iOSアプリのアプリ内課金クラスです
Objective-C
Latest commit 1295413 Jun 28, 2015 @masakihirokawa Edit ReadMe
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore Add classes Jun 28, 2015
DCInAppPurchase.h Modify classes Jun 28, 2015
DCInAppPurchase.m Modify classes Jun 28, 2015
README.md Edit ReadMe Jun 28, 2015

README.md

DCInAppPurchase

iOSでアプリ内課金をする「DCInAppPurchase」クラスです。

購入対象のプロダクトIDと、呼び出し元のビューを渡して購入/リストア処理を行います。

このクラスの使用には、StoreKit フレームワークが必要になります。

導入手順

1. グローバル定義

プロジェクトの *.pch ファイルでクラスのインスタンスを定義し、どこからでも呼び出せるようグローバル化します。

*.pch

#import "DCInAppPurchase.h"

DCInAppPurchase *inAppPurchase;

2. 初期化

AppDelegate.m でアプリ起動時に初期化します。

AppDelegate.m

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{
    inAppPurchase = [[DCInAppPurchase alloc] init];
}

3. アイテム付与部分の実装

DCInAppPurchase.m の 137〜142行目にある provideContent 内に購入完了時の処理を記述します。

DCInAppPurchase.m

- (void)provideContent:(NSString *)productIdentifier
{
    // TODO: ここでアイテム付与を行う

}

使用方法

アイテムの購入

アイテムのプロダクトIDを渡してアイテムの購入処理を開始します。

[inAppPurchase startPurchase:@"Product ID" view:self.view];

アイテムのリストア

アイテムのプロダクトIDを渡してアイテムのリストア処理を開始します。

[inAppPurchase restorePurchase:@"Product ID" view:self.view];