Skip to content
リソースマネージャー用のテンプレート共有リポジトリです
HCL
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
tffile
README.md

README.md

さくらのクラウド リソースマネージャー

リソースマネージャーは、コントロールパネルの操作だけでリソースを一括して作成・更新・削除できる機能です。複数のリソースをテンプレートで一元管理できます。本機能のテンプレートは HashiCorp が提供する Terraform の構成情報と一部に互換性があります。 さくらインターネットが提供しているパブリックスクリプトの一覧です。

詳細はさくらのクラウドマニュアルをご参照ください

提供中のtfファイル

基本構成例

名前 説明
サーバ作成及びシンプル監視する構成 このテンプレートはサーバを1台作成してシンプル監視を使用してpingにて死活監視を行います。詳しくは ドキュメント をご覧ください。
VPC ルータを設置し、配下にサーバを構築する構成 VPCルータを設置し、サーバに対してHTTPとHTTPSのみインターネットからの接続を許可します。そのほかの通信に関してはL2TP/IPSecにて接続することにより可能となります。詳しくは ドキュメント をご覧ください。
Webサーバを2台構築し、ロードバランサで冗長化する構成 ロードバランサ・アプライアンスと、Webサーバを2台構成してLBにて負荷分散する構成です。詳しくは ドキュメント をご覧ください。

応用例

名前 説明
DBやNFSアプライアンスも利用した複合構成を構築 Webサーバを2台構成してLBにて負荷分散になっています。また、DBアプライアンスを利用してDBを構築します。ローカル側にはVPCルータを経由しL2TP-IPSecで接続する構成です。ローカルサーバはファイルサーバとして利用を想定してNFSアプライアンスを構築します。詳しくは ドキュメント をご覧ください。
Metabaseを構築する構成(CentOS7バージョン) このテンプレートはCentOS7上のDockerでMetabaseを実行する構成となっています。Metabaseのバックエンドとしてデータベースアプライアンス(PostgreSQL)を利用します。詳しくは ドキュメント をご覧ください。
Metabaseを構築する構成(RancherOSバージョン) このテンプレートはRancherOS上のDockerでMetabaseを実行する構成となっています。Metabaseのバックエンドとしてデータベースアプライアンス(PostgreSQL)を利用します。詳しくは ドキュメント をご覧ください。

構文は Terraform for さくらのクラウド ドキュメント をご覧ください。

You can’t perform that action at this time.