Skip to content
🔍 Smart Qiita integration for Visual Studio Code
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.github
.vscode VSCode: 不要な設定項目を削除 Sep 15, 2018
resources
src
.codeclimate.yml
.editorconfig
.gitignore
.travis.yml Node.jsのバージョン指定を追加 Sep 19, 2018
.vscodeignore
CHANGELOG.md
LICENSE
README.md
package.json
package.nls.json
tsconfig.json
tslint.yml
yarn.lock

README.md

vscode-qiita

スクリーンショット

VSCode Qiita は Visual Studio Code で編集中の Markdownファイルを Qiita に簡単に投稿できる拡張機能です!

Build Status Maintainability Version Installs

インストール

Visual Studio Code上で Ctrl+P/⌘+P でコマンドパレットを開き、以下のコマンドを実行します。

ext install neetshin.vscode-qiita

Become a patron

フィードバック

開発にご協力いただきありがとうございます 🙏

  • バグの報告、及び新しい機能のリクエストはGitHub内の issueページ から行えます。
  • もちろん、issueを建てずにフォークして pull request を送っていただいても構いません!
  • Visual Studio Marketplaceから評価してフィードバックを送っていただくことも可能です。

使い方

Qiitaアカウントの連携方法

Qiitaのアプリケーションページを開き、新しいアクセストークンを発行します。

新しいアクセストークンを発行

アクセストークンを発行します。説明と応じてスコープを付与し発行してください。閲覧のみの場合は read_qiita を、編集も行う場合は read_qiitaとwrite_qiitaを選択します。

アクセストークンの発行

生成されたアクセストークンをコピーして保存してください。

アクセストークン

コピーしたアクセストークンをVSCodeの ユーザー設定 > Qiita からアクセストークンのテキストボックスに貼り付けてください。再起動が必要な場合があります。

ユーザー設定

投稿を公開

開いているテキストエディター上で右クリック > Qiitaで公開 から編集中のファイルをQiitaに公開することができます。公開範囲、タイトル、タグも表示されるダイアログから設定できます。

Qiitaで公開(コンテキスト)

また、Ctrl+Shift+P/⌘+Shift+Pから表示できるコマンドパレットからも公開することができます。この場合は、現在アクティブなファイルが公開されます。

Qiitaで公開(コマンドパレット)

投稿の編集

既存の投稿は右側に表示されるアクティビティバーからQiitaのロゴをクリックした際に表示されるエクスプローラーから編集できます。

既存の投稿

公開範囲やタイトル、タグなどは右クリックメニューから変更可能です。

既存の投稿(コンテキスト)

拡張機能の設定

ユーザー設定は Ctrl+, / ⌘+, からGUIで変更できますが、必要に応じて settings.json 内の以下のキーを直接編集して設定を変更できます

qiita.token

string: Qiita APIのアクセストークンを設定します。

qiita.tweetOnCreateItem

boolean: 投稿を公開した際にTwitterで共有するかどうかを指定できます。(Twitter連携ログイン済みの場合のみ)

開発

yarn --pure-lockfile
yarn run compile
yarn run test

メンテナー


Neetshin

ライセンス

MIT

You can’t perform that action at this time.