East Asian Ambiguous Width問題と絵文字の横幅問題の修正ロケール
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Latest commit 4065494 Sep 7, 2018

README.md

East Asian Ambiguous Widthと絵文字の為の修正ロケール

East Asian Ambiguous Width 問題とは

East Asian Ambiguous 文字とは、Unicodeで文字幅が曖昧と定義されている文字のことで、例えば、○(U+25CB)や×(U+00D7)や△(U+25B3)などの文字です。

East Asian Ambiguous 文字の一覧はこちら

East Asian Ambiguous Width 問題とは、これらの文字をコンソールで表示する際に、libcのwcwidth(3)、ターミナル、エディタなどがそれぞれ異なる文字幅(半角、全角)で文字を扱うため、表示が壊れてしまう問題です。

テキストエディタの場合カーソルの内部状態と表示位置がズレたりします。

この問題のてっとり早い解決方法のひとつは曖昧な文字の文字幅を全角で統一する事です。

対応方法はアプリケーションによって様々ですが、xterm, mlterm, vimなどを使っている人は簡単に文字幅を変更することができます。

しかし、rxvt-unicodeやemacsを使っている人は残念でした、これらのアプリケーションは曖昧な文字幅を統一するオプションが用意されていません。

このレポジトリでは文字幅を修正したlibcのロケールとrxvt-unicodeやemacsのようなアプリケーションで曖昧な文字幅問題を解決するファイルをメンテしています。

絵文字について

絵文字はNeutralと定義されつつも、多くのフォントでは全角で描かれているという問題があります。 たとえば以下の範囲の文字。 この問題に対処するため、以下の範囲の文字を全角にするという対応を行いました。

  • U+2600 - U+26FF (☀☁☂☃)
  • U+1F000 - U+1FFFF (🀀🌶🐿🕿)

この範囲以外の絵文字についてはよく分からないのでそのままにしてあります。

libcのロケールの曖昧な文字幅を全角にする

こちらで配布されている UTF-8-EAW-FULLWIDTH.gz がちょっと古くなっていたので同じ方法で生成してメンテ出来るようにしました。

  1. UTF-8-EAW-FULLWIDTH.gz を /usr/share/i18n/charmaps/ に配置

  2. /etc/locale.gen を以下のように変更

#ja_JP.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8-EAW-FULLWIDTH
  1. locale-gen を実行

rxvt-unicodeで曖昧な文字幅を全角にする

libcのロケールを修正する事で、曖昧な文字幅を統一できます。

emacsで曖昧な文字幅を全角にする

emacs21 と emacs22 と emacs23以降で対応方法が異なります。 様々なemacsのバージョンで動作するelispを用意していますのでこれを使ってください。

  1. eaw.el を ~/.emacs.d/site-lisp/ に配置

  2. .emacs に以下を設定する

(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/site-lisp")
(require 'eaw)
(eaw-fullwidth)

vimで曖昧な文字幅を全角にする

.vimrc に、

if exists('&ambw')
    set ambw=double
endif

と設定する。

xtermで曖昧な文字幅を全角にする

.Xresources などに、

xterm*utf8: 1
xterm*locale: true
xterm*cjkWidth: true

と設定する。

mltermで曖昧な文字幅を全角にする

実行オプションに -a 2 を付けるか、 .mlterm/main に、

col_size_of_width_a = 2

と設定する。

絵文字も全角にするには

unicode_full_width_areas = U+2600-26FF,U+1F000-1FFFF

GNU screenで曖昧な文字幅を全角にする

~/.screenrc に

cjkwidth on

と設定する。

w3mで曖昧な文字幅を全角にする

~/.w3m/config に

east_asian_width 1

と設定する。

tmux 2.2以降

  • libcのロケールを修正 -> tmuxのウィンドウ内の表示はA=2に統一できます
  • ウィンドウ分割時の罫線は改修が必要です

tmux 2.7以降

libcのロケールをA=2に修正した上で、以下の修正が必要でした

diff --git a/tmux.c b/tmux.c
index 5b73079..0377ddd 100644
--- a/tmux.c
+++ b/tmux.c
@@ -202,6 +202,7 @@ main(int argc, char **argv)
                        errx(1, "need UTF-8 locale (LC_CTYPE) but have %s", s);
        }

+       setlocale(LC_CTYPE, "");
        setlocale(LC_TIME, "");
        tzset();

ターミナルがACSをサポートしている場合、罫線の描画にACSを使うよう設定します。

~/.tmux.conf:

set -ag terminal-overrides ',*:U8=0'