Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
src
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SeedsonTable

Dependency Status devDependency Status

handsontableを利用してseedデータを入力できる表計算?ソフト

スクリーンショット

Install

Releasesから該当する環境のZIPを落として解凍し、好きな場所に置く。

.stldファイルを関連付けておくと便利。

Usage

Bookの作成

まずBookを作ります。

Bookは下記のような構成をしたファイル群です。Gitフレンドリなようにそれぞれファイルが分かれています。

/- book.stld (Windows関連付け用の空ファイル)
|- book/- sheets.yml (シート並び順指定ファイル)
       |- sheets/- sheet1.schema.js    (sheet1シートのスキーマ)
                |- sheet1.data.yml     (sheet1シートのデータ)
                |- sheet1.comments.yml (sheet1シートのコメント)
                |- sheet2.schema.js
                |...

上記のうちデータ、コメントファイル以外のものを最初に用意してやります。

  1. book_name.stldという空ファイルをつくり、book_nameディレクトリを作ります。
  2. sheetsフォルダを作り、sheet1_name.schema.jsを作ります。
  3. 必要ならさらにシートのスキーマを足して、オプションでsheets.ymlを書きます。

sheet_name.schema.js

以下のようなものです。

module.exports = {
  columns: [
    {data: 'id', dataLabel: 'ID', type :'numeric', placeholder: '0'},
    {data: 'name', dataLabel: '名前', version: '4.1.0'},
    {data: 'start_at', type: 'date', dateFormat: 'YYYY-MM-DD HH:mm:ss', correctFormat: true},
    {data: 'end_at', type: 'date', dateFormat: 'YYYY-MM-DD HH:mm:ss', correctFormat: true},
    {data: 'type', type: 'dropdown', source: ['yes', 'no']},
    {data: 'publish', type: 'checkbox'},
  ],
};

dataがカラム名、dataLabelがカラム表示名です。versionは省略可能で、そのカラムが追加されるseedのバージョンです。

dataLabelとversionは独自のプロパティですが、その他のオプションはhandsontableのhelpをご覧ください。

編集

ブックを作り終わったらSeedsonTableを開いてbook_name.stldを開いてください。 編集ができます。

Build

npm i
bower i
gulp
electron web

License

This is released under MIT License.