Skip to content

yasslab/sample_apps

main
Switch branches/tags

Name already in use

A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
4_0
 
 
4_2
 
 
5_0
 
 
5_1
 
 
6_0
 
 
6_1
 
 
7_0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Railsチュートリアル_バナー画像

Rails チュートリアル sample_app コード集

Railsチュートリアルの各章が終わった状態を集めたリポジトリです。

『Railsチュートリアルって何?』という方は公式YouTubeチャンネルをご参照ください 📺

Sample App の開発途中でエラーの原因がどうしても分からないときや、Railsチュートリアル解説動画を視聴するときなどにご活用ください。(解説動画はお試し視聴もできます)


📂 各章とディレクトリ名の対応関係

対応しているRailsのバージョン毎にディレクトリを分けております。具体的な対応関係は次のとおりです。

上記の各ディレクトリの中に 各章が終わった状態の sample_app を置いています。例えば 6_1 ディレクトリの場合は、次のようになります。

  • ch01: 第1章が終わった状態
  • ch02: 第2章が終わった状態
  • ch03: 第3章が終わった状態
  • ch04: 第4章が終わった状態
  • ch05: 第5章が終わった状態
  • ch06: 第6章が終わった状態
  • ch07: 第7章が終わった状態
  • ch08: 第8章が終わった状態
  • ch09: 第9章が終わった状態
  • ch10: 第10章が終わった状態
  • ch11: 第11章が終わった状態
  • ch12: 第12章が終わった状態
  • ch13: 第13章が終わった状態
  • ch14: 第14章が終わった状態

なお、各章の演習の結果や、高度なセットアップなどは反映されておりません。


動作環境と注意事項

本リポジトリにあるサンプルコードは AWS Cloud9 上で動作確認しています。 macOS や Windows などのローカル環境では下記の手順で動かないこともあります。あらかじめご了承ください。

📜 開発環境(AWS Cloud9) - Railsチュートリアル


また2022年9月より VS Code + Docker 環境でもチャレンジできるようになりました。詳細は下記の note 記事をご参照ください。

🐳 devcontainerを使って開発してみよう - note


🔧 アプリを動かす方法

版番号や章番号ごとにセットアップ方法は異なりますが、大まかな流れは基本的に同じです。例えばRails 7.0 対応の第11章を動かす場合は次のようになります。

  1. 本リポジトリをクローンし、該当のディレクトリへ移動します。

    $ git clone https://github.com/yasslab/sample_apps.git
    $ cd 7_0/ch11
    
  2. 本番環境でのみ必要なgemはスキップしてbundle installし、必要なフレームワークをインストールします。この時conflictが起こった場合は、全て「n(上書きしない)」を選択してください。

    $ bundle install --without production
    $ rails importmap:install turbo:install stimulus:install
    
  3. データベースを移行します。

    $ rails db:migrate
    
  4. テストを実行して、正しく動作していることを確認します。

    $ rails test
    
  5. サンプルユーザーをデータベースにseedして、アプリを実行する準備が整いました。

    $ rails db:seed
    $ rails server
    

無事にセットアップが完了できていれば、ブラウザから localhost:3000 にアクセスするとトップ画面が表示されます。ログインページから以下のメールアドレスとパスワードを入力するとログインできます。

  • メールアドレス: example@railstutorial.org
  • パスワード: foobar

なお、第13章以降のSample Appを本番環境にデプロイする場合は、別途Amazon S3のセットアップが必要になります。


🎓 関連リンク/関連レポジトリ


:octocat: 本リポジトリのライセンス

The MIT License

Copyright © YassLab Inc.

YassLab Logo


:octocat: Sample Appのライセンス

Ruby on Rails Tutorial: Learn Web Development with Rails.

All source code in the Ruby on Rails Tutorial is available jointly under the MIT License and the Beerware License.

Copyright © Michael Hartl

About

Railsチュートリアルの各章が終わった状態を集めたリポジトリです。

Topics

Resources

License

Code of conduct

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Sponsor this project

 

Packages

No packages published