Skip to content
master
Go to file
Code

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
web
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

EMLauncher

Setup

EC2のAmazonLinux2でEMLauncherを動かす手順です。

1. Launch EC2 instance

インスタンスを立ち上げたらセキュリティグループの設定でHTTP(80)を許可しておきます。

t1.microの場合はメモリが足りなくなることがあるので、swapファイルを用意します。

sudo dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=1024
sudo mkswap /swapfile
sudo swapon /swapfile
sudo sh -c "echo '/swapfile swap swap defaults 0 0' >> /etc/fstab"

2. Install required packages

sudo amazon-linux-extras install lamp-mariadb10.2-php7.2
sudo amazon-linux-extras install memcached1.5
sudo yum install mariadb-server httpd php-gd php-mbstring php-xml php-pecl-imagick php-pecl-memcached php-pecl-zip git
curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
sudo cp composer.phar /usr/local/bin/composer

3. Deploy codes

git clone https://github.com/KLab/emlauncher.git
cd emlauncher
git submodule init
git submodule update
composer install

Apacheがファイルにアクセスできるようにパーミッションを調整してください。

4. Apache setup

/etc/httpd/conf/httpd.confを編集します。

DocumentRoot "/path/to/emlauncher/web"
SetEnv MFW_ENV 'ec2'
<Directory "/path/to/emlauncher/web">
  AllowOverride All
  ...略...
</Directory>
sudo systemctl start httpd
sudo systemctl enable httpd

5. Database setup

sudo systemctl start mariadb
sudo systemctl enable mariadb

DBのユーザ名、パスワードを書いたファイルを作成します。

例:

echo 'emlauncher:password' > $HOME/dbauth

data/sql/database.sqlのパスワードを合わせて修正し、MySQLに流します。

mysql -uroot < /path/to/emlauncher/data/sql/database.sql
mysql -uroot emlauncher < /path/to/emlauncher/data/sql/tables.sql

6. Memcache setup

sudo systemctl start memcached
sudo systemctl enable memcached

7. Setup bundletool for Android App Bundle

sudo yum install java-1.8.0-openjdk-headless
curl -sLO https://github.com/google/bundletool/releases/download/0.10.0/bundletool-all-0.10.0.jar

APKを再署名するためのキーストアも用意します。 ここで設定するパスワード、キーストアファイル名、エイリアス名はこの後設定ファイルemlauncher_config.phpに記載します。

keytool -genkey -keystore {emlauncher-keystore.jks} -keyalg RSA -keysize 2048 -validity 10000 -alias {key-alias}

8. Configuration

mfw_serverevn_config.php

config/mfw_serverenv_config_sample.phpをコピーし、$serverenv_config['ec2']['database']['authfile']を 5で作成したdbauthファイルのパスに書き換えます。

emlauncher_config.php

config/emlauncher_config_sample.phpをコピーし、自身の環境に合わせて書き換えます。

S3のbucket名に指定するbucketは予め作成しておきます。

9. Complete

ブラウザでインスタンスにHTTPでアクセスします。 EMLauncherのログインページが表示されたら完了です。

About

No description, website, or topics provided.

Resources

License

Releases

No releases published

Packages

No packages published

Languages

You can’t perform that action at this time.