Skip to content
CSS組版やっていき!
Branch: master
Clone or download
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.circleci ほいちゃ Apr 14, 2018
articles CSS版印刷データも一旦この状態で出力 Apr 19, 2018
prh-rules @ 38e5b54 1st commit Apr 14, 2018
scripts
.gitignore
.gitmodules
Gemfile 1st commit Apr 14, 2018
Gruntfile.js 1st commit Apr 14, 2018
LICENSE.txt README.md書いた Apr 19, 2018
README.md README最後の整備 Apr 24, 2018
build-in-docker.sh 1st commit Apr 14, 2018
package-lock.json
package.json README最後の整備 Apr 24, 2018
redpen-conf-ja.xml 1st commit Apr 14, 2018
setup.sh 1st commit Apr 14, 2018

README.md

Re:VIEW+CSS組版やっていき CircleCI

このリポジトリは技術書典4にてひかる黄金わかめ帝国が頒布した『Re:VIEW+CSS組版やっていき』の全てです。 Re:VIEWVivliostyleを使って、同人誌をこしらえます。

この本のビルドの仕方

LaTeX版

Dockerのセットアップが必要です。

$ ./build-in-docker.sh
$ open ./articles/review-css-typesetting.pdf

CSS版

頒布時は Vivliostyle 2017.6 + Google Chrome Version 65.0.3325.181 を利用しました。

https://vivliostyle.org/download/ からVivliostyle.jsをダウンロード。

# Vivliostyleを解凍したディレクトリで
$ ./start-webserver
# このリポジトリのディレクトリで
$ ./setup.sh
$ npm run css
$ npm run serve
$ open http://127.0.0.1:8000/viewer/vivliostyle-viewer.html#x=http://127.0.0.1:8989/book.html

あとはChromeの印刷機能で出力します。 MarginsはNone、Background graphicsのチェックはONでPDFとして保存します。

ライセンス

本リポジトリは画像以外はMITライセンス、画像はライセンスなしとします。 画像を別用途に勝手に使ったりしなければ、forkなどについては難しく考えなくて大丈夫です。

このリポジトリの目標

  1. LaTeX版の出力に近づける
  2. LaTeX版同様のワークフローを実現する
  3. CSS組版のナレッジを集積する

コントリビュートについて

上記目標に沿う内容であれば随時受け付けています。 また、Issue化されていなくても書籍中で言及されている課題についての改善は大歓迎です。 リポジトリ内をTODOで検索して、これを消化してくれるのも助かります。

You can’t perform that action at this time.