CentOSにRedmineを自動インストールするためのAnsibleプレイブック
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
group_vars データ転送量低減のためRubyのソースコードは tar.gz ではなく tar.bz2 をダウンロードするよう変更 Sep 8, 2015
roles
LICENSE.md first commit Sep 7, 2015
README.md メンテナンス終了 Dec 7, 2015
hosts first commit Sep 7, 2015
site.yml first commit Sep 7, 2015

README.md

このAnsibleプレイブックのメンテナンスは終了しました。下記のいずれかをご利用ください。


redmine-centos7-mariadb-ansible

最小構成でインストールしたCentOSにRedmineを自動インストールするためのAnsibleプレイブックです。

コマンド5個実行するだけで、あとはしばらく放置すればインストールが完了します。

概要

Ansibleを使ってRedmineを自動インストールするためのプレイブックです。以下のwebサイトで紹介されている手順におおむね準拠しています。

Redmine 3.1をCentOS 7.1にインストールする手順

システム構成

  • Redmine 3.1
  • CentOS 7
  • MariaDB
  • Apache

Redmineのインストール手順

インストール直後の CentOS 7 に root でログインし以下の操作を行ってください。

Ansibleとgitのインストール

yum install -y epel-release
yum install -y ansible git

playbookのダウンロード

git clone https://github.com/farend/redmine-centos7-mariadb-ansible.git

MariaDBに設定するパスワードの変更

ファイル group_vars/redmine-servers をエディタで開き、 db_passwd_rootdb_passwd_redmine を適当な内容に変更してください。これらはそれぞれ、MariaDBの root ユーザーとRedmine用のユーザー db_redmine に設定されるパスワードです。

playbook実行

下記コマンドを実行してください。Redmineの自動インストールが開始されます。

cd redmine-centos7-mariadb-ansible
ansible-playbook -i hosts site.yml

10分前後でインストールが完了します。webブラウザで http://サーバIPアドレス にアクセスしてください。Redmineの画面が表示されるはずです。

ライセンス

MIT License

作者

ファーエンドテクノロジー株式会社