[hsp] 拡張版デバッグウィンドウ
C++ C Python CMake HTML CSS
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
package
src
.gitattributes
.gitignore
README.md
changes.md
details.md
development.md
make_deploy_package.bat
package_exclude.txt

README.md

knowbug

  • version: 1.22.2

概要

knowbug は、HSP3 用デバッグ・ウィンドウの非公式改造版です。

スクリーンショット

主に「変数」タブの機能を拡張しており、以下のものの表示に対応しています。

  • int の16進数表現の併記
  • 多次元配列の2次元全要素
  • モジュール変数のメンバ変数
  • 実行中のユーザ定義コマンドの実引数

機能の詳細はこちらを参照 してください。

インストール

knowbug 本体

  1. 最新版のパッケージknowbug-package.zip をダウンロードします。
  2. HSPのフォルダ(※)にある hsp3debug.dllhsp3debug_64.dll の名前を変更します。
  • 例:hsp3debug.dllhsp3debug__default.dll
  1. package フォルダにある hsp3debug_knowbug.dll の名前を hsp3debug.dll に変えて、HSPのフォルダに移動します。

※「HSPのフォルダ」の位置は、HSPで path = dir_exe : input path, ginfo_winx を実行すると分かります。

WrapCall

(省略可)

WrapCall プラグインを追加すると、ユーザー定義コマンドに関する機能が有効になります。

  • 同梱されている WrapCall.asuserdef.as をHSPの common フォルダに移動します。
    • 既に userdef.as がある場合は、上書きではなく追記してください。

注意: 64bit版ランタイムを使う際は、標準のヘッダ hsp3_64.as を WrapCall より前に #include しておく必要があります。

設定ファイル

(省略可)

設定ファイル を knowbug (hsp3debug.dll) と同じフォルダに置いておくと、起動時に読み込まれます。

  • 具体的な設定については、設定ファイル内のコメントを参照してください。

アンインストール

アンインストールするには、インストールとは逆の操作を行います。

  1. knowbug (hsp3debug.dllhsp3debug_64.dll) を削除し、バックアップしておいた、元々の hsp3debug.dll を、元に戻します。
  2. 設定ファイル (knowbug.ini) とヘッダーファイル (WrapCall.as) は不要なので削除します。userdef.as を元に戻します。

動作環境

  • HSP 3.5
  • Windows 7

これら以外では、動作を確認していません。サポートできない可能性も高いのでご了承ください。

ライセンス

knowbug は、公式のデバッグウィンドウに、 @vain0 が手を加えたものです。

本ソフトの一部として、OpenHSP にあるコード、およびリソースを使用しています。ライセンスも参照してください。

@vain0 が権利を有する部分はパブリックドメイン扱いとします。

関連URL

バグ報告、意見、要望などは、GitHub の Issue 表 または プログラ広場の掲示板 までお願いします。