Skip to content
ファイルが更新されたら自動でリモートサーバーにアップします。
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
bin
lib
spec
.gitignore
Gemfile
LICENSE.txt
README.md
Rakefile
autosftp.gemspec

README.md

Autosftp

ローカルファイルを監視し、自動でファイルをアップします。
mac windows linuxで一応動作します。 windowsはruby 2.0系だと動作しない可能性がありますので気をつけて下さい。

Installation

Add this line to your application's Gemfile:

gem 'autosftp'

And then execute:

$ bundle

Or install it yourself as:

$ gem install autosftp

Usage

設定ファイルを準備します。プロジェクトの直下で作成したほうが良いです。
yaml形式で.autosftpというファイルが作成されます。

$ autosftp init

設定ファイルに接続先の情報を追加します。[remote name]は自由な名称をつけて下さい。
直接.autosftpファイルを修正しても問題ありません。

$ autosftp set [remote name]

自動監視をスタートします。

$ autosftp start [remote name]

後ろにディレクトリを渡すことで、監視するディレクトリ先を選択することが出来ます。 setしたローカルディレクトリ移行のパスを指定して下さい。

$ autosftp start [remote name] /app/
# いくつでも渡すことが出来ます。
$ autosftp start [remote name] /app/ /vender/

設定したsftpの情報を確認します。

$ autosftp list

設定したsftpを削除します。

$ autosftp delete [remote name]

設定のサンプル

プロジェクトのディレクトリに移動します。 (プロジェクトが/User/username/projectと仮定する。)

$ cd /User/username/project

autosftpの設定ファイルを作成します。

$ autosftp init

SFTPの設定を行います。 ここで重要なのが、ローカルのパスとリモートのパスを合わせる必要があります。 [remote name]は自由な名称をつけて下さい。

$ autosftp set [remote name]

一度設定ファイル(.autosftp)を確認したほうが良いです。 中身が以下のようになっていたら設定完了です。 remote_pathlocal_path のパスは合わせて下さい。

---
: [remote name]
  :user: username
  :host: test.com
  :port: 22
  :password: password
  :remote_path: /var/www/html/
  :local_path: /User/username/project/

監視をスタートします。

$ autosftp start [remote name]

これからの予定

  • 鍵認証出来るようにする。

連絡先

https://twitter.com/pikonori

You can’t perform that action at this time.