This plugin provides some functions of Hatena-Blog by using AtomPub API.
Vim script Ruby
Latest commit ef13208 Mar 1, 2014 @moznion Merge pull request #33 from termoshtt/autosave
Autosave
Permalink
Failed to load latest commit information.
autoload Merge pull request #33 from termoshtt/autosave Mar 1, 2014
plugin Merge pull request #33 from termoshtt/autosave Mar 1, 2014
test Update tests Feb 26, 2014
.gitignore
Changes
Gemfile
README.md Add a comment for metarw mode Feb 4, 2014
dot.hateblo.vim.sample Improve docs Nov 13, 2013

README.md

hateblo.vim

はてなブログAtomPub APIを用いて,エントリの投稿等の機能を提供するVimプラグインです

Getting started

  1. .hateblo.vim というファイルをホームディレクトリに設置してください

     $ touch ~/.hateblo.vim
    
  2. .hateblo.vim に以下のように設定を記述します (.hateblo.vim のサンプルは本リポジトリに含まれているので参考にして下さい)

let g:hateblo_vim = {
      \ 'user':         'user_name',
      \ 'api_key':      'api_key',
      \ 'api_endpoint': 'http://.../atom',
      \ 'WYSIWYG_mode': 0 | 1,
      \ 'always_yes':   0 | 1,
      \ 'edit_command': 'edit' | 'tabnew' | 'split' | 'vsplit' | etc...
\ }

以下は各項目の解説です

    user:         はてなのユーザID
    api_key:      はてなブログの設定画面で確認できるAPIキー
    api_endpoint: はてなブログの設定画面で確認できるルートエンドポイント
    WYSIWYG_mode: 見たままモードを利用している場合は1に.それ以外は0に (オプショナル, デフォルト値:0)
    always_yes:   確認プロンプトを出さずに常にyesにするときは1に (オプショナル,デフォルト値:0)
    edit_command: 記事を編集する際のファイルの開き方を指定 (オプショナル,デフォルト値:edit)
  1. 本モジュールの依存モジュールをインストールして下さい. もしもNeoBundleを利用しているなら, .vimrcに以下の記述を追加するとよいでしょう.

     NeoBundle 'mattn/webapi-vim'
     NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
    
  2. このモジュールをインストールしてください.もしもNeoBundleを利用しているなら,.vimrcに以下の記述を追加するとよいでしょう.

     NeoBundle 'moznion/hateblo.vim'
    

あるいは手順3と手順4を組み合わせて以下のように書いてもよいでしょう.

    NeoBundle 'moznion/hateblo.vim', {
            \ 'depends': ['mattn/webapi-vim', 'Shougo/unite.vim']
    \ }

Provided commands

  • :HatebloCreate

新しいブログエントリを投稿します. 1行目にTITLE:から始まる文を記述すると,その行はタイトルとして扱われます. もしも1行目でタイトルを指定しなかった場合は,インタラクティブにタイトルが要求されます.

また,タイトル入力後にカテゴリを入力を要求されます (もちろん入力しなくても大丈夫です.その場合はカテゴリは空として扱われます). カテゴリは半角カンマ (,) で区切ることにより複数個指定することが出来ます. 2行目にCATEGORY:から始まるを記述するとその行はカテゴリとして扱われます. 半角カンマで区切れる点も同様です.

  • :HatebloCreateDraft

新しいブログエントリを 「下書き」として 投稿します.
それ以外の機能は :HatebloCreate と同等の機能を提供しています. 本機能を利用する場合は 22261e094ad01faa433fe2c7219c6be14ce127cd 以降の (つまり新しい) webapi-vimがインストールされている必要があります。

  • :HatebloList

ブログエントリのリストを unite source 形式で表示します. エントリを選択すると,そのエントリを編集することができます.

  • :edit hateblo:

ブログエントリのリストをmetarw形式で表示します.(optional) 使用するにはvim-metarwが必要になります. エントリを選択すると,そのエントリを編集することができます. :HatebloListの場合と異なり,現在のディレクトリに記事のタイトルのファイルが生成されません. editsplit等のファイルを開くコマンドや:e等の省略形が使用できます.

  • :HatebloUpdate [new_entry_title]

現在のバッファのエントリを更新します. 引数のnew_entry_titleはオプショナルです.もしもタイトルを変更したい場合は指定してください. 引数が指定されなかった場合,タイトルは変更されません. TITLE:, CATEGORY:により指定はここでも有効です. 上述の方法で開いたバッファでしか実行できません.

  • :HatebloDelete

現在のバッファのエントリを削除します. 上述の方法で開いたバッファでしか実行できません.

Dependencies

License

MIT