TwitterでエゴサしてSlackに投稿します
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
bin
exe
lib
spec
.gitignore
.rspec
.travis.yml
Dockerfile
Gemfile
LICENSE.txt
README.md
Rakefile
slack_twitter_egosa.gemspec

README.md

slack-twitter-egosa

Build Status Gem Version

TwitterでエゴサしてSlackに投稿します。

環境

  • Bundler
  • Ruby

設定

各環境変数に値を設定します。 検索ワードで指定した-から始まるワードは除外ワード扱いされます。

  • WEBHOOK_URL: 投稿先のslackのIncoming WebhooksのURL
  • CONSUMER_KEY: TwitterのConsumer Key
  • CONSUMER_SECRET: TwitterのConsumer Secret
  • OAUTH_TOKEN: TwitterのAccess Token
  • OAUTH_TOKEN_SECRET: TwitterのAccess Token Secret
  • HOME_TIMELINE_WORDS: 自分のタイムラインから検索するワード。スペース区切りで複数指定可能。
  • SEARCH_WORDS: Twitter全体から検索するワード。スペース区切りで複数指定可能。
  • MUTE_USERS: エゴサ対象外にするユーザ。スペース区切りで複数指定可能。

普通に起動

$ gem install slack_twitter_egosa
$ cat > .env
WEBHOOK_URL=https://hooks.slack.com/services/XXXXXXXX/XXXXXXXX/XXXXXXXX
CONSUMER_KEY=XXXXXXXX
CONSUMER_SECRET=XXXXXXXX
OAUTH_TOKEN=XXXXXXXX
OAUTH_TOKEN_SECRET=XXXXXXXX
HOME_TIMELINE_WORDS=阿部 あべ
SEARCH_WORDS=abcang abcang1015 -@abcang1015
MUTE_USERS=abcang1015
^D
$ slack_twitter_egosa .env

Dockerを使って起動

docker run \
    -e "WEBHOOK_URL=https://hooks.slack.com/services/XXXXXXXX/XXXXXXXX/XXXXXXXX" \
    -e "CONSUMER_KEY=XXXXXXXX" \
    -e "CONSUMER_SECRET=XXXXXXXX" \
    -e "OAUTH_TOKEN=XXXXXXXX" \
    -e "OAUTH_TOKEN_SECRET=XXXXXXXX" \
    -e "HOME_TIMELINE_WORDS=阿部 あべ" \
    -e "SEARCH_WORDS=abcang abcang1015 -@abcang1015" \
    -e "MUTE_USERS=abcang1015" \
    abcang/slack-twitter-egosa

更新履歴

  • 2016/08/23: 公開
  • 2016/09/20: ミュートユーザ、除外キーワード機能を追加
  • 2016/09/22: 除外キーワードバグの修正、gemで公開、大文字小文字を区別しないようにした
  • 2018/05/21: 1.0.0 ストリーミングAPIを使わないように変更(90秒に1回REST APIを叩く)
    • 検索用の環境変数を変更しました
  • 2018/05/22: 1.0.1 full_textを使用するように変更

ライセンス

MIT