頒布することができます。
-
-
はじめに
--------
-
ほとんどのソフトウェアの使用許諾は、ソフトウェアを共有し、変更するユーザの自由を
奪うことを意図しています。それに対して、我々のGNU 一般公有使用許諾は、フリー・ソ
フトウェアを共有したり変更する自由をユーザに保証するためのもの、即ちフリー・ソフ
@@ -105,12 +98,9 @@
複写・頒布・変更に対する正確な条項と条件を次に示します。
-
-
GNU 一般公有使用許諾の下での複製、頒布、変更に関する条項と条件
==============================================================
-
1. 本使用許諾は、本一般公有使用許諾の各条項に従って頒布されるという著作権者か
らの告知文が表示されているプログラムやその他の作成物に適用されます。以下に
おいて「プログラム」とは、そのようなプログラムや作成物を指すものとし、また、
@@ -120,14 +110,12 @@
ます。(以下、言語変換は「変更」という用語の中に無条件に含まれるものとします。)
本使用許諾によって許諾を受ける者を「あなた」と呼びます。
-
複製、頒布、変更以外の行為は本使用許諾の対象としません。それらは本使用許諾
の範囲外です。「プログラム」を実行させる行為に関して制約はありません。「プ
ログラム」の出力は、( 「プログラム」を実行させて作成させたかどうかとは無関
係に) その内容が「プログラム生成物」である場合に限り本使用許諾の対象となり
ます。これが当てはまるかどうかは、「プログラム」が何をするものかに依ります。
-
2. あなたは、どのような媒体上へ複製しようとする場合であっても、入手した「プロ
グラム」のソース・コードをそのままの内容で複写した上で適正な著作権表示と保
証の放棄を明確、且つ適正に付記する場合に限り、複製又は頒布することができま
@@ -137,7 +125,6 @@
することができます。また、あなた独自の保証を行なう場合はそれを有償とするこ
とができます。
-
3. 次の各条件を全て満たしている限り、あなたは、「プログラム」又はその一部分を
変更して「プログラム生成物」とすることができ、さらに、変更版や右作成物を上
記第 2 項に従って複製又は頒布することもできます。
@@ -181,7 +168,6 @@
ならない他のプログラムとを、単に保管や頒布のために同一の媒体上にまとめて記
録したとしても、本使用許諾は他のプログラムには適用されません。
-
4. あなたは、以下のうちいずれか1 つを満たす限り、上記第2 項および第3 項に従って
「プログラム」(又は、上記第3 項で言及している「プログラム生成物」)をオブジェ
クト・コード又は実行可能な形式で複製および頒布することができます。
@@ -201,7 +187,6 @@
記の (b) 項に基づいて、オブジェクト・コード或いは実行可能形式のプログラム
しか入手していない場合に限り適用される選択項目です。)
-
なお、ソース・コードとは、変更作業に適した記述形式を指します。また、実行可能
形式のファイルに対応するソース・コード一式とは、それに含まれる全モジュールに
対応する全てのソース・コード、およびあらゆる関連のインタフェース定義ファイル、
@@ -216,7 +201,6 @@
等なアクセス権を賦与すれば、たとえ第三者にオブジェクト・コードと共にソースの
複製を強いなくとも、ソース・コードを頒布したものとみなします。
-
5. 本使用許諾が明示的に許諾している場合を除き、あなたは、「プログラム」を複製、
変更、サブライセンス、頒布することができません。本使用許諾に従わずに「プログ
ラム」を複製、変更、サブライセンス、頒布しようとする行為は、それ自体が無効で
@@ -225,7 +209,6 @@
第三者は、本使用許諾に完全に従っている場合に限り、引続き有効な使用権限を持つ
ものとします。
-
6. あなたはまだ同意の印として署名していないので、本使用許諾を受け入れる必要はあ
りません。しかし、あなたに「プログラム」又はその派生物を変更又は再頒布する許
可を与えるものは本使用許諾以外にはありません。これらの行為は、あなたがもし本
@@ -234,7 +217,6 @@
なたは本使用許諾を受け入れ、且つ、「プログラム」又はその「プログラム生成物」
の複製、頒布、変更に関するこれらの条項と条件の全てを受け入れたことを示します。
-
7. あなたが「プログラム」(又はその「プログラム生成物」) を再頒布すると自動的に、
その受領者は、元の使用許諾者から、本使用許諾の条項に従って「プログラム」を複
製、頒布、変更することを内容とする使用許諾を受けたものとします。あなたは、受
@@ -267,7 +249,6 @@
本条項は、本使用許諾の他の条項の意味内容が何であるかを完全に明らかにすること
を意図しています。
-
9. 「プログラム」の頒布・使用が、ある国において特許又は著作権で保護されたインタ
フェースのどちらかで制限される場合、「プログラム」を本使用許諾下においた原著
作権保持者は、その国を除外する旨の明示的な頒布地域制限を加え、それ以外の(除
@@ -287,7 +268,6 @@
ジョン番号の指定がない場合は、Free Software Foundation が公表したどのバージョ
ンでも選択することができます。
-
11. 「プログラム」の一部を頒布条件の異なる他のフリー・プログラムに組み込みたい場
合は、その開発者に書面で許可を求めてください。Free Software Foundation が著
作権を持っているソフトウェアについては、Free Software Foundation へ書面を提
@@ -297,11 +277,9 @@
保つことであり、もう1つはソフトウェアの共有と再利用とを広く促進させることで
す。
-
無保証
------
-
12. 「プログラム」は無償で使用許諾されますので、適用法令の範囲内で、「プログラム」
の保証は一切ありません。著作権者やその他の第三者は全く無保証で「そのまま」
の状態で、且つ、明示か暗黙であるかを問わず一切の保証をつけないで提供するもの
@@ -311,7 +289,6 @@
かった場合、それに伴う一切の派生費用や修理・訂正に要する費用は全てあなたの負
担とします。
-
13. 適用法令の定め、又は書面による合意がある場合を除き、著作権者や上記許諾を受け
て「プログラム」の変更・再頒布を為し得る第三者は、「プログラム」を使用したこ
と、または使用できないことに起因する一切の損害について何らの責任も負いません。
@@ -321,25 +298,18 @@
た損失、他のプログラムとのインタフェースの不適合化、等も含まれますが、これに
限定されるものではありません)。
-
以上
-
-
注意
****
-
英文文書(GNU General Public Licence) を正式文書とする。この和文文書は弁護士の意
見を採り入れて、できるだけ正確に英文文書を翻訳したものであるが、法律的に有効な契
約書ではない。
-
-
和文文書自体の再配布に関して
****************************
-
いかなる媒体でも次の条件がすべて満たされている場合に限り、本和文文書をそのまま
複写し配布することを許可する。また、あなたは第三者に対して本許可告知と同一の許可
を与える場合に限り、再配布することが許可されています。
@@ -352,25 +322,20 @@
・和文文書の本文を改変しないこと。
-
あなたの新しいプログラムにこれらの条項を適用する方法
====================================================
-
あなたが新しくプログラムを作成し、それを公用に供したい場合は、プログラムをフリー・
ソフトウェアにして、全ての人々が以上の各条項に従ってこれを再頒布や変更をすること
ができるようにするのが最良の方法です。
-
そうするためには、プログラムに以下の表示をしてください。その場合、無保証であると
いうことを最も効果的に伝えるために、ソース・ファイルの冒頭にその全文を表示すれば
最も安全ですが、その他の方法で表示する場合でも、「著作権表示」と全文を読み出す為
のアドレスへのポインタだけはファイル上に表示しておいてください。
-
-
プログラム名とどんな動作をするものかについての簡単な説明の行
------------------------------------------------------------
Copyright (C) 19 ○○年、著作権者名
@@ -389,42 +354,34 @@
るはずです。そうでない場合は、Free Software Foundation, Inc., 675 Mass Ave,
Cambridge, MA 02139, USA へ手紙を書いてください。
-
また、ユーザが電子メイルや書信であなたと連絡をとる方法についての情報も書き添えて
ください。
プログラムが対話的に動作する場合は、対話モードで起動した時に次のような短い告知文
が表示されるようにしてください。
-
Gnomovision バージョン69、Copyright (C) 19 ○○年著作権者名
----------
Gnomovision は完全に無保証です。詳細は show w とタイプしてください。これは
フリー・ソフトウェアなので、特定の条件の下でこれを再頒布することができます。
詳細は show c とタイプしてください。
-
上記のshow w やshow c は各々、本一般公有使用許諾の関連する部分を表示するコマンド
を指します。もちろん、あなたが使うこれらのコマンドはshow w やshow c といった呼び
名でなくても構いません。さらに、それらのコマンドはあなたのプログラムに合わせる為
に、マウスでクリックしたりメニュー形式にすることもできます。
-
また、必要と認めた場合には、あなたの雇い主(あなたがプログラマとして働いている場
合) や在籍する学校から、そのプログラムに対する「著作権放棄」を認めた署名入りの書
面を入手してください。ここにその文例を載せます。名前は変えてください。
-
Yoyodyne, Inc. は、James Hacker が開発したプログラム`Gnomovision' (コンパイ
ラにつなげるプログラム) についての著作権法上の全ての権利を放棄する。
-
Ty Coon の署名, 1 April 1989
--------------
Ty Coon, 副社長
-
-
本一般公有使用許諾は、あなたのプログラムを財産権の対象となっている他のプログラム
に組み込むことは認めていません。あなたのプログラムがサブルーチン・ライブラリであっ
て、あなたがそのライブラリを財産権の対象となっている他のアプリケーションとリンク
@@ -433,8 +390,7 @@
</pre>
</blockquote>
-
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
21 lang/ja_utf8/docs/module_files.txt
View
@@ -1,17 +1,14 @@
-ABOUT THIS DIRECTORY
+このディレクトリに関して
--------------------
-DO NOT CHANGE, RENAME OR MOVE ANY OF THE FILES
-IN THIS DIRECTORY unless you REALLY know what
-you are doing.
+あなたが何を行っているか明確に理解している以外、このディレクトリ内の
+どのファイルも変更、リネーム、移動を行わないでください。
-Changing these files could mess up your course.
+これらのファイルを変更することで、コースに障害が発生する場合があります。
-This directory contains files uploaded to your
-course within particular modules (mostly by
-students), such as assignment submissions and
-forum attachments.
+このディレクトリには、あなたのコース内の課題提出やフォーラム添付等の
+特定のモジュールで ( 主に学生によって ) アップロードされたファイルが含
+まれています。
-The names of the directories and files within
-this directory are very specific and are
-automatically maintained by Moodle.
+このディレクトリ内のディレクトリ名およびファイル名は非常に特有なもので、
+Moodleによって自動的に管理されています。
6 lang/ja_utf8/docs/other.html
View
@@ -9,13 +9,13 @@
<body>
<h1>その他の文書</h1>
-<p class="normaltext">その他のMoodle文書のリンクです:</p>
+<p class="normaltext">その他のMoodleドキュメンテーションのリンクです:</p>
<p class="normaltext"><a href="../help.php?file=index.html">Moodleヘルプページのインデックス</a> - Moodleのコンテクストに応じたヘルプファイルの一覧</p>
<p class="normaltext"><a href="http://moodle.org/docs/">ユーザ寄稿による文書</a> - Moodleユーザによって寄稿されたページ一覧</p>
<p align="center" class="normaltext">&nbsp;</p>
<hr/>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja_utf8/docs/philosophy.html
View
@@ -46,7 +46,7 @@
<p>明らかにMoodleはこれらの行動スタイルを強制することはありませんが、サポートすることにおいて最適なシステムであると言えます。将来的に、技術的基盤としてのMoodleの安定性を増すこと、教育的なサポートをさらに改善することは、Moodleの開発における重要な指針となっています。</p>
</blockquote>
<hr/>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
</html>
2  lang/ja_utf8/docs/release.html
View
@@ -341,5 +341,5 @@
</p>
</center>
<br />
-<p align="center"><font size="1"><a href="../doc/" target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="../doc/" target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
2  lang/ja_utf8/docs/teacher.html
View
@@ -137,7 +137,7 @@ <h3 class="sectionheading"><a name="further"></a>その他の情報</h3>
<hr/>
<p>&nbsp;</p>
</blockquote>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id: teacher.html,v 1.4 2002/08/18 10:00:01
martin Exp $</font></p>
</body>
4 lang/ja_utf8/docs/upgrade.html
View
@@ -80,8 +80,8 @@ <h3 class="sectionheading">3. アップグレードを終了する</h3>
</blockquote>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
-<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodle文書</a></font></p>
+<p align="center"><font size="1"><a href="." target="_top">Moodleドキュメンテーション</a></font></p>
<p align="center"><font size="1">Version: $Id$</font></p>
</body>
-</html>
+</html>
2  lang/ja_utf8/moodle.php
View
@@ -321,7 +321,7 @@
$string['displayingfirst'] = '最初の $a->count $a->things のみ表示されます。';
$string['displayingrecords'] = '$a レコードを表示';
$string['displayingusers'] = 'ユーザを $a->start から $a->end まで表示';
-$string['documentation'] = 'Moodle文書';
+$string['documentation'] = 'Moodleドキュメンテーション';
$string['donotask'] = '問合せしない';
$string['down'] = '下へ';
$string['downloadexcel'] = 'Excel形式でダウンロードする';
Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.