shogi engine(AI player), stronger than Bonanza6 , educational and tiny code(about 2500 lines) , USI compliant engine , capable of being compiled by VC++2017
C++ Other
Clone or download

README.md

About this project

YaneuraOu mini is a shogi engine(AI player), stronger than Bonanza6 , educational and tiny code(about 2500 lines) , USI compliant engine , capable of being compiled by VC++2017

やねうら王miniは、将棋の思考エンジンで、Bonanza6より強く、教育的で短いコード(2500行程度)で書かれたUSIプロトコル準拠の思考エンジンで、VC++2017でコンパイル可能です。

やねうら王mini 公式サイト (解説記事、開発者向け情報等)

やねうら王公式

お知らせ

  • 2018/4/28 23:00 WCSC28に向けて探索部のアップデート作業中です。
  • 2018/4/30 06:00 探索部のアップデート完了。やねうら王2018 OTAFUKU V4.82。実行ファイルを公開しました。
  • 2018/5/ 3 12:00 置換表サイズの2^N制限を撤廃する改良をしましたが、まだテストあまりしていないのでWCSC28参加者はマージしないことを強く推奨。

やねうら王エンジンの大会での戦績

  • 2017年 世界コンピュータ将棋選手権(WCSC27) 『elmo』優勝
  • 2017年 第5回将棋電王トーナメント(SDT5) 『平成将棋合戦ぽんぽこ』優勝

現在進行中のサブプロジェクト

やねうら王2018 OTAFUKU (やねうら王2018 with お多福ラボ)

今年は一年、これでいきます。

やねうら王詰め将棋solver

《tanuki-さんが開発中》

長手数の詰将棋が解けるsolverです。

過去のサブプロジェクト

過去のサブプロジェクトである、やねうら王nano , mini , classic、王手将棋、取る一手将棋、協力詰めsolver、連続自己対戦フレームワークなどはこちらからどうぞ。

やねうら王評価関数ファイル

  • やねうら王2017Early用 - Apery(WCSC26)、Apery(SDT4)=「浮かむ瀬」の評価関数バイナリがそのまま使えます。
  • やねうら王2017 KPP_KKPT型評価関数 - 以下のKPP_KKPT型ビルド用評価関数のところにあるものが使えます。
  • やねうら王2018 Otafuku用 KPPT型 → やねうら王2017Early(KPPT)と同様
  • やねうら王2018 Otafuku用 KPP_KKPT型 → やねうら王2017Early(KPP_KKPT)と同様

「Re : ゼロから始める評価関数生活」プロジェクト(略して「リゼロ」)

ゼロベクトルの評価関数(≒駒得のみの評価関数)から、「elmo絞り」(elmo(WCSC27)の手法)を用いて強化学習しました。従来のソフトにはない、不思議な囲いと終盤力が特徴です。 やねうら王2017Earlyの評価関数ファイルと差し替えて使うことが出来ます。フォルダ名に書いてあるepochの数字が大きいものほど新しい世代(強い)です。

やねうら王 KPP_KKPT型ビルド用評価関数

やねうら王2017 KPP_KKPT型ビルドで使える評価関数です。

Shivoray(シボレー) 全自動雑巾絞り機

自分で自分好みの評価関数を作って遊んでみたいという人のために『Shivoray』(シボレー)という全自動雑巾絞り機を公開しました。

定跡集

やねうら王2017Earlyで使える、各種定跡集。 ダウンロードしたあと、zipファイルになっているのでそれを解凍して、やねうら王の実行ファイルを配置しているフォルダ配下のbookフォルダに放り込んでください。

世界コンピュータ将棋選手権および2017年に開催される第5回将棋電王トーナメントに参加される開発者の方へ

やねうら王をライブラリとして用いて参加される場合、このやねうら王のGitHub上にあるすべてのファイルおよび、このトップページから直リンしているファイルすべてが使えます。

ライセンス

やねうら王プロジェクトのソースコードはStockfishをそのまま用いている部分が多々あり、Apery/SilentMajorityを参考にしている部分もありますので、やねうら王プロジェクトは、それらのプロジェクトのライセンス(GPLv3)に従うものとします。

「リゼロ評価関数ファイル」については、やねうら王プロジェクトのオリジナルですが、一切の権利は主張しませんのでご自由にお使いください。